チッパワRB|NLWが手掛ける『ベーシックを極めた』クランクベイトの凄さに迫る

チッパワRBは、NLW(ニシネルアーワークス)から発売されているクランクベイト。ハンドメイドの巨匠が手掛けるインジェクションルアーで、特徴的なファットボディにラウンドリップが搭載されています。チッパワRBの使い方や特徴についてまとめて紹介します。


アイキャッチ画像出典:Nishine Lure Works 裏日記

チッパワRBのスペック・特徴

チッパワRB チッパワRBは根強いファンを持つ、NLW(ニシネルアーワークス)から発売されているクランクで、ファットフラットサイドボディが特徴です。

名前の後ろについているRBはラウンドビルの略。高い基本性能を持たせることに重きをおいたクランクベイトで、だれが巻いても軽く引きやすい1日中投げ続けることができるルアーです。

レングスは62ミリ、ウェイトは15グラムです。潜行深度は16ポンドのフロロカーボン使用時で1.5~1.6メートル。シャロークランクのスタンダードレンジをカバーします。

ハンドメイドルアーの巨匠が手掛けるシステムクランク第一弾

チッパワRB チッパワRBはハンドメイドルアーの巨匠である、西根博司氏の手掛けるシステムクランクの第一弾です。

システムクランクとは、その場の状況や魚のコンディションなどに合わせて、より細やかなアジャストが可能になるよう、アクションや特性を細分化したクランクのことをさします。

チッパワは今後リップの形状やサウンド、潜航深度等、RBモデル以外にもバリエーションモデルが登場する予定で、システマチックに各モデルを使い分ける事が可能になります。

他に類を見ない『ファットフラットサイドボディ』

チッパワRB チッパワRBは薄いボディ形状が主流である通常のフラットサイドクランクとは異なり、フラットサイドでは異例とも言えるファット形状が特徴。さらにそこにラウンドリップを搭載しているクランクは他に類を見ないでしょう。

独特のボディ形状は浮力と水受け面積を稼いだ事で、リップ無しでもアクションするほどレスポンスが高められています。また、リップとの相乗効果により障害物回避力も高められているのです。

よく飛び、よく泳ぎ、障害物もスルリと躱す使い勝手の良さが魅力

チッパワRB チッパワRBはよく飛び、よく泳ぎ、障害物もスルリと躱す使い勝手の良いクランクベイトです。

これは開発者の西根氏がシステムクランクを作っていく上で、『目を引くような特別な新機構を搭載させるわけではなく、クランクに求められる基本性能が極限まで高められたものが必須』であると判断した結果と言えるでしょう。


チッパワRBのラインナップ

チッパワRB チッパワRBはシステムクランクシリーズであるため、今後は様々なラインナップが登場することが予想されています。

製作者の西根氏からも「共通ボディでその場の状況や魚のコンディションなどに合わせて、より細やかなアジャストが可能になる方向性を目指している」と、今後のシリーズ展開が語られています。

シリーズの第一弾であり、ラインナップの中でも中核を為す基本モデルとなるチッパワRB。2018年9月現在までで発売されているチッパワラウンドビルの2タイプのラインナップをご紹介します。

チッパワRB

チッパワRB チッパワRBはラウンドビルモデルにおけるスタンダードなタイプで、ノッカーサウンドが特徴です。

スペックはリップを除くボディレングスは62㎜、ウェイトは15gです。潜行深度はフロロカーボン16ポンドを使った場合、約1.5~1.6mに設定されています。コトコトサウンドがバスにアピールします。

チッパワRB サイレント

チッパワRB チッパワRBサイレントはチッパワRBのウェイトを固定することによって、ノッカーサウンドを消したサイレントクランクのモデルです。クランクからなる音はフックとボディの干渉音だけになっています。

スペックはノッカータイプと変わらず、ボディレングスは62ミリ、ウェイトは15グラムです。潜行深度はフロロカーボン16ポンドを使った場合、約1.5~1.6メートルに設定されています。

ラトル音によって魚がナーバスになってしまうような状況では、サイレントモデルが威力を発揮することも多々あります。


チッパワRBの使い方

チッパワRB チッパワRBシリーズは、ファットフラットサイドボディという変わった形状をしていますが、アクションは極めてベーシックで、クランクベイトのオーソドックスな使い方に長けたルアーです。

リップラップでのただ巻きや、カバーに当ててのリアクションバイトを誘発したりなど、クランクベイトの基本的な使い方を高い次元でこなしてくれます。

ただ巻き

チッパワRBに限らず、クランクベイト全般の基本的な使い方はただ巻きです。チッパワRBのただ巻きの特徴としてはフラットな面から発せられるフラッシングが挙げられるでしょう。

ただ巻き中に障害物に当てることも効果的です。デッドスローでもきちんと泳ぐレスポンスの良さで幅広い巻きスピードに対応します。

早巻き

チッパワRBの持つラウンドビルは巻き抵抗が少ないため、超速巻きにおいてもバランスを崩さずにきちんと泳ぎます。早巻きは活性が低く食い気のないバスに対しても有効なテクニックで、リアクションで口を使わせることが出来ます。

デッドスローから高速巻きまでこなせるクランクは意外と少ないです。チッパワの基本性能の高さを実感できるテクニックです。

ストップ&ゴー

チッパワRBは浮力をきちんと持っているためストップ&ゴーが有効です。ただ巻き中にリーニングを止めることでチッパワは浮き上がります。

バスは浮き上がるアクションでスイッチが入り口を使うことが多々あります。障害物に当たった瞬間にポーズを入れることも有効です。

誰が使っても魚を連れてくる、基本性能の高い王道クランク

チッパワRB チッパワRBは、一般的なインジェクション成形のルアーでありながら、ハンドメイドルアーの巨匠である西根氏のルアー造りにおけるノウハウがギュッと詰め込まれた王道クランクベイト。

クランクベイトの釣りを覚えたい初心者から、様々なクランクベイトを使い込んできたベテランまで幅広いアングラーの武器となります。

巻物が効く秋や初春シーズンにはまさにうってつけのチッパワRB。これからの時期に間違いなくアングラーの強力な武器になってくれるでしょう。

▽ニシネルアーワークスについて詳しく紹介した記事はこちら。


チッパワRB
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
高田 雄介
高田 雄介

高田雄介(ビックリマン高田) 全国47都道府県を全て釣り歩き、現在のホームグラウンドは海外。 淡水海水、大物小物問わず魚が大好きです。 皆様に魚の魅力や、釣りの楽しさを全力でお伝えします。

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!