「ヒラマサジギング」最強青物攻略のポイントとタックルの選び方

ヒラマサジギングは引きの強さ、大型も狙える、そして簡単に釣れないからこその面白さで、外房・九州方面でとくに人気のジギングです。水中の根回りを狙うことが多く、強烈な引きをみせるヒラマサを釣り上げるには、タックル選びに妥協が許されません。そこでロッドやジグなどの選び方、ヒラマサを攻略するちょっとしたポイントを解説します。


アイキャッチ画像出典:宏昌丸

ヒラマサジギングについて

ジギングで釣れたヒラマサ
出典:MC works
ヒラマサジギングは“引きの強さ・ゲーム性の高さ”から、シーズンになると毎週通う人がいるほど、人気のゲームフィッシングです。

『平戸ジャーク』と呼ばれる、独自の釣り方が生まれた長崎・対馬などの九州方面、またルアーメーカー「JUMPRIZE」の井上氏が50キロオーバーを釣り上げた、千葉県外房方面を中心に楽しまれています。

ヒラマサジギングの魅力

ヒラマサとファイト
出典:宏昌丸
ヒラマサはスズキ目アジ科の魚で、アベレージサイズは3〜6キロクラス。大きいものは10キロ、20キロを超えてきます。

ブリと似たような見かけですが、その引きとなると数段強く、『青物御三家』と呼ばれるなかでもトップクラスの引きの強さを誇ります。食味というよりは、魚の引きを求めてヒラマサジギングに通っている方がほとんどです。

水深30〜80メートル、ときには15メートルほどの水深を狙うヒラマサジギング。潮・風を読み、水中でジグをイメージ通りに泳がせ、そしてヒラマサに食わすといった、“シンプルだけど奥の深い釣り”に魅了され、1年中ヒラマサだけを追い続ける釣り人もいます。

ヒラマサジギングのタックル

ヒラマサジギングタックル
出典:MC works
近年では、ジグをバンバンと激しく動かすジャークではなく、柔らかいロッドで自然に泳がし、ヒラマサに口を使わせる『ローレスポンススタイル』と呼ばれる釣り方が浸透しつつあります。

柔らかいロッドを使うため、ポンピングでなく、リールのドラグパワーを使ってやりとりを行うことも特徴です。ローレスポンスの流れを踏まえた、タックル選びのポイントをチェックしてみましょう。

ロッド

ジグをナチュナルに泳がすことができる、“しなやかなティップ”をもったロッドが、ジャークの際にも疲れにくく扱いやすいでしょう。ただし極端に柔らかいロッドを使用すると、魚がかかってからのやりとりが、初心者の方には困難に感じることも。

最初の一本は、ロッドを立てながらやりとりができる、バットパワーが強めのアイテムを選ぶのがおすすめです。
長さ6フィート前後
扱えるジグの重さ100〜200グラム
▼ロッド選びのワンポイント
初めてヒラマサジギングをやってみようと思われる方は、使用する範囲のジグより少し弱めのロッドを選ぶと、ジグが飛びにくく、柔らかいアクションを演出しやすくなるでしょう。

ローレスポンスのスタイルで狙う場合は、『MCワークス』や『メロン屋工房』などが販売する、専用シリーズの使用が理想的です。
ITEM
シマノ グラップラー S603
全長:1.83m
自重:160g
継数:1本
ルアー重量:60-160g
適合ライン(PE):Max 3号

ジギングに初挑戦!ということで購入しました。
ジグの重さは180グラムでも全く問題無く操作できました。
ターゲットはワラサでしたが、ブリ級でも大丈夫そうです。
価格も手頃ですし、初心者向けのロッドだと思います。
ワンピースロッドなので保管、移動にやや難ありですが、オススメの一本です。


ITEM
ダイワ キャタリナ J62MS
全長:1.88m
自重:200g
継数:1本
ルアー重量:70〜180g
適合ライン(PE):2.5〜4号

ITEM
MCワークス リアルフュージョン RF633LR
全長:6.3ft
継数:1本
ルアー重量:Max 250g(LR Jerking)
適合ライン(PE):2〜4号

ITEM
リップルフィッシャー SELFISH 614S Nano
全長:6.1ft
自重:180g
継数:1本
ルアー重量:130~170g
適合ライン(PE):3号



