常夜灯なんて不要!闇アジングのポイント選び・釣り方の極意を解説

2021/03/09 更新

アジングというと常夜灯周りでするイメージが強いかもしれませんが、実は暗闇でもアジを釣ることができるんです!そんな闇アジングのポイント選びや釣り方のコツを解説します。


アイキャッチ画像提供:FISHING GANG YOSHIKI

常夜灯がなくてもアジは釣れる

アジングの画像
フィッシングギャングのYOSHIKIです!

突然ですが、アジングと言えばどんなポイントを想像しますか?

漁港の常夜灯周りや明暗部などを想像する方が多いと思いますが、実は、灯がないところでもアジを狙うことができるんです。

今回は、そんな闇アジングについて解説します!

闇アジングのポイント

アジングの画像
暗闇でアジを釣るには、潮流が必要不可欠です。そのため、ポイントを選ぶキーワードは「潮通しの良さ」。

とくに、夜中に飛ばしサビキでアジを狙ってるエサ釣り師がいるようなポイントは激アツです。

以下では、YOSHIKIが闇アジングで釣果を上げている具体的なポイントを紹介します!

テトラ帯

アジングのポイントの画像
一つ目のポイントがテトラ帯です。

テトラ帯は各地の漁港周りや堤防だと外向きに面していることが多く、外向きに面しているということは港内よりも流れが生まれやすいです。

それに加えて、テトラ自体が良いストラクチャーなのでアジの回遊ルートになります。

テトラはメバル狙いのイメージがあるかもしれませんが、実はアジを狙うにもいいポイントなんです!

ただし、メバルを狙うときはテトラ沿いを攻めることが多いのですが、アジを狙う場合は沖に投げて潮の中を狙います。

※夜間のテトラ帯は危険なので、釣行する際は細心の注意を払ってください。

堤防の先端

アジングのポイントの画像
もう一つは、潮通しの良い防波堤の先端付近です。

青物を狙うような潮通しが良い場所で、「もしここに常夜灯があったらアジが釣れそうだな〜」と思ったことはありませんか?

そんなポイントがあれば大チャンス!

潮通しが良いということは流れやヨレが生まれるので、そんなポイントは常夜灯がなくてもアジが回遊してくるんです。


闇アジングのコツ

アジングの画像
ここからは闇の釣り方のコツを紹介します!

基本的には普通のアジングと変わりませんが、常夜灯周りとは少し異なる部分があります。

ボトムに固執せずに広いレンジを攻める

アジングの画像
これは闇に限ってのことではありませんが、表層からボトムまで幅広いレンジをしっかりと攻めることが重要です。

「灯がない=アジが浮かない=狙いはボトム」と思われるかもしれませんが、表層に群れていることも多々あります。

闇のポイントは港内よりも回遊による群れの入れ替わりが激しいので、活性や捕食するレンジをしっかりと見極めることが大切です。

さっきまではボトムでアタリがあったのに急にアタリがなくなったら、思い切って表層も攻めてみましょう!

魚との距離でリグを変える

アジングの画像
常夜灯周りは光に寄って来ているアジを狙うので飛距離が必要な場面は少ないのですが、闇は別です。

闇でアジを狙う際は、主に“流れ”に着いているアジを狙います。

そのため、ジグ単で届くタイミングもあれば、潮目が遠くてキャロやフロートを遠投しないと届かない場合もあります。

なので、ジグ単タックルとキャロ/フロートタックルの2本を用意しておき、魚(潮)との距離によってリグを変えて対応することが重要です!

また、沈みが速い遠投用タックルで手前を狙うと根掛かりが増えるため、ジグ単で狙える距離まで近づいてきたら回収するのがおすすめ。

その分近距離は軽いジグヘッドで狙い、しっかりと距離でリグを使い分けましょう。

ウエイト選びは慎重に

アジングの画像
テトラ帯などでボトムを攻める場合、どうしても港内より根がかりが多くなります。

キャスト先(遠距離)のボトムでのリスクはあまり変わりませんが、テトラ帯は手前に近づいてくると極端にアップヒルになるのが厄介です。

なので、足元までジグ単で狙う場合は、距離に注意してテトラの角度をイメージしながら徐々にレンジを上げ、ジグヘッドがテトラに触れないようにする必要があります。

対照的に防波堤の先端付近の場合は、潮が速いときは軽量リグだとあっと言う間に流されてしまいます。

そのため、流れが速いときはしっかり水に噛む(潮流に負けない)重さが必要です。

あくまで目安ですが、テトラ帯はジグ単なら0.6〜1g、防波堤の先端なら1〜1.5gをメインに使います。

アジングの幅が広がる!

アジングの画像
今回は闇でアジを狙う方法を紹介しましたが、常夜灯や明暗部以外でもアジが狙えるならポイントの幅もグッと広がりますよね!

港内よりも外向きの闇ポイントで狙う方が大型が釣れやすいので、ぜひ暗闇でもアジを狙ってみてください。

今回もご愛読ありがとうございました!
画像提供:FISHING GANG YOSHIKI

筆者の紹介


FISHING GANG YOSHIKI

YouTubeの「FISHING GANG」チャンネルにて“釣りをかっこよく”をモットーに活動しているYOSHIKIです!

関西を中心にルアーフィッシングに没頭中の21歳で、週末は9割は海にいます。釣りの楽しさをもっと多くの方に伝えれるように頑張ります!

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

YouTubeのFISHING GANGチャンネルにて「釣りをかっこよく」を モットーに活動してるYOSHIKIです! 関西を中心にルアーフィッシングに没頭中の21歳で週末は9割海にいます 釣りの楽しさをもっと多くの方に伝えれるように頑張ります!