穴釣りをマスターしよう!おすすめタックル10選と根掛り対策

2018/10/24 更新

海釣りで主に根魚(ロックフィッシュ)を釣る方法として知られる穴釣り。難しいテクニックも必要なく、手軽に釣れる事が魅力です。ポイントとコツさえ掴んでしまえば、年中楽しむことができます。今回は穴釣りの釣り方とタックル仕掛けをご紹介します。


アイキャッチ画像提供:釣具のポイント

穴釣りとは

エッグアーム
出典:JACKALL
穴釣りとはその名の通り、テトラポッドや石畳の隙間に仕掛けを落として魚を釣る方法。カサゴやメバルなどの、根魚が主なターゲットです。

穴釣りをする上での注意点

テトラの上は危険
出典:pixabay

テトラ(消波ブロック)の上は非常に滑りやすく、いつでも転倒や落水と隣り合わせの場所です。高さのあるテトラの隙間に落ちると自力で這い上がるのも、引き上げるのも困難です。またテトラは「波を消す」役割りの構造物ですので、「人が乗る事を前提として作られていません」。その為、テトラは崩れたり、壊れたりする危険があるという事を知りましょう。

獲りすぎ注意
カサゴの生態の画像

水産資源は有限です。魚を持ち帰れば魚が減るのは当然の事で、100人の釣り人が魚を10匹ずつ持ち帰れば、合計1000匹となり、それは「釣り」と言うよりも「漁」と呼べる規模にまで達します。現に、釣られすぎが原因でカサゴ等の定着性の魚が減少傾向にある釣り場が存在します。ルールとして定められている、いないに関わらず、食べる分だけを持ち帰り、小さい魚や抱卵している魚はリリースするという心がけが、未来のフィールドを守っていく方法の一つです。

穴釣りのシーズン

出典:PIXTA
テトラポットや岩の隙間には絶えず魚が居着くため、穴釣りをオールシーズン楽しめます。ほかの釣りが難しくなる、冬によく釣れことも魅力でしょう。

穴釣りの魅力

カサゴ 画像
出典:PIXTA
“ボウズ逃れ”ともいわれるほど、とにかくよく釣れます。また、カサゴやメバル、アイナメといった高級魚が釣れることも魅力でしょう。

狙える魚種

堤防 根魚 画像
出典:PIXTA
カサゴやメバル、アイナメ、ソイといった根魚がメインターゲット。場所によっては、50センチを超えるキジハタが釣れることも。

至近距離で魚がヒットするため、ダイレクトな引きを味わえます。

穴釣りの仕掛け

穴釣り仕掛けの画像
制作:TSURI HACK 編集部
穴釣りはテトラや石畳などの隙間に仕掛けを落とす釣法であり、ブラクリという専用の仕掛けを用います。ブラクリは穴に入るとコロコロと底まで転がっていってくれるため、スムーズにボトムを攻略できるのが特徴です。

またオモリの下にハリがついているため、胴付き仕掛けよりもさらにボトムを攻めやすくなっています。ただ根掛かりはとても多いので、仕掛けをロストすることが多い釣りです。予備のブラクリを多めに用意しておきましょう。

穴釣りにおすすめのタックル

タックル 穴釣り 赤
穴釣りには難しい仕掛けや、高価な道具は必要ありません。穴釣りに使う4つの道具を確認しましょう。


穴釣りにおすすめの竿

テトラ竿として販売されているものが、穴釣り用の竿です。全長が1.5メートルほどと短いことが特徴。短めのブラックバス用のロッドなども流用できます。
ITEM
プロトラスト ガンガンテトラ 110L
全長:1.1m
自重:64g
継数:2本
仕舞寸法:63.5cm

穴釣り用に購入したので、これぐらいが丁度良いのではないでしょうか。


ITEM
プロマリン 極光テトラ 110H
全長:1.1m
自重:80g
継数:2本
仕舞寸法:63cm
錘負荷:5-20号

ITEM
プロマリン PGテトラ大物EX 120M
全長:1.2m
自重:164g
継数:2本
仕舞寸法:69cm
錘負荷:5-30号

テトラで使うにはちょうど良い長さでガシやメバルの大物にも無理なくやり取りができて値段のわりには中々な竿だと思います。


穴釣りにおすすめのリール

小型のスピニングリールか両軸リールであれば、低価格のものでも十分に使えます。
ITEM
プロマリン トレンドスピン2 TRS10
ギア比:5.2:1
自重:250g
最大ドラグ力:5.0kg
ナイロン糸巻量(号-m):3.0-150/4.0-100

