禁断の最強釣法か!?「虫ヘッド」は釣れすぎ注意の新メソッド

虫ヘッドはもっとも簡単に魚を釣る方法でしょう。ルアーの持つゲーム性と効率が、エサとマッチング。エサの持つ、何が釣れるか分からない楽しみも魅力です。釣れないときの奥の手や、ファミリーフィッシングにいかがでしょうか。


アイキャッチ画像撮影:釣具のポイント

虫ヘッドとは

虫ヘッドカサゴの画像
撮影:TSURIHACK編集部
約10年前に兵庫県の淡路島で、ジグヘッドにエサを付ける釣法が話題になりました。ルアーのアピール能力と手返しの速さに、エサの集魚力が合わさり、好釣果を記録。シンプルな仕掛けで、いろんな魚に出会えるのが醍醐味です。

虫ヘッドの特徴

虫ヘッドの画像
出典:オーナー
釣果が話題になり、オーナーからエサ専用ジグヘッド『虫ヘッド』が登場。仕掛けはとても簡単で、通常のジグヘッドと同じく、ラインに虫ヘッドを結ぶだけです。

針は短軸で針先が開き気味に設計されており、エサが刺しやすく、オートマチックに針掛かりさせます。針の軸の部分にはキーパーが付いており、やわらかいエサのズレを解消。

オモリの部分は前から見ると、フラットな形状。海底で倒れにくく、根ガカリを減らします。

虫ヘッドとエサの画像

虫ヘッドで釣れる魚は?

虫ヘッド対象魚の画像
撮影:TSURIHACK編集部
虫ヘッドは様々な魚が釣れますが、ぜひ狙ってみたい5種をピックアップ。魚種によって適した場所やエサ、釣り方が異なるので、それぞれの要点をチェックしてみましょう。

チヌ・キビレ

虫ヘッドチヌの画像
撮影:TSURIHACK編集部
河口や磯に加えて、都市部の港湾に多く生息し、身近に狙える大物。エサはイソメかオキアミが一般的ですが、堤防では“イガイ”が効果絶大です。

ただしイガイは釣具店で販売していないので、現地採集です。イガイを堤防の際スレスレに落としていくと、チヌが反応してくれるでしょう。

イガイの付け方、採りかたについてはコチラ


アジ

虫ヘッドアジの画像
撮影:TSURIHACK編集部
サビキ釣りでアジが釣れている場所がチャンス。1グラムほどの軽めの虫ヘッドに、小さく切ったイソメか、小粒のオキアミを付けましょう。夜は表層でもヒットしますが、日中は海底付近を狙います。

メバル

虫ヘッドメバルの画像
撮影:TSURIHACK編集部
堤防やテトラポット地帯に多く生息し、捨て石や海藻などの、障害物まわりが好ポイントです。

日中は活きエビ(シラサエビ)がベストで、なければイソメかオキアミをエサにしましょう。夜はイソメが効果的で、大型狙いの際は1匹まるごと針に付けるのがおすすめです。

カサゴ

虫ヘッドカサゴの画像
撮影:TSURIHACK編集部
ポイントはメバルと一緒ですが、底を重点的に攻めましょう。口が大きいため、イソメやオキアミのほかに、キビナゴやエビのむき身も効果的。根ガカリに注意しながら、テトラポットでの穴釣りも好釣果が期待できます。

コブダイ

虫ヘッドコブダイの画像
出典:PIXTA
関西方面では魚影が濃く、堤防から釣れる魚では、最強ともいえる引き。堤防に付くイガイを好むため、チヌと同じ狙い方で釣れます。

ヒット直後には“強烈なダッシュ”が待ち受けており、竿を持っていかれないように注意が必要です。大型になると、細仕掛けではまず取れないので、ショアジギングロッドなどで臨みましょう。

虫ヘッドにおすすめのエサ

虫ヘッドエサの画像 ルアーと同じくエサにも特徴や、使いどころがそれぞれにあります。エサの選択は釣果に直結するので、代表的なエサの特性を把握しておきましょう。

オキアミ

虫ヘッドオキアミの画像
出典:PIXTA
オキアミは尾羽を取ってから、通し刺しにするのが一般的。尾羽を残すと、水中で不自然に回転してしまいます。

オキアミは大きく分けると、生とボイルの2種類あります。生は食い込みがいい反面、エサ取りに弱く、針からずれやすいことが欠点。フグやスズメダイが多い状況や、キャストを繰り返す状況では、ボイルオキアミが便利です。

イソメ

虫ヘッドイソメの画像
出典:PIXTA
幅広い魚種に対応する万能な活きエサです。夜は海中で光るため、特に有効でしょう。大きいものは20センチほどあるので、ターゲットや状況に合わせて、切って使用します。

