元釣具屋が選ぶ「これはコスパが高い!」と思った新作リール・TOP3

2019/01/23 更新

今年もフィッシングショーで多くの新製品が発表されました。その中でも、注目度の高いアイテムがリールではないでしょうか。そこで、編集部が勝手にコスパランキングを作ってみました!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

コスパ最強の新作リールを“格付け”

19ヴァンキッシュの画像
2019年もフィッシングショーで多くの新製品が発表されました。その中でも、注目度が高いのは「リール」ではないでしょうか。

ということで、実際にフィッシングショーで触ってきたリールの中から、“勝手に”コスパ順で格付けすることにしました!

コスパの定義

コスパと言うからには、価格とスペックのバランスが大切。単に安いリールでは、コスパがいいとは言えません。

そこで、コストとクオリティに厳しい編集部の、「この値段でこのスペックは買いだな!」という直感を基に格付けしました!

元バイヤーが格付けします


今回の“格付け師”を務めるのは、元釣具屋の編集部S。ロッド・リールのバイヤーを担当していたため、厳しい目でチェックしますよ!


第3位 セルテート(ダイワ)

19セルテートの画像
第3位はダイワのセルテート。もともと剛性の高さを追求してきたシリーズですが、今作はLT化されて軽量化を施している点も注目です。

2500番で比べると、旧型から35グラムも軽くなっており、「強いから重たかったリール」が「強いのに軽いリール」に進化。

19セルテートの画像
これで剛性も上がっているとなると、過去最高のセルテートであることは間違いないでしょう。

ただ、ここまで強くて軽くなったのだから、2000番以下もリリースしてほしいところ。随時追加されるのを期待したいですね。

▼新型セルテートを特集した記事です


第2位 バリスティック(ダイワ)

19バリスティックの画像
第2位はダイワのバリスティック。魅力はなんといっても、自重の軽さと巻き出しの軽さです。

マグシールドを搭載していないために淡水専用とされていますが、実機を確認すると海で使うこともできそうです。(もちろん使用者責任で)

19バリスティックの画像
コンパクトボディの2500番までのラインナップのため、トラウトやバスがメインターゲットですが、コアなアングラーはアジングに最適なことに気付いているでしょう。

すこし尖ったスペックではありますが、このフィーリングが実売価格3万円前後ならお買い得すぎますよ!

▼新型バリスティックを特集した記事です




第1位 ヴァンキッシュ(シマノ)

19ヴァンキッシュの画像
堂々たる1位はシマノのヴァンキッシュです。前作からのわずかな値上げで、ここまでの軽量化と剛性のアップが図られた上に、ロングスプールまでも搭載されています。

外見や巻き感の違いはありますが、歴代ヴァンキッシュの中で「もっともステラに近づいた」と断言できるでしょう。

19ヴァンキッシュの画像
ステラと使い分けるならば、“巻き続ける釣りにはステラ、ストップ・ゴーを繰り返す釣りにはヴァンキッシュ”。

発表されるやいなや、釣具店への問い合わせが殺到しているようなので、しばらくは品薄状態が続くかもしれません。それだけ“いいリール”ということなのです。

▼新型ヴァンキッシュを特集した記事です


お気に入りのリールを探そう!

19セルテートの画像
今回は編集部が勝手に格付けをしてみましたが、釣り人それぞれが「なにを重視するか」によって、いいリールやコスパのいいリールは変わってきます。

また、これだけリールの性能が向上した現在、ある程度どのリールを選んでも十分快適に釣りができるのも事実です。

そのため、外見なども含めて“気に入ったリール”こそが、その釣り人のベストなリールなのではないでしょうか。
撮影:TSURI HACK編集部

19バリスティックの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!