【時代はPE!?】バス釣りにおけるPEラインの有効性について

2020/11/27 更新

ソルトフィッシングでは当たり前のPEライン。近年ではバスフィッシングでも使用範囲が広がってきています。そこで改めてバスフィッシングでのPEライン使用についてそのメリットデメリットを検証。号数別の使い分け方やおすすめのPEラインもご紹介いたします。


記事内画像撮影:ikahime

バスフィッシングでのPEライン

バス釣りのPEライン
ソルトの世界ではもはや当たり前のように使われているPEライン。ここ数年ではバスフィッシングでも使用範囲が広がってきている実感があります。

そこであらためて、バスフィッシングにおけるPEラインのメリットや、使い方についてご紹介していきたいと思います。

ikahime
近年ではボートデッキに持ち込むタックルのほぼ全てがPEラインセッティングとなりました。その理由を解説していきます。

PEラインのメリット

感度が良い

バス釣りのPEライン
PEラインはほぼ伸びないため非常に感度が良いです。ソルトフィッシングでスタンダードとなっているのは感度の良さ、ということがもっとも大きな理由の一つでしょう。50m、100mと長くラインを出しても手元にバイトが明確に伝わってきます。

視覚的効果UP

バス釣りのPEライン
色分け付きのPEラインを使うことで、視覚的効果を得ることが可能です。つまり、見やすいという事。そしてラインの出ている長さも把握しやすいです。

ikahime
色付きのフロロカーボンもありますが、発色の良さはPEが勝ります。

引っ張り強度が強い

同一線形(太さ)であれば、フロロカーボンやナイロンラインと比べて引っ張り強度が圧倒的に強い。「細くて強い」のがPEラインです。

キャストフィールに優れる

フロロカーボンやナイロンラインと同じ強度を求めるとラインを細くすることが出来ます。つまり、キャストフィールに優れており飛距離も出るということです。

長持ちする

紫外線や吸水による劣化が極めて少ないため、半年から1年ほどは平気で使い続けることが可能です。単価こそ高いものの、フロロカーボンやナイロンラインを頻繁に巻き替えるよりコストを抑えることが出来ます。

ikahime
良い点はたくさんありますが、特に感度とキャストフィール向上がバスフィッシングにおいて有効です。

PEラインのデメリット

リーダーの結束が面倒

バス釣りのPEライン
基本的に細糸のPEラインはフロロカーボンラインまたはナイロンラインのリーダーが必要で、その結束が少し手間となります。

比重

バス釣りの高比重PEライン
これは必ずしもデメリットではありませんが、フロロカーボンやナイロンラインと比べて比重が軽いのも特徴の一つ。一般的に表層系のルアーとは相性が良く、一方で沈める系のリグとの相性はあまりよくありません。

しかし近年では高比重のPEラインもリリースされておりこのデメリットは解消されつつあります。

擦れに弱い

PEラインは細い原糸を編み込むことで作られているため、非常に擦れに弱いです。特に細糸は顕著で少しでも傷がついていたりするとあっさり切られてしまいます。

 
次項:PEラインの太さごとの使い分け

PEラインの太さごとの使い分け

0.2号〜0.4号

バスフィッシングにおけるPEラインの太さ別使い分けをご紹介します。

0.2号〜0.4号は細く繊細です。ほんのちょっとでもラインに傷が付いているとそこからプツンと切れてしまうため、気をつかう番手です。

しかしキャスト時の抵抗を極限まで減らすことが出来るので、極めて軽いワームをノーシンカーで扱いたい時に使用します。

フロロカーボンラインでは飛距離が出ないため戦力にならないルアーもキャスト可能。例えば、マイクロサイズのストレートワームなどです。


サイトフィッシングなどでルアーサイズを極限までダウンサイズすると喰うことがあるので、そういった時に有効です。

ちなみに、合わせ切れの可能性があるのでドラグは緩めに設定します。

ITEM
モーリス(MORRIS) VARIVAS アバニ ライトゲーム スーパープレミアムPE X4 中間マーキング 150m 0.2号/5lb ナチュラルブルー
号数:0.2号
強度(lb.):5
長さ:150m
ブレード:4本


おすすめラインは、バリバス アバニ ライトゲーム スーパープレミアム0.2号ですね。高級品ですが、細糸なので信頼できるモノを使います。

細糸ながらとても強いラインで、傷をつけてしまった、などの自分の不注意以外でのブレイクはないですね。

ikahime
これまでキャスト不可能だった超小型ワームを実用の範囲内で飛ばすことができる、革新的なメソッドです。


リーダーは0.8号(3lb)を短め(50cmぐらい)で使用します。

ikahime
リーダーの強度は、基本的にはリーダー<本線PEとしています。ノットの結び直しを減らすためです。

0.6号〜0.8号

0.6号〜0.8号程度になると、極端に気を使わなくても良い強さを持つ号数になります。

スピニングリールのPEラインに初めて挑戦する場合、この辺りの太さからチャレンジするのがベターです。普段、3lb〜5lbぐらいのフロロカーボンラインを巻いているスピニングを置き換えるイメージです。


PEラインは比重が軽いので表層系のルアー向き?と思いきや、高比重PEラインを使用すればダウンショットやネコリグ、ミドストなど沈める系の釣りも出来ます


ITEM
シマノ ライン ピットブル8 150m 0.8号
長さ:150m
号数:0.8号
最大強力 lb(kg):18.3 (8.3)


