12月はもっともランカーシーバスが狙いやすい!?シーズンに追い込みをかけるなら今!

2018/11/30 更新

いよいよ寒さも本格化する12月。もうシーズンは終わりか……と思っていませんか?いえいえ、ランカー狙いなら12月のほうが狙いやすい状況もあるのです。

制作者

TSURI HACK編集部

釣り歴20年のTSURI HACK運営&記事編集担当。年間1000を超える記事を配信するため、海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広い釣り用品に触れています。公式SNSでも最新情報から編集部のインプレッションまで絶賛配信中!

TSURI HACK編集部のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像提供:釣具のポイント

ランカー狙いなら12月!?

撮影:TSURI HACK 編集部
12月を迎え、いよいよ冬が到来。

「寒くなってきたし、そろそろシーバスのシーズンも終わりか……」と思っていませんか?

いえいえ、12月こそランカーハンティングに最適なシーズンなのです。

12月=産卵直前の荒食い!

秋は荒食いシーズンだといわれますが、12月になってもその傾向は色濃く残ります。

秋と違うのは、産卵直前の大型がターゲットということでしょうか。

その際に重要なのは、彼らが産卵へ向かう旅の途中に捕食をする箇所や条件を知っておくこと。

今回は12月にランカーシーバスを狙い撃つために必要な、“3つのキーワード”について見ていきます。

次ページ:秋とは違うポイント選びが必要!?

キーワード①:湾口

出典:PIXTA
読んで字のごとく、湾の出入り口となる湾口。

産卵前・産卵後に必ずシーバスが通過する場所といってもいいでしょう。

湾の出入り口は半島・岬などが該当するケースも多いため、お近くのエリアに存在しないか探してみましょう!

秋に良かった場所は一旦忘れた方がいい?

出典:PIXTA
シーバスの産卵期は12~2月頃だといわれています。

つまり、季節の移り変わりにつれて産卵場となる沖側へと移動をしてしまうのです。

秋に良かった場所で全く釣れないことも多くなるため、考え方をリセットしてしまうのも一つの手ですよ!

注目すべきポイント

出典:PIXTA
湾口に近いサーフ・磯・河口・港内は必ず抑えておきましょう。

ベイトフィッシュを追い込みやすく、ひとたび群れが入ると爆釣なんてことも珍しくありません。

ポイントは毎年同じような時期に釣れ始めるということ。

昨年だけでなく一昨年の状況など、過去をさかのぼりながら時期を見計らいましょう!

回遊待ちなら飛距離が優先!おすすめのルアーはこちら。

ポジドライブガレージ フラットフラッター95s

全長:95mm
自重:20g


ダイワ ウインドストーム 135S

全長:135mm
自重:24.3g


ブルーブルー ブローウィン 140S

全長:140mm
自重:23g


次ページ:抑えるべきベイトパターン


キーワード②:大型のベイトフィッシュ

シーバス釣りにおいて最も重要な要素であるベイトフィッシュ。

全国共通ではありませんが、12月に盛り上がるパターンを知っておいて損はありません!

コノシロパターン

ランカーシーバス
撮影:TSURI HACK 編集部
12月のビッグイベントであるコノシロパターン

30センチほどのコノシロを捕食しているケースもあり、釣れるのは大型ばかりということも。

コノシロの個体数が多い場合、ルアーに見向きもしない・ルアーにベイト引っかかって釣りにならない……ということが多発します。

そういった場合は、あえてベイトボールのレンジを外してルアーを泳がせてみましょう!

対コノシロパターンにおすすめのルアー。絶妙なスイムレンジが◎!

シマノ ブラストシャッド 140F

全長:140mm
自重:35g

ハタハタパターン

出典:PIXTA
日本海の冬を象徴するハタハタパターン。

産卵のために接岸する15~20センチ前後のハタハタがベイトとなり、釣れるシーバスも大型であることが多いのです。

荒れた日に成立しやすいパターンではありますが、決して無理は禁物です。

波の状況は必ず確認し、無理のない釣行を心がけましょう。

対ハタハタパターンにおすすめのルアー。超スロー域で使ってみてください!

シマノ レスポンダー149F

全長:149mm
自重:27g


次ページ:1投1匹でランカーも!?


キーワード③:ボートシーバス

東京湾のボートシーバスで釣れたランカー
撮影:TSURI HACK編集部
ボートシーバス最盛期! というと語弊がありますが、まだまだ盛り上がりを見せるのが12月。

年末になるにつれて落ち着きを見せますが、東京湾名物のランカー便などは要チェックですよ!

ボートならではの豪快な釣り!

12月のボートシーバスはコノシロの群れ・産卵ルートにてランカーシーバスを狙うことが多く、その釣り方が実に豪快なのです。

ビッグベイトや大型のミノーを使用、さらに釣れる魚はランカー揃い。1投1匹で80アップが連発することもあるのだとか。

シーバスアングラーが夢に見るような釣り方で釣り収め! というのも良いかもしれませんね。


今年の釣りを有終の美で飾る!

撮影:TSURI HACK 編集部
シーバスアングラーにとってランカーは憧れのような存在。

年内を有終の美で飾るべく、シーズン最後の追い込みをしてみませんか!

関連記事


    紹介されたアイテム

    \ この記事の感想を教えてください /
    GOOD! BAD

    この記事のキーワード