ITEM
ダイワ スーパーコロネット ST-10RL
ギア比:4.1:1
自重:102g
最大ドラグ力:3.0kg
ナイロン糸巻量(号-m):1.5-100/2.0-75

テトラの穴釣り用に購入。今までのリールはノーブランドのものでライントラブルがしょっちゅうでしたがスーパーコロネットは今のところ、トラブルなしです。


ITEM
シマノ クラブデミ 10RL
ギア比:4.3:1
自重:95g
ナイロン糸巻量(号-m):1.5-100、2-75、3-50
カラー:ブルー、ブラウン

穴釣りの仕掛け

穴釣りは、針とオモリとエサがあれば楽しめるシンプルな釣り。穴釣り専用のブラクリ仕掛けが販売されており、糸を1回結ぶだけですぐに釣りが始められます。
ITEM
ささめ針 ブラクリ

ブラクリ、穴釣りには必須ですね。オモリ6号を買いましたが少し荒れていても安定して落ちて行きます。針もしっかりしているので十分かと思います。


ITEM
オーナー テトラ玉

ITEM
タカミヤ スリムブラクリ


▼ブラクリを特集した記事です

穴釣りに使うライン

とくにラインにこだわる必要はありませんが、摩擦に弱いPEラインは避けた方が無難でしょう。扱いやすいナイロンラインの3号程度が最適です。
ITEM
サンライン クインスター 600m 3号


穴釣りの基本How to

カサゴ 穴釣り ベイト 画像
穴釣りは、釣り未経験者でも楽しめる非常に簡単な釣りです。しかし、意外と奥が深い一面も。穴釣りの基本をチェックしておきましょう!

穴釣りのポイント

テトラ きれい 海 画像
出典:PIXTA
穴釣りの代表的なスポットが、テトラポットや石積。テトラポットや石積の穴さえあれば、どこにでも魚が潜んでいる可能性があります。

穴釣りの釣り方

穴釣り 画像
出典:PIXTA
“穴に仕掛けを入れる→着底→少しだけ巻き上げる→5秒待つ→アタリがなければ次の穴へ移動”というのが、穴釣りの一連の流れ。

釣れる穴を探すことが大切なため、一か所の穴で粘らずに、次々と違う穴に仕掛けを入れるのがポイントです。

穴釣りで使う餌

イソメ 画像
出典:PIXTA
アオイソメやゴカイ、オキアミ、魚の切り身、ササミ、などさまざまなエサが有効。関西地方ではポピュラーな、生きたシラサエビはとくに効果的です。

▼穴釣りの餌を特集した記事です


穴釣りの根掛かり対策

岩礁 水中 画像
テトラポットや積み石の隙間に仕掛けを投入するため、穴釣りには根掛かりがつきもの。根掛かりを回避するための工夫やテクニックを覚えておきましょう。

着底させる前に誘ってみる

根掛かりの大半は、底にある岩に仕掛けが挟まることが原因です。根掛かりが多い際は、底をとらずに中層で誘いをかけてみましょう。

着底したまま放っておくと、仕掛けが流されて引っかかってしまうため、着底後は素早く巻き上げて、底から仕掛けを浮かすことがおすすめです。

穂先の硬い竿を使おう

あまりにも柔らかい竿を使うと、掛かった魚が泳いで、穴に逃げ込まれてしまいます。固めに設計されている穴釣り用の竿を使うことで、魚を確実に取り込めるでしょう。

ブラクリで根掛かり対策

ブラクリ仕掛けは穴釣り専用に設計されているため、根掛かりが少ないことが特徴。始めのうちは仕掛けを自作するよりも、市販のブラクリ仕掛けを使うことがおすすめです。

穴釣りを試してみよう!

ブラクリ ベラ 画像
穴釣りは障害物に身を隠す魚の習性を利用した釣り方です。難しいテクニックは一切不要なので、釣りビギナーにもおすすめです。ぜひ、穴釣りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

▼関連記事



穴釣り
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!