ラインは、普通のPEラインですとシマノピットブル。価格と使用感のバランスが取れたラインです。


ITEM
シマノ セフィア G5 PE 200m 0.6号
サイズ:0.6号
撚り数:5本
糸巻量:200m
マーキング:有(1mピッチマーキング)
比重:1.25-1.43
直線強力:最大12.1lb/5.5kg
配色パターン:10m×5色


沈む系はシマノのセフィアG5(炎月G5)がおすすめですね。沈み方が自然で違和感がありません。

ラインにもよりますが、0.6号のセフィアG5で引っ張り強度は12lb/5.5kgfの表記。4lbフロロ(1.8kg程度)とは比べ物にならない強さです。

ikahime
PEラインは強いだけでなく、ラインヨレのトラブルも激減して非常に快適です。


リーダーは4lb〜5lb程度のフロロカーボンラインを使用します。長さはカバー絡みなら少し長めで1m程度取ることもあります。

1号〜1.5号

1号〜1.5号は主にパワーフィネスで使う号数です。1号以上あればかなりの強さがあり、細糸PEラインの弱点だった擦れにも強くカバーフィッシングに向いています。リーダーなし、直結での使用も可能となります。

ikahime
1号以上の号数であれば擦れによるラインブレイクはほぼないですね。



また、ベイトフィネス機に巻くPEラインについても、1号ぐらいがスタンダードとなる太さです。

ベイトフィネス機とPEラインの相性は抜群。ライン自体が軽いためスプール回転が良くなり、フィネス性能が大幅に向上してくれます。

新しいベイトフィネス機を買う前に、まずはPEラインセッティングを試してみて欲しいです。リールの性能が覚醒しますよ。

ITEM
YGKよつあみ エックスブレイド アップグレード X8 300m 1号/22lb グリーン
号数(号):1
LB:22
規格(m):300
カラー:グリーンモノカラー(単色)
比重:0.98
素材:ポリエチレン


ベイトフィネス機におすすめのラインは、よつあみ(YGK) ライン G-soul X8 UPGRADE 150mの1号ですね。表面処理が優れているのか触り心地がサラサラしており、キャストフィールに優れます。

リーダーはフロロカーボン8lb。キャスト時のノット抜けを考慮し、3m程度と少し長めに巻いています。

1.5号以上

1.5号以上はベイトタックルでの「ロングリーダーPE」セッティングに使用しています。フロロカーボンセッティングと比較すると、ラインの自重が軽いためにとにかくキャストフィールが向上するのがメリットですね。

リーダーは「ロングリーダーPEセッティング」で、フロロカーボンやナイロンラインを3m〜10mほど長めにとるセッティングです。

キャスト時にノットの抜けが良くなり、リーダーを長く取ることでラインの沈み込みをフロロ・ナイロン使用時に近づけることが出来ます。

ITEM
X-BRAID オードラゴン X4 SS1.40 150m 2号 28lb ヨツアミ
長さ:150m
カラー:ウグイスグリーン15cm毎ウメレッドマーク
比重:1.40


ラインはヨツアミのオードラゴン2号がおすすめです。1.4という高比重で沈み方が自然です。

ikahime
ただし注意点があって、マイクロガイドセッティングのロッドですとノット抜けが悪いことがあります。


リーダーはフロロカーボン12〜14lb程度を巻くことが多いですね。

結束はFGノット

PEラインとリーダーはFGノットで結束しています。

いわゆる「摩擦系ノット」と呼ばれるノットで、リーダーの結束ではもっともスタンダードな結束方法と言えるでしょう。結束強度が非常に高いのが特徴で信頼出来るノットです。

少し結束時間がかかるのがデメリットですが、慣れれば1〜2分で結ぶことが出来ます。


ITEM
第一精工 ノットアシスト 2.0
収納時サイズ:105×57×39mm
使用時サイズ:58×149×39mm
重量:50g
素材:CFRP(カーボン繊維強化プラスチック含有率20%)


結束を支援してくれるツールもリリースされていますが、個人的な実感としては慣れてくるとツールを使わない方が速く結束することが出来ますので、現在はツールは使っていません。

メリットが多いPEラインでのバスフィッシング


以上、バスフィッシングにおけるPEラインについてでした。今では、巻きモノ用のナイロンライン以外はボートデッキに置いているタックルのほぼ9割がPEライン仕様となっています

ikahime
積極的にPEラインを取り入れることで、釣果も間違いなく向上しました。


デメリットもありますが、それを上回るメリットがあるのがPEラインタックルです。まだお試しでない場合、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。PEラインをバスフィッシングに取りれることで新しい世界が広がるのは間違いありません。

関連記事



 

 

紹介されたアイテム

モーリス(MORRIS) VARIVAS…
シマノ ライン ピットブル8 150m…
シマノ セフィア G5 PE 200m…
YGKよつあみ エックスブレイド アップ…
X-BRAID オードラゴン X4 SS…
第一精工 ノットアシスト 2.0
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
ikahime

バス釣りブロガー。小学生のころにグランダー武蔵やミラクルジムの釣りに影響を受け、バス釣りをはじめた世代。 関東一円のリザーバーでレンタルボートスタイルをメインとしています。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!