【リールメンテナンスのプロが提唱】このサインが出たらオーバーホールをしよう!

2019/05/10 更新

車の車検と同じく、リールもある程度使うとオーバーホールが必要です。しかし、どのタイミングでオーバーホールに出すのかイマイチわかりませんよね。今回は、メンテのプロがオーバーホールに出す目安を解説します!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

オーバーホールっていつ出すの?

リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
車の車検の様に、リールにはいつか必ずオーバーホールが必要になります。しかし、どのタイミングでオーバーホールに出せばいいのかよくわからないですよね。

リールの取扱説明書を見ると「1年に1度」と多くのメーカーがアナウンスしていますが、使用環境やリールの状態によってケースバイケース。

そこで今回は、リールマニアがオーバーホールに出す目安について解説します!

お馴染みのリールマニア

佐藤稜真
撮影:TSURI HACK編集部
佐藤稜真

某リールチューンメーカー在籍時、Facebook・Instagram運営を手がけながら全国のイベントで年間100台以上のリールをメンテナンスしていた経験を持つ。

中学生の頃からカタログのスペックを暗記するほどのリール好き。関東のフィールドでのエリアトラウト・シーバスフィッシングをメインにしている。


3年経ったら必ず!

リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
リールを購入して3年が経ったら、使っても使っていなくてもオーバーホールに出しましょう。

なぜかというと、3年も経っていれば使用の有無に関わらず、リールを守っているオイルやグリスの大半が抜けてしまっているからです。

放置していると……

オイルやグリスが抜けた状態で使用すると、パーツ同士の摩擦が大きくなり、ギアやベアリングが急激に磨耗します。

ギアやベアリングは高価なパーツなので、修理費用が高額になるのは言うまでもありません。

▼2年間ノーメンテのリールを分解した記事です


パーツがガタガタしてきたら

リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ハンドルやベールなどのパーツがガタついてきた時は、迷わずオーバーホールに出しましょう。

超大物とのファイト後やリールを落としてしまった時など、ガタガタとした違和感を感じた経験はありませんか?

放置していると……

パーツがガタついているということは、なにかが磨耗しているか、どこかに強い衝撃がかかったということです。

外見からはわからなくても、内部のパーツが壊れている可能性も。そのまま壊れたパーツを駆動させると、周囲のパーツにも悪影響を与えてダメージが拡大するのです。

巻き心地がゴロゴロしてきたら

リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
長い間リールを使っていると、ゴロゴロ感が出てきたという経験はありませんか? そんな巻き心地の悪化もオーバーホールに出す目安です。

このような時はグリスやオイルが切れていたり、ギアが摩耗していたり、ベアリングが塩噛みを起こしているかもしれません。

放置していると…

前述の通り、ゴロゴロ感はどこかに不具合が出ている証拠です。リールは機械であるため、放置して直る可能性はゼロ。悪化していくのみです。

無理にゴロゴロのまま使い続けていても、パーツの摩耗が進み、修理費が高額になってしまうだけです。


水没したら

水没の画像
出典:PIXTA
水没したらほぼ確実に内部まで水が回っていると考えてください。近年のリールは防水機構が急速に進化していますが、完全防水ではありません。

ハンドルやスプール、メインシャフトなどの駆動部の隙間から水が侵入します。一度侵入した塩や塵が完全に抜けることはなく、分解・清掃が必須です。

放置していると…

海水に水没した場合は錆が急速に進行します。外見にはなんの異常がなくとも内部から蝕まれ、場合によってはリールが修理不能になることも。

内部のパーツが錆びてしまうと、パーツの交換費用がリール代を上回るぐらい高額になってしまいます。

▼水没時の応急処置を特集した記事です


小さな声にも気づいて!

リールの画像
撮影:TSURI HACK編集部
以上のサインが出た場合は、なるべく早くオーバーホールに出すことが大切。早ければ早いほど部品交換にかかる費用を抑えることができます。

また、オーバーホールに出す際は釣具屋さんにリールを預け、製造メーカーに行ってもらうのがおすすめです。

最近は個人でオーバーホールを行うところも多くありますが、玉石混交なので注意深く情報を調べることが大切。

大切なリールを長く使うために、リールの声に耳を傾けてあげてくださいね!

関連記事


リールの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

佐藤 稜真
佐藤 稜真

TSURI HACK随一のリールマニア。特にスピニングリールをこよなく愛する気鋭の若手ライター。某リールチューンメーカー在籍時、Facebook・Instagram・Amazon運営を手がけながら全国のイベントで年間100台以上のリールをメンテナンスしていた経験を持つ。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!