頭部分から針を入れ、チョン掛け、通し刺しにします。時間がたつと、弱って伸びてくるため、新しいものに交換しましょう。

キビナゴ

虫ヘッドキビナゴ
出典:PIXTA
そのまま1匹を針に刺すと大きすぎるので、適度な大きさにカット。口の小さな魚は食べることができず、エサ取りに強い大物向きなエサです。磯では1匹掛けで、大型根魚を狙ってみるのもおもしろいでしょう。

イカ

虫ヘッドイカ イカタン(イカの短冊)と呼ばれるエサが市販されており、短冊状にカットされています。水流を受けてヒラヒラと動き、ルアーのようなアピールが可能。匂いも強く、集魚力が高いエサです。

虫ヘッドのラインナップ

虫ヘッドパワーの画像 不意に食ってくる大型魚はエサ釣りならではの醍醐味です。思わぬ獲物に対応するために、虫ヘッドと虫ヘッドパワーの2種類がラインナップ。ターゲットに合わせて使い分けることで、釣果が向上します。

虫ヘッド

アジやメバルを狙うスタンダードなタイプで、まずはこちらから始めてみましょう。虫ヘッドパワーに比べて針が細軸なので、小さなエサがつけやすく掛かりも良好です。チヌ程度で針は折れません。

固いシーバスロッドや、フルロック状態のドラグは針への負担が大きくなるため、タックルバランスが重要です。

初めての虫ヘッドはコレ!

ITEM
オーナー 虫ヘッド 2グラム

虫ヘッドパワー

超太軸の針が採用された大物専用の虫ヘッドです。重さも10グラムまで用意されるため、深場やボートフィッシングにも対応。オモリ部分にアシストアイが付いており、糸付き針を用いて一つテンヤ風に使えます。

ライトゲームロッドではフッキングパワーが不足するので、エギングロッドやシーバスロッドでの使用がおすすめです。

磯から大型根魚を釣ってみよう!

ITEM
オーナー 虫ヘッドパワー 4グラム

虫ヘッドのタックルと使い方

虫ヘッド使い方の画像
撮影:TSURIHACK編集部
虫ヘッドに専用の道具や難しいテクニックは一切不要で、手持ちのタックルですぐに始められます。

虫ヘッドは誰でも簡単に釣れるメソッドですが、実は非常に奥が深い釣法。ビギナーからエキスパートまで楽しめる、遊び方をご紹介します。

虫ヘッドのおすすめタックル

虫ヘッドタックルの画像
撮影:TSURIHACK編集部
ロッドとリールはライトゲームと呼ばれる、アジング・メバリング用のものが基本です。虫ヘッドの重さや対象魚によっては、エギングロッドやのべ竿でも可能。あまり難しく考えずに、まずはお手元のタックルで挑戦してみましょう。

虫ヘッドの使い方<キャスティング>

虫ヘッドテトラポットの画像
撮影:TSURIHACK編集部
沖に向かって投げるのではなく、堤防から斜め、もしくは平行に投げてみましょう。魚が好むカケアガリや捨て石が多いので、『手前は好ポイント』。テトラポット地帯でも有効な釣り方です。

竿先でトントンと弾いて虫ヘッドを動かし、そのあとに“フォール”(落とすこと)を入れるのがポイントです。フォールの最中や、着底後の数秒にアタリが集中。魚からの反応がない場合は、底を重点的に攻めてみましょぅ。

虫ヘッドの使い方<際釣り>

虫ヘッド堤防の画像
撮影:TSURIHACK編集部
もっとも簡単な釣り方で、堤防の際に虫ヘッドを落とし、底につけて待つだけです。着底後5秒ほどでアタリがなければ、すこし持ち上げて再度落としてみましょう。

魚は“上から落ちてくるエサに反応する”習性があるため、積極的に誘いをかけることが、釣果に繋がります。底が荒い釣り場では、底から少し浮かした状態で待つことによって根ガカリを回避できます。

虫ヘッドの使い方<チヌ・キビレの落とし込み>

虫ヘッドチヌ落とし込みの画像
撮影:TSURIHACK編集部
エキスパートも楽しめる、非常にゲーム性が高い釣り方です。ヘチ釣りの要領で、1グラムか2グラムの虫ヘッドにイガイをつけて、ゆっくりと堤防スレスレにフォール。ラインがふけたり、ティップが抑えられたりと多彩で繊細なアタリが現れます。

あわせなければ掛からないので、アタリがあれば“即あわせ”しましょう。ロッドは8フィートほどの固めのメバリングロッドか、ティップのやわらかいエギングロッドがおすすめです。

虫ヘッドで遊びつくそう!

虫ヘッド楽しい画像
撮影:TSURIHACK編集部
虫ヘッドはさまざまな楽しみ方ができ、“釣れないときの奥の手”や“釣り入門”にも最適です。しかし船から使えばマグロが釣れるかもしれませんし、磯から使えばクエも十分に狙えるでしょう。ジャンルの細分化が進んだ釣りの世界で、虫ヘッドは少し異質な存在かもしれません。どこで、何を釣るかは“あなた次第”です。

虫ヘッドとエサの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!