リール

ドラグ性能、剛性が高く、使用ラインが300メートルは巻けるものを選ぶとよいでしょう。最初の一台としては、キャスティングゲームにも汎用性のあるハイギアモデルがおすすめです。
リール番手ダイワ4500,シマノ8000番台クラス
ギア比ハイギアorローギア
(一巻きの量が多いハイギアor巻きの軽いローギア。お好みで)
PE糸巻き量使用ラインが300メートル程度まけるもの
ITEM
ダイワ BG 4500H
ギア比:5.7:1
自重:610g
最大ドラグ力:10kg         
巻取り長さ:109cm
PE糸巻量(号-m): 3-400/4-300 

5キロのヒラマサを釣りましたが全然余裕あるファイトできました。安いので不安だったのですが安心しました。


ITEM
シマノ バイオマスターSW 8000HG
ギア比:5.7:1
自重:555g
最大ドラグ力:13kg         
巻取り長さ:106cm
PE糸巻量(号-m): 3-410/4-300/5-250

青物ジギング用のスピニングを探して、13年版「バイオマスターSW8000HG」を買いました。ドラグ力も最大13キロ、実用9キロとなり、ワラサ、ヒラマサに十分な性能になりました。回転もスムースになりコスト以上の商品価値を感じます。ヒラマサを実釣しました、4.5キロのヒラマサで難無くスムーズに対応できました。HGなので竿を少し煽り気味にしながらの対応でしたが巻取りは安定していました。


ITEM
シマノ ツインパワーSW 8000HG
ギア比:5.6:1
自重:635g
最大ドラグ力:28kg         
巻取り長さ:107cm
PE糸巻量(号-m): 5-275/6-230/8-160

8000hgに14000スプールを付けて、ヒラマサ・キハダのキャスティングやジギングに使用してます。
ステラも使用してますが、見た目以外は違いはありません。
18000番以上を買うならステラしかありませんが、14000番以下ならツインパワーで十分です。


ITEM
ダイワ ソルティガ 4500H
ギア比:5.7:1
自重:610g
最大ドラグ力:15kg         
巻取り長さ:110cm
PE糸巻量(号-m): 3-400/4-300/5-240

ライン

10メートル刻みで色分けがしてあり、根ずれに強い『8本撚りPEライン』の3号〜4号を基準に選んでみてください。根ずれや高切れでラインが途中で切れてしまった時のリスクも含め、ラインは300メートル程度用意しておくと安心です。

ITEM
ヨツアミ G-soul スーパージグマン X8

色分けが鮮やかで、使いやすいです。釣り場は30~100mですが、150mや200m巻きでは、二回ほど高切れしたらもう使い物にならなくなるので300mを買います。乗合船を利用するので、オマツリ等のダメージで高切れの危険性が高いので300mはおすすめ(^^;


※写真は14lbの商品です。
ITEM
サンライン PEライン ソルティメイト ジガー ULT 8本組

ITEM
バリバス アバニ ジギング10x10 マックスパワー

良いラインとしかいいようがない。今迄いろいろと試しましたがこれが一番です。やっと落ち着きました。徐々に全リールこれに変えていこうと思ってます。


リーダー

根回りを中心に攻めますので、根ずれに強いフロロカーボンの40〜60ポンドがよいでしょう。リーダーの長さは2〜3ヒロ(3〜4.5メートル)程度を、FGノットやPRノットでPEラインと結束してください。

またジグとの接続には溶接リング&スプリットリング、もしくはベアリングスイベルで接続するとフック交換やジグの取り替えがスムーズです。

ITEM
ダイワ ディーフロン 船ハリス

ITEM
バリバス フロロカーボン

ITEM
アプロード SALT MAX SHOCK LEADER TYPE-F

※写真は50lbの商品です。

フック

ヒラマサの引きに負けない強さがあり、かつ、ジャークしているときにジグを抱かないサイズ(5/0-7/0程度)を選びましょう。食いが渋いときにはダブルアシストフックを使う場合もありますが、まずはシングルアシストフックで試してみましょう。

ITEM
がまかつ アシストフック 貫

ITEM
ヴァンフック スピアシングルアシスト



ヒラマサジギング向けのジグ

ヒラマサ用ジグ
画像製作:TSURI HACK編集部
各社から青物ジギング向けにセミロング・ロングタイプのジグが発売されています。潮の流れや場所に応じて100〜200グラム程度を使い分けましょう。

カラーはベイトを模したシルバーや、ブルー系を基本に、濁りに強いグリーンやブルーピンク系があれば安心です。



ITEM
パッションズ おにぎりジグ

ITEM
メロン屋工房 ウィークベイト

船の流し方と潮の関係

ヒラマサとファイト
出典:宏昌丸
ヒラマサのジギングは、船を風と潮にまかせて流していくドテラ流しが基本になります。その際、意識しておきたいのが潮の流れです。

迎え潮の場合

自分に向かってくる迎え潮では潮が船の下に流れていくため、ジグを真下に落とすと、どんどん逆側に流れていってしまい、ジャークがし辛くなってしまいます。迎え潮の場合には、潮上にキャストしてからアクションを開始することで、ストレスが軽減します。

払い潮の場合

迎え潮とは逆の払い潮の場合、潮の流れは自分から離れていくので、払い潮ではジグを遠くに飛ばさず軽く前方もしくは真下に落としてみましょう。ジグは自分から離れて流れていきます。

オマツリに注意!

