な、なんなんだこの匂いは!?“臭い魚BIG5”と彼らが臭くなる理由

2018/11/08 更新

「釣った魚はすべて美味しい!」と、言いたいところですが……。釣り上げた魚が異臭を放っていたり、口にした瞬間に何ともいえない香りが漂ったり、という経験があるのではないでしょうか。そんな臭い魚と、臭くなる原因を考察してみました。


アイキャッチ画像出典:PIXTA

俺の釣った魚が臭いだと……

ボラの画像
出典:PIXTA
釣った魚を食す。釣りの醍醐味であり、釣り人の特権ではないでしょうか。

しかし、釣り上げた魚から異臭がしたり、食べたら口の中に生臭い匂いが広がったり、という残念な経験はありませんか? 今回は、魚の匂いについて考えてみましょう。

なぜ魚が臭いのだろうか。

過去に釣った臭い魚との思い出をたどりながら、彼らが「なぜ臭くなったのか」を考えてみました。

もともと臭みがある

出典:photoAC
もともと魚自身に特有の臭みをもつものも存在します。その反面、「クセがたまらない」と好まれることも。

磯臭い魚の代表格であるアイゴも、徳島県や和歌山県では干物にして好んで食べられています。

悪くいえば「臭い」、良くいえば「好きな人にはたまらない」ということなのでしょう。

水質による影響

出典:pixabay
「湾奥で釣れたクロダイは臭い」や「河口で釣れたスズキは臭い」といったものは、水質による影響を強く受けていると思われます。

このような魚は、鱗の隙間や体表の粘液に匂いが付着しているとされ、きれいな水で活かすと匂いが消えることもあるようです。

また、体内が臭い個体もいるようで、「ケミカル(化学的)な味がした」という声も。水質の汚染が、なんらかの形で体内に取り込まれているのかもしれません。

エサによる影響

出典:photoAC
「夏のアイゴは臭い」や「冬のメジナは美味い」といったケースは、エサによる影響かもしれません。

一般的には、海藻や貝類を食べると磯臭さが強まるとされ、海藻や岸壁の着生物が増殖する夏場は、臭い魚が増える傾向に。

メジナの場合は、主食が海藻から釣り人が撒くオキアミに変わったため、以前に比べると臭みがなくなったともいわれています。

俺が釣った“臭い魚BIG5”

編集部が釣ったことがある魚の中から、独断と偏見で「コイツは臭かったな~」という、臭い魚BIG5を選んでみました。

ボラ

ボラの画像
出典:PIXTA
幅広い水域に生息するボラは、臭い魚の代表格。潮通しの悪い湾内にいるボラは臭く、「タモについた匂いがとれねー」と絶望したことがあります。

しかし、外海に生息するボラは臭みもなく、真鯛に匹敵するほどの美味しさ。旬である冬は、専門に狙う釣り人もいるほどです。また、卵巣はカラスミの原料にされています。

▼ボラを特集した記事です

スズキ(シーバス)

シーバスの画像
撮影:TSURI HACK編集部
人気ターゲットであるシーバスも臭う魚です。湾奥で釣ったシーバスは臭いがきつく、黒々としている大型の個体は要注意。ヌメリが服についてしまうと悲劇です。

しかし、イワシの群れについた“夏スズキ”は絶品で、皮まで美味しくいただけます。良くも悪くも、アタリとハズレの差が非常に大きな魚といえるでしょう。

▼スズキを特集した記事です

クロダイ(チヌ)

チヌの画像
撮影:TSURI HACK編集部
クロダイは回遊タイプと居付きタイプに分けられ、居付きの個体が臭いといわれています。岸壁のイガイを食べているクロダイは、内臓から激臭が放たれることも。

一方で、潮通しの良い所で釣れる回遊型のクロダイは、臭みがなくてとても美味しい魚です。体色で見分けられ、居付きは黒、回遊はシルバーに近い色をしています。

▼クロダイを特集した記事です


アイゴ

アイゴの画像
撮影:TSURI HACK編集部
毒魚として有名なアイゴは、臭いことでも有名。地方名の「バリ」は小便に由来しており、「アンモニア臭がする」といわれています。

美味しく食べるには、血抜きを丁寧にすることと、内臓を絶対に潰さないことが大切。特有の匂いを旨いととるか、不味いととるかで、大きく評価が分かれる魚です。

▼アイゴを特集した記事です

ニザダイ(サンノジ)

サンノジの画像
撮影:TSURI HACK編集部
磯釣りの外道としてよく釣れるニザダイ。皮や内臓に独特の磯臭さがあり、タモに残った匂いには「ウッ」となってしまいます。釣り上げるとウ〇コを垂れ流すことも……。

身は脂が乗って美味しいともいわれますが、やはり食べるのは少数派のようです。食べるのであれば、すぐに活け締めをし、入念に血抜きを行いましょう。

▼ニザダイを特集した記事です

「美味しい」なんて、ありがた迷惑!

マグロの画像
出典:PIXTA
私達釣り人は、魚への感謝と賛辞の意を込めて「美味しい」と口にします。しかしよく考えてみると、魚達は自分自身が美味しいことにメリットがありません。

なぜなら、美味しくなればなるほど、“食べられ損”をしてしまうからです。ひょっとすると、臭くなることは身を守るための術なのかもしれませんね。

魚からすると、「美味しい」なんて、実にありがた迷惑な話なのでしょう。

関連記事


ボラの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!