小型ジョイントプラグ『ハドルミノーハードSW60、80』でメバル攻略!

2019/03/05 更新

フィッシュアローから発売されてる小型ジョイントプラグ『ハドルミノーハードSW60、80』。その独特のスイムアクションでベイトに着くメバルはもちろん、アミパターンまで攻略できる優れもの。今回は、この『ハドルミノーハードSW60、80』の魅力をご紹介していきます。表層を漂うベイトを模して、メバルをプラグで釣り上げましょう。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

ハドルミノーハードSWとは

ハドルミノーで釣ったメバル
撮影:TSURI HACK編集部
フィッシュアロー【ハドルミノーハードSW】は、メバルやシーバスのマイクロベイトパターン攻略で高い実績を誇るソルト用ハードルアー。

元々ハドルミノーハードは、バス釣りのワカサギパターンで有効なルアー。バスフィッシングで証明した高い実釣性能を、ソルトで使えるようにチューンナップした製品です。

まるで本物!ナチュラルなスイムアクション

ハドルミノーのスイムアクション
出典:Fish Arrow
ハドルミノー最大の特徴は、ボディーにジョイントされたテールにあります。

ボディー本体は、ほとんど動かないI字系アクション。テール部分は、水噛みが良く左右にパタパタと平打つアクションをします。

そのアクションは、まさに本物のベイトの動きのよう!キビナゴやカタクチイワシ、ナミノハナがベイトになっている時は、パイロットルアーとして、使用するのもオススメです。

アミパターン攻略もできるカラーラインナップ

ハドルミノーのカラーラインナップ
出典:Fish Arrow
【クリア×コットンキャンディ系】や【クリア×チャート系】など、ベイトフィッシュパターンだけでなく、アミパターンでも通用しそうなカラーがラインナップされています。

ベイトの種類やエリアの透明度など、幅広いシチュエーションに合わせて選ぶことが可能でしょう。


ハドルミノーハードSWのサイズは2パターン

ハドルミノーのラインナップ
出典:Fish Arrow
ハドルミノーハードSWのサイズは、【65SW(65ミリ・約2グラム)】【80SW(80ミリ・約3グラム)】の2パターンがあります。

浮き上がりや飛距離を気にすることなく使えるエリアや状況においては【65SW】。流れが強かったり飛距離が欲しい場合には【80SW】を選ぶと良いかもしれません。

また、浮き上がりやすいルアーなので、ウェイトシールなどを使ってカスタマイズすると、より使いやすくなるでしょう。

ITEM
フィッシュアロー ハドルミノーハード 65SW
全長:65mm


ITEM
フィッシュアロー ハドルミノーハード 80SW
全長:80mm

ハドルミノーハードSWでスレた魚を攻略!

ハドルミノーのパッケージ ボディーとテールをジョイントすることにより、まさに本物の小魚とも言えるアクションを実現しているハドルミノーハードSW。ほかのミノーやワームで食わせ切れなかったスレた魚も、そのアクションには思わずバイトしてきてしまうことでしょう。

ぜひ、ハドルミノーハードSWを使って、メバルやシーバスを攻略してみてください。

ハドルミノーで釣ったメバル
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!