どちらの流し方でも共通しますが、乗り合い船の場合お隣同士のタイミングを見計らい、ジグが絡まないように投入することがとても大事です。

流れやタイミングを読まずに、とりあえずジグをいれてしまうとオマツリ(※ラインが絡んでしまうこと)の原因となりますので気をつけましょう。

またオマツリしてしまった場合は、「すみません!!」の一言の挨拶で、お互い気持ち良く釣りが続けられます。

ヒラマサジギング攻略ポイント

ここでは、ヒラマサジギングに挑戦する際に抑えておきたい、いくつかのポイントをご紹介します。

ジギングの基本”ワンピッチジャーク”

ワンピッチジャーク
出典:MC works
外房などで浅い場所を攻めるときには、キャストしてから斜めに引いてくることもありますが、基本はリールひと巻きに対して、ロッドを一回ジャークするワンピッチジャークで狙っていくことが基本です。

ここでヒラマサジギングでのワンピッチジャークのポイントなのですが、力任せにジャークするのではなく、ロッドの曲がりを使い、一定のペースで優しくジャークしてあげると、ジグが飛びすぎることなく自然に泳がせることができます。

底取りに注意!

勝浦の海中
出典:PIXTA
ヒラマサは根の起伏が激しい場所を好みます。そんな場所を狙う時にジグの着底を見逃してしまうと、根がかりのリスクが高くなります。船長のアナウンスを聞き、軽くスプールにふれたまま、落ちていくラインの動きを見逃さないよう気をつけ底をとってください。

探見丸(釣り船に設置されている魚群探知機の映像を、受信してみれる小型魚群探知機)を持参しているベテランの方も多いですが、これは魚群を見るためではなく、海底の形状を常に見逃さないという理由があります。

待望のヒラマサがヒットしたら

ヒラマサとファイト
出典:山正丸
ヒラマサがついにヒットしたら、まずはリールをゴリ巻きし(ポンピングはあまりせずにリールのパワーのみで巻くこと)、根から離すことを心がけてください。油断をするとヒラマサは一気に走り、根に巻かれてしまい、最悪の場合ラインブレイクしてしまいます。

脇にはさんだまま、ある程度まで巻き続けたら、ロッドをたててポンピングを繰り返しましょう。リーダーまで魚との間合いを詰めたら、船長がアミでキャッチしてくれますので、タイミングを合わせて手早くネットインしましょう。

ヒラマサとブリ系の見分け方を知っておこう

ヒラマサの見分け方
画像製作:TSURI HACK編集部
ヒラマサを狙っていると、よく釣れるのがイナダやワラサなどです。ワラサも5〜6キロクラスになると引きも強いためヒラマサと間違える場合もありますが、釣り上げた後の見分け方のワンポイントとしては胸ビレが黄色い線にかかっているかどうかです。

胸ビレが、側線にそって走る黄色い線にのっていればヒラマサ。黄色い線の下にあれば、ワラサ・ブリと見分けることができます。ただし、黄色い線がはっきりしない場合や、ヒラマサとブリのハイブリット個体も存在しますので、口元の角張りや体高、顔の大きさなどで判断するのがよいでしょう。

▼詳しいブリとヒラマサの見分け方はこちら

狙って獲った一本の価値!

ネットインしたヒラマサ
出典:MC works
ヒラマサタックルの選び方や、船の流し方によるジギングのポイントをまとめてみました。ヒラマサはジギングだけでなく、キャスティングでの釣りも、ここ数年で人気が上昇しています。

ただ、どちらの釣りも簡単に釣ることは難しいのが事実。1日として、同じ状況がない海の様子を読むべく、ベテランが毎週通ってしまうのも共感できますね。

狙って釣れたヒラマサは、自分にとって最高の価値を持つ魚です。釣れるまでしゃくり続けて(※ジャークする)みてください。いつかヒラマサが微笑んでくれることでしょう!

ヒラマサとジグ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!