【元魚屋が語る】“本当に冬が旬”の魚ビッグ5

2018/12/11 更新

冬は釣果が厳しくなりますが、旬を迎える旨い魚が多いのはご存知でしょうか。そこで、元魚屋の編集部が“本当に冬が旬”の魚を5種類選んでみました。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

冬の魚は旨いぞ!

出典:PIXTA
釣果は寂しくなりがちですが、実は、冬の魚はめちゃくちゃ旨いんです! そこで、元魚屋の編集部が、大人の事情を無視した“本当に冬が旬の魚”を5種類選んでみました。

そもそも、大人の事情ってなに?

本来、旬とはその魚の美味しい時期を指しますが、実際にはそうではないことが多々あります。旬といわれることが多いのは、その魚がたくさん獲れる時期。

ビジネス的には、そちらの方がなにかと都合がいいようです……。今回は、“美味しい時期”に定めて選んでみましたよ!

ブリ

ブリの画像
出典:PIXTA
秋は岸近くまで回遊するため、ショアジギングや泳がせ釣り(ノマセ釣り)で岸からも狙えます。

冬はオフショアの釣りが中心となり、ジギングや泳がせ釣り、アンダーベイト(落とし込み)が楽しいですよ。

旬の目安は1月まで

”寒ブリ”といわれる通り、春の産卵に備えて、冬は身質が向上。地域差はありますが、抱卵が始まる2月以降はメスの身質が落ちてしまいます。

とくに、イワシを捕食している個体は脂の乗りが抜群で、かけた醤油を弾いてしまうほど。対照的に、イカを捕食している個体は脂が乗りません。

▼ブリを特集した記事です

カワハギ

カワハギの画像
撮影:TSURI HACK編集部
冬の船釣りの超人気ターゲットであるカワハギ。水温が下がると深場に群れるため、20~30匹の大漁も狙えます。

12月に入ると“肝パン”

カワハギはどの季節に食べても美味しいですが、冬はなんといっても肝が肥大するのが最大のポイント。

肝の旨さに関しては、「魚界トップ」といっても過言ではないでしょう。肝に血が回ると臭みが出るので、入念な血抜きを行ってください。

▼カワハギを特集した記事です

ヒラメ

ヒラメの画像
出典:PIXTA
サーフからのルアーゲームでは、数は減りますが座布団クラスの大物を狙えるのが冬。

船からは数・型ともに狙える地域も多く、イワシの泳がせ釣りを中心に釣果が期待できます。

寒ビラメは肝も絶品

寒ビラメといわれる冬は、肉が厚くなり、旨味と脂の乗りが最高です。カワハギと同じく肝が肥大し、こちらも非常に美味。

座布団クラスの大物は、すぐに食べても固くて味がしないため、丁寧に血抜きをして熟成させるのがおすすめです。

▼ヒラメを特集した記事です


メジナ

メジナの画像
撮影:TSURI HACK編集部
メジナは磯からのウキフカセ釣りの人気ターゲットです。水温が下がる冬は大型を狙えるため、各地の沖磯に磯釣り師が集まります。

元来、海藻を食べるために磯臭いといわれていましたが、釣り人の撒くオキアミを食べるようになり、匂いが消えたといわれています。

口太メジナが旨い

尾長メジナは冬に産卵期を迎えるため、冬に旨いのは口太メジナです。皮と身の間に脂を多く持っているため、焼霜造りやしゃぶしゃぶなど、皮を活かした料理が絶品。

また、2月・3月ごろになってくるとオスは白子を持ち始めます。こちらは湯引きをしてポン酢で食べるのがおすすめです。

▼メジナを特集した記事です

ボラ

ボラの画像
出典:PIXTA
「臭い・不味い」と酷評されている魚ですが、狙って釣るのは意外と難しいでしょう。

旬を迎える冬には、ギャング針を用いた“ボラ掛け”という、引っかけ釣りが盛んに行われます。

鯛と偽っていた噂も……

冬が旬だとはいえ、底の砂を吸い上げるようにエサを捕食するため、ヘドロ底の場所は万年臭いです。

水質の良い場所で獲れた“沖ボラ”が手に入ったら、刺身や洗いで食べてみてください。昔は、鯛と偽ってボラを提供する宿もあったようです。

▼ボラを特集した記事です

美味しい魚を釣りに行こう

冬の釣りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
釣りものが少ないと思われがちな冬ですが、こんなにも美味しい魚たちがいてたのです。旨い魚を求めて、新しい釣りに挑戦されてはいかがでしょうか。

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!