アナゴの仕掛けは簡単!仕掛けの種類と自作方法のまとめ|TSURI HACK[釣りハック]

アナゴの仕掛けは簡単!仕掛けの種類と自作方法のまとめ

アナゴは、シンプルな仕掛けで釣ることができる手軽なターゲットです。作りが簡単なため、自作することも可能。アナゴ釣りに使われている仕掛けの種類と、自作について紹介します。


アイキャッチ画像出典:フィッシング遊

アナゴの仕掛けについて

アナゴ釣りの仕掛けは専用の物が市販されていますが、その構造は非常にシンプル。初心者の方でも扱いやすい仕掛の一つです。また、アナゴは貪欲な食性を持ち、アナゴ専用の仕掛けはもちろん、根魚向けの仕掛けなどでも釣ることができ、釣りにおける仕掛けの自由度が非常に高い釣り対象魚です。

そのため、自作をしたシンプルな仕掛けや工夫を凝らした仕掛けで楽しむ方も多くいます。今回はアナゴの仕掛けの種類と、自作についてご紹介いたします。

アナゴの仕掛けの種類

 
アナゴ釣りの仕掛けは、大きく分けて船釣りで使うものと岸釣りで使うものの2つに大別できます。堤防、漁港などの岸から行うアナゴ釣りでは「ミャク釣り仕掛け/ぶっ込み釣り仕掛け」、「投げ釣り仕掛け」を使うのが定番となっています。

「ミャク釣り仕掛け/ぶっ込み釣り仕掛け」は足元周辺のアナゴを狙うのに適しており、「投げ釣り仕掛け」は遠いポイントを狙うことができます。以下では「ミャク釣り仕掛け/ぶっ込み釣り仕掛け」、「投げ釣り仕掛け」がどのような仕掛けであるかご紹介いたします。

ミャク釣り仕掛け・ぶっ込み仕掛け

ぶっこみ仕掛け
制作:TSURI HACK 編集部
基本的にはメインラインに錘とハリをつけただけの単純な構造の仕掛けです。磯竿やのべ竿を使い、ウキは使わず竿先の変化や手元に伝わる感触で魚を釣り上げます。タックル・仕掛けが非常にシンプルであるため、初心者の方に最適な釣り方と言えるでしょう。

足元周辺を手返し良く釣ることができる反面、遠くのポイントは攻めにくいといった短所もあります。

投げ釣り仕掛け

チョイ投げ仕掛けの画像
出典:ダイワ
天秤に付けた仕掛けを投げ竿などを用い遠投することで、広範囲を狙うことができる釣り方です。アナゴを狙う場合ではシーバスロッドなどでも十分。「ミャク釣り/ぶっ込み釣り」に比べ広範囲を狙うことができ、複数の竿を同時に出して釣りをすることができますが、手返しは悪く、また、遠投するためには若干の慣れが必要です。

アナゴの仕掛けの自作

自作のイメージ
出典:PIXTA
非常にシンプルなアナゴ釣りの仕掛けは簡単に自作することが可能です。基本的に必要になるものは「幹糸」、「錘(ナス型など)」、「ハリス」、「針」、「ゴム管」、「ビーズ」。その他「サルカン」「スナップ」などで連結部を作ります。

「夜光ビーズ」などを使って装飾しても面白いでしょう。針は「丸せいご」、「うなぎ」、「きつね」などシルエットの細長いもので1~13号前後を用意します、以下では、自作の一例として簡単な仕掛の作り方をご紹介いたします。

手順1

幹糸(フロロカーボン7号前後)を30~50cmほどの長さで用意し、一端にサルカンを結束します。サルカンと幹糸の結束はクリンチノットなどが良いでしょう。

手順2

サルカンが付いていない端から、ゴム管4cm程度、ビーズ、スナップ、ビーズを順に通していき、最後にサルカンを結束します。ゴム管は最初につけたサルカンにかぶせるようにし、固定しておきます。

