【バチ抜けのド定番】マニックをインプレ!タイトロールと引き波が釣れる理由です

2021/05/14 更新

バチ抜けパターンの代名詞的存在であるDUOのマニック。もはや「持っていない人の方が少数派」とも言えるド定番シーバスルアー。そんなマニックを詳しくインプレします!

アイキャッチ画像提供:tsuki

バチ抜けの超定番ルアーといえば……

マニックの画像
マニックはデュオから発売されているシーバス用ルアーで、とくにバチ抜けパターンに効くことで知られ、バチ用ルアーの代名詞的な存在ともいえます。

筆者もバチ抜けパターンのシーバス狙いには必ず持っていくほど信頼しているルアーです。

本記事では、元釣具屋の筆者が使い込んだマニックをインプレします!

マニックの特徴

マニックの画像
ここではマニックの特徴を紹介します。

ぱっと見はただのシンキングペンシルですが、普通のシンペンとは異なったコンセプトのルアーです。

表層狙いに特化

マニックの画像
カテゴリーはシンキングペンシルですが、水面から水面直下を狙うのに特化して設計されていることが特徴。

ボディ形状と比重、浮力、重心が最適にセットアップされ、独自のタイトロールアクション「マニックムーヴ」を発生します。

豊富なラインナップ

品名サイズ自重フックサイズフックアイ
ベイルーフマニック7575mm7.6g#10#2
ベイルーフマニック9595mm8g#10#1.5
ベイルーフマニック115115mm16g#8#2
ベイルーフマニック135135mm21gフロント#8/リア#6#3
ベイルーフマニック155155mm27.5g#6
サイズ展開が幅広く、エリアのベイトサイズにマッチしたものが選べます。

また、ベイトフィッシュライクなカラーからバチ系カラーまで、カラーラインナップも豊富です。

アクション

マニックの画像
マニック最大の特徴がアクション。ただ巻きで前述のマニックムーヴを演出します。

マニックムーヴはボディを小刻みに震わせながらロールするアクションで、かなり繊細な動きです。

ロッドを立てて表層をリトリーブするとV字状の引き波を発生し、バチが泳いでいるような波紋を演出。

また、トゥイッチやジャークではイレギュラーなアクションを発生させます。

マニックの良いところ

マニックの画像
マニックを長年使い込んだ筆者が思う、マニックの良いところを紹介します!

抜群の飛距離

マニックの画像
マニックは他のシンキングペンシルを置き去りにするくらい飛ぶルアーです。

ボディの空気抵抗が小さいことに加え、リアフックをボディの内側にズラして取り付けていることで、向かい風の中でも飛行姿勢が安定します。

115サイズからは自重も大きくアップするため、とくによく飛びます。

立ち上がりが早い

マニックの画像
後方重心かつボディの前方で水を受けてアクションするため、立ち上がり(浮き上がり)が早いです。

それゆえに着水直後からすぐにアピールできます。

逆に、他のシンキングペンシルのように中層や底層をトレースするのは厳しいです。

シーバス以外も釣れる

マニックの画像
シーバス以外にもバチを捕食している魚には効果抜群です。

シーバスを狙っていると、チヌやメバル、ボラなどがよく掛かります。

さまざまな魚が反応するということは、それだけバチの動きを再現できているということですね!

マニックの使いどころ

マニックの画像
マニックの適切な使いどころを紹介します。

個性がはっきりとしているルアーなので、使いどころも明確です。

基本はバチ抜けパターン

マニックの画像
圧倒的な飛距離とバチのような引き波により、表層のバチを捕食しているシーバスに対して広くアピールできます。

中でも、引き波を立てて泳ぐような中〜大型のバチが多いエリアでは効果が抜群。

筆者は、飛距離を重視して115サイズをメインにし、ショートバイトが多くて活性が低いと感じた時は95サイズに下げ、喰わせを意識して使用しています。

サヨリパターンも対応

マニックの画像
細長いシルエットで表層をトレースするのが得意なルアーなので、サヨリパターンにも対応します。

コスパの面でも、春のバチシーズンだけではなく、秋のサヨリシーズンにも使える点は魅力ですね。

サイズは回遊しているサヨリに合わせて選んでください。

専用替えフックもあり

ITEM
デュオ ベイルーフ マニック 純正交換フック


マニックは繊細なバランスの上に成り立っているルアーなので、フックを交換するときは専用フックがおすすめです。

マニックのフックは鋭くてフッキング性能は文句ナシですが、細軸ゆえに曲がりやすくて鈍りやすいため、替えフックは用意しておきましょう。

サイズ毎にフックサイズが異なるので間違えないように選んでください。

バチ抜けには必須です!

マニックの画像
マニックは、ロッドを立ててリトリーブし、引き波を発生させてアピールするだけで簡単に釣れるルアーです。

圧倒的飛距離とマニックムーヴによってオートマチックにシーバスが釣れるので、使ったことがない方はぜひ使ってみてくださいね!
画像提供:tsuki
ITEM
デュオ ベイルーフ マニック75
全長:75mm
自重:7.6g
フック:#10
ITEM
デュオ ベイルーフ マニック95
全長:95mm
自重:8g
フック:#10

バチ抜け狙いでは最強と言っていいほどめちゃくちゃ釣れます。 95サイズなのですが飛距離も目を疑うほどぶっ飛び、マニック特有のタイトな微波動ローリングで流れに同調させているといとも簡単にシーバスがバイトしてきます。

ITEM
デュオ ベイルーフ マニック115
全長:115mm
自重:16g
フック:#8

標準的なサイズの115mmをメインで使っています。春先のバチ抜けシーズンから活性が高い秋頃までは1軍で使っていけるルアーだと思います。

ITEM
デュオ ベイルーフ マニック 135
全長:135mm
自重:21g
フック:フロント#8/リア#6
ITEM
デュオ ベイルーフ マニック155
全長:155mm
自重:27.5g
フック:#6

筆者の紹介


tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪

釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

関連記事

紹介されたアイテム

デュオ ベイルーフ マニック 純正交換フ…
サイトを見る
デュオ ベイルーフ マニック75
デュオ ベイルーフ マニック95
デュオ ベイルーフ マニック115
デュオ ベイルーフ マニック 135
デュオ ベイルーフ マニック155
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
マニックの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!