【辛口リールマニアが選ぶ】実売1~2万円台でコスパがいいリールはズバリこれだ!

2019/04/02 更新

リールの種類が多すぎて「どれを選べばいいか分からない」という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、TSURI HACK随一のリールマニアが独断と偏見でハイコスパリールを徹底セレクトします!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

スピニングリール……多すぎっ!!!


出典:いらすとや
近年はモデルチェンジのサイクルも早まり、毎年毎年新たなリールが登場しています。

そんな中「どのリールを選べばいいんだよ!」というアングラーも多いはず。

そこで今回は、TSURI HACK随一のリールマニアが、独断と偏見でハイコスパリールを決定します!

辛口リールマニアが選ぶ!

撮影:TSURI HACK編集部
佐藤稜真

某リールチューンメーカー在籍時、Facebook・Instagram運営を手がけながら全国のイベントで年間100台以上のリールをメンテナンスしていた経験を持つ。

中学生の頃からカタログのスペックを暗記するほどのリール好き。関東のフィールドでのエリアトラウト・シーバスフィッシングをメインにしている。

厳しい目線でハイコスパリールを選びましたよ!


エントリークラス部門(実売価格1万円前後)

いまから釣りを始めたい方や、新しい釣りにチャレンジしたい方におすすめの価格帯です。

一昔前のリールに比べると格段に性能が向上していますよ!

レガリス(ダイワ)

出典:ダイワ
フラッグシップモデルのイグジストにも取り入れられた「LTコンセプト」によって、2500番で210グラムと、クラス最軽量の軽さを誇ります。

しかしながらボディ剛性も十分で、ライトショアジギングといったタフな釣りにも十分な強度です。

また、ブラック×ゴールドのシックな外観は、価格帯をはるかに超えた完成度。釣具屋さんで回してみると、回転の滑らかさにビックリするはずですよ。

ITEM
ダイワ レガリス LT2500S-XH
ギア比:6.2
自重(g):205
最大ドラグ力(kg):10
ベアリング:5
ハンドル長(mm):55
最大巻上長(cm):87
標準巻糸量 PE(号-m):0.8-190、1.0-140

サハラ(シマノ)

出典:シマノ
ハイエンドモデルのステラと同じく、シマノが誇る冷間鍛造で作られた、高精度かつ高強度のHAGANEギアが搭載されています。

くわえて、ギアの配置や支持性能を最適化しており、巻き心地が滑らかで巻上力がピカイチ。

この価格帯からでも、シマノの“ものづくり精神”を十分に感じることができちゃいます。

ITEM
シマノ サハラ 2500HGS
ギア比:6.2
自重(g):250
最大ドラグ力(kg):4.0
ベアリング:4
ハンドル長(mm):55
最大巻上長(cm):91
PE糸巻量(号-m):0.8-150、1-110



ミドルクラス部門(実売価格2万円前後)

ハイエンドモデルからの技術や性能を継承しているものが多く、そのポテンシャルは一世代前のハイエンドに匹敵するほどです。

エントリークラスからのステップアップに最適なリールが揃います。

セオリー(ダイワ)

出典:ダイワ
2500番台で185グラムと、上位機種を超えるほどの軽さが魅力です。さらに、ハイエンドモデルのイグジストにも採用されていた、8,000円以上もするギアが搭載されています。

また、高密度カーボン素材をローターにも使用しており、“巻き始めの軽さ”が特徴的です。

自重の軽さと巻きの軽さから「リトルイグジスト」と言っても過言ではない、まさに価格破壊な1台でしょう。

ITEM
ダイワ セオリー 2506H
ギヤ比:5.6
自重:185g
ドラグ力:最大 3kg
ベアリング:7
ハンドル長さ:55mm
最大巻上長(cm):84
標準巻糸量 PE(号-m):0.8-130、1-100

ストラディックCI4+(シマノ)

出典:シマノ
2500番台で180グラムと、こちらも軽さが際立つモデルです。ヴァンキッシュと同等の超軽量ローターが用いられ、もはや上位機種と紙一重のクオリティー!

巻き始めは極めてクイックで、とくにライトソルトゲームやエギング、トラウトで強い人気を誇ります。

軽くて丈夫で巻き心地の良い、3拍子が揃ったスーパー優等生リールです。

ITEM
シマノ ストラディックCI4+ 2500HGS
ギア比:6.0 
自重(g):180 
最大ドラグ力(kg):4.0 
ベアリング数 :6
ハンドル長(mm):45 
最大巻上長(cm):81 
PE糸巻量(号-m):0.8-150、1-110

スピニングリールの進化は止まらない

釣りの画像
撮影:TSURI HACK編集部
一昔前までは、正直「安かろう悪かろう」感の強かったリール。

しかし、現在は低価格帯のリールの進化が著しく、10年前のハイエンドモデルに匹敵すると言っても過言ではありません。

独断と偏見で選んだ4台ですが、どんなアングラーも満足できるお値段以上のクオリティーですよ!

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
佐藤 稜真
佐藤 稜真

TSURI HACK随一のリールマニア。特にスピニングリールをこよなく愛する気鋭の若手ライター。某リールチューンメーカー在籍時、Facebook・Instagram・Amazon運営を手がけながら全国のイベントで年間100台以上のリールをメンテナンスしていた経験を持つ。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!