手順3

スナップに「錘(ナス型など)」を付けます。錘は8から20号竿や釣り場の環境によって重さを変える事ができます。

手順4

針にハリス(フロロカーボン5号前後)を結束します。結束には内掛け結びが簡単でおすすめです。ハリス付きの針でも号数が合っていれば良いです。ハリスの長さは10~15cm程にし、チチワ(輪っか)を作っておきます。チチワを作るには8ノットがおすすめです。針は飲まれた際に交換するため多めに作っておくと良いでしょう。

手順5

ゴム管が被さっているサルカンにハリスのチチワを使って結束すれば仕掛けの完成です。
クリンチノットは糸と金具の結束で信頼性の高い結束方法です。クリンチノットのやり方についてはこちらをご覧ください。

    内掛け結びを覚えればいろんな仕掛けが作れるようになります。内掛け結びのやり方についてはこちらをご覧ください。

    仕掛けを自作するメリット

    アナゴは、釣りあげる際に仕掛けに絡まる事が多く、その際には仕掛けにアナゴの体表にあるヌルが付き、ほどくのも一苦労。仕掛けを切って解くことも多くなるため、多めに持っておきたいところです。仕掛けを自作できれば、一個当たりの単価も大幅に安くでき、釣れたときの満足感は非常に大きなものになるでしょう。

    おすすめのアナゴ仕掛け7選

    アナゴ釣りでは、専用のウナギ・アナゴ仕掛けや根魚向けの仕掛でも楽しむことができ、釣具メーカーからは、様々な製品がが発売されています。仕掛けの自作がむずかしい方はもちろん、自作をする方も既製品をいくつか持っておけば、現場で仕掛け不足を気にせず釣りをする事ができるでしょう。

    また、既製品は自作をする上での参考にもなると思います。以下では、アナゴ釣りにおすすめできる仕掛けをいくつかご紹介いたします。
    アナゴに違和感を与えず食い込ませるオモリ誘導式
    ITEM
    がまかつ ウナギ・アナゴ遊動仕掛

    立つ天秤により仕掛が漂いやすく自然な誘いが可能です
    ITEM
    ハヤブサ ライトショット かんたん投げ釣りセット 立つ天秤

    取り扱いやすい胴つき仕掛。他魚種にもマルチに使えます。
    ITEM
    ささめ針 メバル・カサゴ3セット D-305

    安定のササメさんです。
    ラインも結び目がしっかりしています。
    夜釣りにてガジラ、タケノコメバル、マアナゴ、セイゴが釣れました。
    どうつきは最低1セット持っておくといいと思います。


    長い夜光パイプと夜光フックでアピール力抜群です。
    ITEM
    ささめ針 E-232 ブッコミ夜光 ウナギ・アナゴ

    アシスト効果のある2段針でがっちりフッキングします。
    ITEM
    ささめ針 2段ぶっこみ仕掛 E-106

    流されにくい「おたふくオモリ」でしっかりポイントをキープします。
    ITEM
    KAWASEMI U-1 ウナギ・アナゴ仕掛
    画像は商品イメージです。在庫状況によってはメーカー取り寄せに時間がかかる場合、商品をご用意できない場合がございます。 予めご了承くださいますよう、お願いいたします。

    替え針4本付でコスパ抜群。すぐに釣りが始められます!
    ITEM
    まるふじ うなぎ・あなご仕掛 PU−01

     いろんな仕掛けでアナゴ釣りにチャレンジしよう!

    アナゴ
    美味しい魚でありながら、誰でも気軽にできるアナゴ釣り。シンプルな仕掛けと道具で釣れるため、夜釣りに不慣れな方でも安心して楽しめます。また、シンプルさゆえに、仕掛け自作をする場合には工夫の余地も沢山。

    自分流の仕掛けを探究するのも、釣りの楽しみ方の一つです。ウナギの減少が騒がれている昨今、自分で釣ったアナゴで土用の丑の日を楽しんでみたりするのはいかがでしょうか?

    アナゴ
    このまとめが気に入ったら
    「いいね!」をしよう
     

    LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

    おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
    LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!