【釣果で比較】アジング用ジグヘッドのソアレ“カケガミ”が本当にスゴいと思った話

2021/02/26 更新

シマノから発売されている『カケガミ』という名のジグヘッドをインプレしています。ノーマルジグヘッドとの釣果差を比較してみた結果、その名の通り“乗らないバイト”を攻略するのに最適なアイテムでした。


アイキャッチ画像提供:釣り好きまっちゃん

アジングって難しい!

「バイトはあるけどなかなかフッキングしない」

ジグヘッドの重さが悪いのかワームが合ってないのか、そもそも腕が悪いのか?

アジングの面白いところでありながらも、難しい部分でもあるのです。

そんな悩みを解決してくれそうなアイテム。ありましたよ。

カケガミ

シマノ カケガミ
シマノから発売されているアジング用ジグヘッド。

その名も「カケガミ」! (針に)掛ける神ということでしょうか?

どんなアイテムかチェックしていきましょう!

今までにない形状

カケガミ 特徴
普通のジグヘッドとは明らかに異なるシルエット。

オモリ部分からシャンクが2本突き出た特殊な形状、下部のワイヤーにアシストフックが独立してセットされています。

ワームセット方法

カケガミ ワーム 付け方
上部のワイヤーにワームの頭から真っ直ぐ挿入します。


そのままオモリにつくまで刺せばセット完了。

初めは違和感を感じるかも知れませんが、慣れるとノーマルジグヘッドよりキレイにセットすることができますよ。

いざ実釣検証!

カケガミ インプレ
ノーマルジグヘッドとどれくらい釣果に差がでるか実験してみました。

10バイトごとのキャッチ数で比較してみます。

ノーマルジグ単


まずは普段通りノーマルジグヘッドでアジを狙ってみます。

開始早々、コツンっとアタリが出るものの、サイズが小さいのかなかなか乗りません。


なんとか掛けたアジは推定10cm前後。思うように掛けきれず、まさしくもどかしい気分。

普段なら鬼爪(アシストフック)をセットしているところです(笑)。


カケガミ


続いて同じウエイトのカケガミ。

アシストフックがあるせいか、ノーマルジグヘッドに比べ若干水の抵抗が大きいように感じます。

カケガミ マメアジ
向こうアワセのような形で掛かった豆アジ。

アシストフックがダブルで掛かれば口への負担が軽減し、多少強引にファイトしてもバレることはありません。

最終結果

カケガミ アジング
10バイト中ノーマルジグヘッド1匹。カケガミ3匹と差が出る結果となりました!

しっかり合わせないと掛からなかったノーマルジグヘッドに対し、カケガミは向こう合わせで自動的にフッキングするイメージ。

これは本当に掛かりがいいですね!

▼検証の様子を動画で見たい方はコチラ

by TSURIHACK TV

投げ倒して感じたこと

カケガミ インプレ
検証後もショートバイト時やターゲットサイズが小さいときにカケガミを愛用しています。

投げ倒してみてこんなことを感じました。

自動でフッキングが決まる!


カケガミ最大の特徴は自動的に魚が掛かること。

アタリが取りにくい強風下や、フロートの釣りに相性抜群です。

ダブルアシストなのでバラシもかなり減りました!

ワームのズレが少ない

カケガミ
いい意味で予想を裏切られたのが、ワームがほとんどズレない点。

スプリング型のワームキーパーがガッチリホールドしてくれています。

チューニングもアリ

カケガミ チューン
アシストフックは脱着可能となっているので、ターゲットに合わせたフックの使い分けが可能。

フックサイズ変更やトレブルフックなどチューニングも自由自在!

カケガミ チューンフック
気に入ったので、金針仕様の替えフックも購入。これはカスタム心をくすぐりますね。

ライトゲームの必殺アイテム決定!

カケガミ インプレ アジング
コストはやや高めですが、実釣力から考えると値段以上の価値があるのではないでしょうか。

ビギナーからエキスパートの方までタックルボックスのスタメンとしてオススメします!


釣ったアジは美味しく頂きました♪

カケガミを使えばアジングがもっと楽しくなりますよ。

ITEM
シマノ(SHIMANO) ソアレ カケガミ

関連記事


1
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
カケガミ アジング
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

執筆や動画コンテンツを通じて『釣りの楽しさ』『自然の素晴らしさ』を発信して参ります(^^)