真冬の癒しは足元に♪ 手軽なライトタックルでのカサゴ釣りが面白い!

2022/02/09 更新

年中楽しめるターゲットのカサゴ。ロックフィッシュ=強いタックルや足場が悪い場所というイメージはありませんか?実は、お手持ちのタックルで手軽に狙うことができます。足場が良いポイントも多いので、お子様や女性の方でも気軽に楽しむことができます。今回はライトタックルで狙うカサゴについてご紹介致します!

制作者

arico

オカッパリでのルアーフィッシングをメインに、日本全国で釣りを楽しんでいます。SMITHフィールドスタッフ、Hapysonフィールドテスター、サンラインフィッシングガール、Foxfireのサポートを受け活動中。

aricoのプロフィール

...続きを読む


出典表記のない写真撮影:arico
文:arico

ライトタックルで狙うカサゴが面白い!

カサゴ釣り
冬真っ只中。狙える魚も絞られてきて、冬の釣りは難しいと言われがちです。

その中でも、安定して釣ることができ、釣り人の癒しとなってくれるロックフィッシュがいるのはご存知ですか?

それはズバリ、カサゴ。スーパーでもよく見るポピュラーなお魚です。

arico
カサゴは車を横付けできるようなエリアで、さらにお手持ちのタックルで気軽に狙うことができるんです。

準備するタックル

まずは、おすすめのタックルを説明します。

ロッド

ITEM
スミス ダークシャドゥ TZ DSTZ-73
長さ:7.3ft
適合ルアー:1〜7g
ライン:0.1〜0.4PE
自重:81g
仕舞:114.5cm(2ピース)


普段アジングやメバリングで使用しているような、ライトタックル用のもので狙えます。

お持ちでいない方は、エリアトラウト用のロッドでも代用可能。

足元を狙う際は、短めの方がやりやすいと思います。

リール

ITEM
シマノ 17 ソアレCI4+ 2000SHG
自重:160g
ギア比:4.3
最大ドラグ力:3kg
フロロ糸巻量:2lb-170m
PE糸巻量:0.6号-140m
巻き取り長さ:57cm
ベアリング数:9/1


リールは2000番前後がオススメです。

軽い方が疲れにくく、お子様や女性の方でも扱いやすいです。

ライン

ITEM
サンライン ソルティメイト スモールゲームFC II 3LB


PEでも構いませんが、岩の隙間を狙う釣りは根掛かりも多め。

リーダーの結び直しのことを考えるとフロロラインの方が楽だと思います。

その場合、3〜4lbがおすすめ。

ルアー



ジグヘッドは1~3g前後。

あまり重すぎると根掛かりしてしまうので、軽めのジグヘッドがオススメです。



ワームは、いつも1.2~1.5inを使用しています。

ボトムを狙う場合、どうしても根掛かりも多くなってしまうので、多めに用意しておいた方が良いです。

シーズン&時間帯

年中狙える


カサゴの魅力は、年中狙える魚だということ。

釣り物が少なくなる冬でも比較的安定して釣れます。

arico
アグレッシブにアタックしてくるカサゴを見ると、寒さも吹き飛ぶくらい夢中になっちゃいます。

日中も

日中のカサゴ釣り
カサゴは、夜になると行動範囲を広げますが、日中でも狙うことができます。

日中は、ボトムやストラクチャーにタイトについていることが多いです。

arico
他の釣り物の時合いの合間などに、手軽にサクっと楽しめちゃいますよ!


 




魚がいるポイント

①ストラクチャー(岩など)があるところ

カサゴ釣りのポイントである岩穴
海底の岩穴や岩礁帯のへこみ、テトラなどに張り付いています。

カサゴは根魚なので、ボトムにいることが多いです。

arico
障害物がたくさんあるポイントはカサゴが釣れるチャンス!

②堤防の際(足元)←おすすめ!!

カサゴ釣りのポイントである堤防の際
足元の際に牡蠣殻が付いていたら高確率!

意外と見落としがちですが、わたし的にオススメの好ポイント。

際に落としてアクションさせるとすごい勢いて飛び出してきます。

際を狙う場合はボトムではなく、表層・中層の牡蠣殻の隙間にカサゴが潜んでいることが多いです。

レンジを変えたとたんに連発!なんて言うことも多々ありますのでいろいろ探ってみてください。

arico
堤防で釣れるので普通の服装で釣りできるのが嬉しいですね。

釣り方 〜ストラクチャーがある場所〜

カサゴの釣り方
軽いジグヘッドを使って釣りするので、風が弱い日や潮の流れが緩やかな時の方がやりやすいです。

まずはボトムまでゆっくりと落とします。そしてその場でゆっくりシェイク。

ズル引きしちゃうと根掛かりするので、チョンチョンと跳ね上げるイメージで探っていきます。

arico
グッ〜と持っていくようなアタリがあれば、すぐに合わせて巻きます。

ヒットした時の注意点


ボトム付近を狙ってバイトがあると、そのまま岩の隙間に入って行こうとするので、一気に竿を立ててストラクチャーから引き剥がしてください。

arico
ドラグは少しきつめにして走られないように!

釣り方 〜堤防の際〜


こちらはとても簡単。足元にワームを落とすだけ! です。

フォール中に飛び出してくるので、サイトフィッシングとしても楽しめます。

表層・中層に見える牡蠣殻をできるだけタイトに狙ってみてください。

軽いジグヘッドというのがポイントで、経験上ふわ〜っと落ちていくジグヘッドの方が好確率で食ってきます。

arico
食ってきたら、すぐ牡蠣殻に戻ろうとするので即アワセが鉄則!

ヒットした時の注意点


油断していると牡蠣殻で一瞬で切られるので、ロッドを前に出し岸際から引き剥がしましょう。

竿を立てるのはNG。牡蠣殻に擦れてラインブレイクします。

際を狙う場合はおもにサイトフィッシングになりますが、見ているとすごい勢いで飛び出してきてワームを咥えた瞬間すごい速さで戻っていくのがわかります。

arico
見ていてとても面白いですが、気を抜くと牡蠣殻に入られて巻かれますので気をつけましょう。

年中手軽に楽しめるターゲット


一般的に真冬は釣りのオフシーズンですが、釣れる魚はいます。

この釣りは手軽にできますが、釣り上げるまで気を抜けなくてとても面白くエキサイティング!

時にはカサゴだけじゃなく、オオモンハタやキジハタなどレアな魚が釣れちゃうことも!

arico
ぜひぜひ皆様も楽しんでみてくださいね。

編集部よりお願い

カサゴは定着性かつ、成長が遅い魚です。

必要以上にキープするのは避け、小さい魚や抱卵している魚はできる限りリリース頂けると嬉しいです。

関連記事



 

紹介されたアイテム

スミス ダークシャドゥ TZ DSTZ-…
シマノ 17 ソアレCI4+ 2000S…
サンライン ソルティメイト スモールゲー…
スミス ジグヘッド タケちゃん
スミス スクリューテールグラブ
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD