シーバスの人気ルアーカラー大調査!最も支持されている色はコレ!

2018/12/24 更新

シーバス釣りにおけるルアーカラー選び。デイゲームはベイトカラー、夜はパール系、又はゴールド等々、様々な情報が囁かれていますよね。釣り場のベイトに合わせたカラー選びや、ローテーションが大事という話も良く耳にします。しかし結局のところ、どのカラーが実際に支持されているのでしょうか?


アイキャッチ画像出典:楽天

シーバスの人気ルアーカラー大調査!

出典:楽天市場
TSURI HACKでは、実績のあるルアーカラーについてアンケートを実施。はたして、どのカラーが1位に輝いたのでしょうか?

選択項目は以下の通り

アカキン
イワシ
カラーはなんでも良い
クリア系
コットンキャンディ
チャート系
ブラック系
ボラ
レッドヘッド

9位

ブラック系(13票)

出典:楽天市場
ブラックはルアーのシルエットを強調し、特にトップや表層狙いの釣り、夜釣り、河川に白濁りや泥濁りが入った時で有効とされるカラーです。

▼選択理由

シルエットがハッキリでるから。

夜釣り派なので。

単純に黒が好き。

8位

ボラ系(29票)

出典:Amazon
シーバスが捕食対象とするベイトフィッシュに似せたカラーのひとつです。ポイントにボラが泳いでいる姿を見かけて、このカラーを選ぶ釣り人は少なくないのでは。

ボラは比較的広域に分布するベイトフィッシュであり、そのボラを模したカラーは季節を問わず使用することのできる定番のカラーと言えます。

▼選択理由

ボラをよく見かけるので。

リバーシーバスの定番だから。

デイゲームでの釣行に限れば鉄板のカラーだと思います。

7位

クリア系(32票)

出典:Amazon
一見、アピールが弱いと感じるかもしれないクリアカラー。しかし、シルエットを曖昧にし、水の状態に馴染むというクリアカラーならではのメリットが活きる場面もあります。

定番と言える種々のカラーでも反応が渋い時、あえてクリアカラーを投入する釣り人は少なくないのでは。

▼選択理由

水の色に左右されにくく、プレッシャーも与えにくいと思うから。

水中では意外と目立つしあらゆるベイトにイミテートできてナチュラルだから。

ルアーローテーションする時、釣れる確率1番高い

6位

コットンキャンディ(36票)

出典:Amazon
シルバーやパール系のボディにピンク、ブルー、イエローの可愛らしい色使いが特徴のコットンキャンディー。

シーバスには、このカラーリングがベイトフィッシュの体面のように見えるという説もあり、万能カラーとして愛用されることが多いようです。

▼選択理由

いつ投げても間違い無い!まずはコットンキャンディからカラーローテします。

アカキンと迷ったが、夜のコットンキャンディは鉄板!

経験上オールマイティーな気がします。

デイ、ナイトの両方で使えると思ったから。

どのカラーの良いところも入っている気がする。

5位

カラーはなんでも良い(38票)

出典:pixabay
一説では、シーバスは人間に比べて色盲であると言われます。ルアーを選ぶ際にカラーは重要ではないと考えるアングラーも少なくないようです。

ルアーのシルエットや姿勢、動きのほうが大事であり、カラーは何でも良いという意見に38票が投じられました。

▼選択理由

カラーを変えても釣れる時は釣れる。釣れない時は釣れないから。

1色しか持てないのであれば、何色でも同じ。何色も持って行き、カラーローテができて初めて色が生きてくると思う

カラーよりも動きを重視している。

カラーよりも、水中の姿勢。

夜釣りメインなので、カラーは気にしない。

4位

チャート系(59票)

出典:Amazon
マズメ時やナイトゲーム、水に濁りのあるときなどに選ばれることの多いチャート系カラー。全面的に蛍光色を採用したもの以外に、背面のみを染めたチャートバックデザインも一般的です。

ローリングなどのアクションの際、明滅効果によって優れたアピール色を発揮し、アングラー目線でルアーの位置を把握しやすいというメリットもあります。

▼選択理由

住んでる近くの海が濁りやすいから。雨が降った時、後でもアピール力があるから。

アクションはナチュラルにしたいけどカラーはアピールしたい。

やはりこの色はナイトゲームで釣れると思うので。

シーバスは目の悪い魚なので、濁りなどがある中でも夜でも無難に目立つカラーなので。

夜釣りが多いのでどんな水質、場所でも視認性がいい。


3位

アカキン(60票)

出典:Amazon
アカキンは強いアピール力を持った、王道とも言われるルアーカラーではないでしょうか。一説では、深い水深部では視認しづらいとされるレッドと、アピール力の高い強いフラッシングを発揮するゴールドのコントラストが有効なのではないかと考えられています。

▼選択理由

目立ち過ぎず目立たな過ぎないから。

マズメ(朝夕)に強い。

今までの実績から。

王道・ベターなカラーだから。

信頼のアカキン。

2位

イワシ(103票)

出典:Amazon
シーバスが捕食対象とするベイトフィッシュに似せたカラーのひとつです。初夏から秋ごろまではイワシパターンが最もはまる時期とも言われます。

シルバーのフラッシング効果で、濁りの出ているエリアやナイトゲームに最適なアピール力を備えます。

▼選択理由

ベイトに一番近い色。

ナチュラルカラーだけれどもフラッシング効果もあると思っているから。

自分がよくポイントはベイトがイワシのことが多いから。

リアルなカラーの方が釣れそうだから。

イワシカラーはどんな状況でも一定の安定性があると思うから。

1位

レッドヘッド(106票)

出典:Amazon
2位のイワシカラーを抑え、ルアーカラーアンケート第1位の座に輝いたのは、レッドヘッドです! ヘッド部分がレッド、ボディがホワイト、シルバーといった配色が一般的。

釣れる理由として、レッドヘッドがベイトのエラに見えるという説や、シルエットが小さく見える説などがあります。レッドの際立たせるコントラスト効果にも期待のルアーカラーと言えそうです。

▼選択理由

ド定番だけど、安定した釣果を得られる強い味方。

爆釣経験があるため。やはりカラーの違いのある事を知った。

シルエットが小さく見えるからか、丸飲みされやすいように思うから。

考えれない色使いなのに各メーカーから出ているって事は釣れる実績が高いから。

師匠からこれだけ買えば良いと言われたから。

あなたはどのカラー?

釣り場で悩みがちなシーバスルアーのカラー選び。今回実施したアンケート結果を表にすると、イワシカラーとレッドヘッドがそれぞれ2割を占め、人気が高いことが分かります。チャート系を選んだ釣り人や、カラーは二の次という意見の釣り人も少なくありません。あなたはどのカラーを選びますか?色々、試してみてください!

関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!