まるで本物のエビ?ハリーシュリンプの使い方&適合フックのまとめ

ハリーシュリンプは川村光太郎氏率いるボトムアップから発売されたシュリンプ型ワーム。全身のパーツが自発アクションを起こし、本物のエビさながらのリアルさで話題のルアーです。ハリーシュリンプの特徴・使い方をまとめました。


アイキャッチ画像出典:BOTTOMUP

ハリーシュリンプについて

ハリーシュリンプ
出典:BOTTOMUP
ハリーシュリンプは、人気バスプロ川村光太郎がプロデュースするボトムアップのエビ系ワーム。名前の由来にもなっている”慌て急ぐエビ”をコンセプトに手足を忙しなく動かしながらバスにアプローチ。4インチという大きめのサイズ感ながらスレバスにも口を使わせることができるナチュラル系のワームです。

今回はそんな多くのバサーが注目するボトムアップのハリーシュリンプについて詳しく見ていきます。スレバスを相手にした釣りに苦戦を強いられている方は要チェックのアイテムです。

全身のパーツが僅かな水流で自発アクション

ハリーシュリンプ
出典:BOTTOMUP
ハリーシュリンプの最大の特徴。本物のエビのようなリアルなアクションでバスを誘惑します。細かい水流でも自発的にパーツが動くため、軽いシンカーでもアクションが付けやすく、さまざまなリグに対応。4インチと大きめなサイズ感ながらナチュラルで微波動がコンセプトのワームとなっているためスレバスに対する実績は圧倒的に高いです。

あらゆるリグに対応したシェイプデザイン

ハリーシュリンプ
出典:BOTTOMUP
ハリーシュリンプはさまざまなリグで扱える独自のシェイプデザインもポイント。尻尾をカットすることでシンカーやフックに合わせてサイズを調整できるため、カバー打ちの際にも効果的。ソフトルアーでありがちなワームの先端が避けてしまうトラブルも、尻尾をカットすることで手軽に再利用できます。

喰わせに特化したマテリアル配合

ハリーシュリンプ
出典:BOTTOMUP
ハリーシュリンプにはエビやイカなどの粉末をボディに配合しているため、アクションだけではなく匂いでもバスにアピールが可能。またボディ素材は硬度と塩の含有量が絶妙に調整されているため、アングラーのロッドワークによって繊細かつ計算された動きが再現可能です。


ハリーシュリンプの適合フックサイズ

ハリーシュリンプ
出典:BOTTOMUP
ハリーシュリンプは使用するリグによって適合するフックサイズが変化します。ここではハリーシュリンプのプロデューサーでもある川村光太郎が推奨するフックサイズを紹介します。はじめてハリーシュリンプを購入する方はもちろん、適合サイズをしっかりと把握せずに使っていた方は適合フックサイズを知ることでワームのアクションが劇的に変化すること間違いなしです。

テキサス、ヘビダン等で使用する場合のフックサイズ

テキサスやヘビダンで使用する際はやや大きめの#2/0〜3/0フックがおすすめ。カバーや障害物の近くでも確実にフッキングすることが可能であるため、やや強めのセッティング。ボディがやや厚めに作られているため、根掛かりなどのリスクは最低限に抑えることができます。

ITEM
FINA T・N・S オフセット #2/0

ノーシンカー、ネコリグで使用する場合のフックサイズ

ノーシンカーでフックを使用する際は、ややサイズをあげて#1/0サイズが推奨されています。大きめのフックをセッティングすることでワームの操作性が高まり、ノーシンカーでも快適に扱うことが可能。ネコリグで使用する際はネイルシンカーなどとの相性を考えてFINAから販売されているネコリグ専用フックの4/0サイズがおすすめです。

ITEM
FINA T・N・S オフセット #1/0





ハリーシュリンプの使い方

ハリーシュリンプ
出典:BOTTOMUP
ハリーシュリンプはさまざまなエビ系ワームの中でも非常に多彩なアプローチが可能なワーム。ここではそんなハリーシュリンプの使い方を徹底的に解説します。定番のテキサスリグはもちろん微波動を活かしたジグトレーラーなど、アングラーのスタイルやフィールドに合わせてさまざまな使い分けができるため、購入する際はぜひ使い方をしっかりと把握しておくことが大切です。

テキサスリグ

ハリーシュリンプ
出典:BOTTOMUP
カバーの回避性能がもっとも高い定番リグ。ハリーシュリンプはたくさんのパーツがありながら、絶妙なボディ形状によってカバー回避性能も高いためテキサスリグとの相性も抜群。尻尾をカットした際もしっかりとシンカーにはまるセッティングもこだわりの一つです。カバー撃ちなどの際は真っ先に使いたいおすすめのリグです。

ヘビーダウンショットリグ

ハリーシュリンプ
出典:BOTTOMUP
ハリーシュリンプの微波動を活かすためにはヘビーダウンショットリグもおすすめ。フォールスピードが早く、着底後の漂うアクションはナチュラルなアクションに強いハリーシュリンプにマッチします。使用する際のフックセッティングはテキサスリグ同様#2/0〜3/0が定番です。

リーダレスダウンショットリグ

出典:BOTTOMUP
カバーにも強く、フォールアクションも魅力的なリーダーレスダウンショットリグ。ハリーシュリンプは、フォールはもちろんスイミングやボトムでのシェイクなども効果的であるため、応用力の高いリグの使用がおすすめです。

使用するシンカーは、カバーの濃さや水深に合わせて5グラム前後のライトリグから15グラムを超える重めのものまでフィールドによって選びましょう。

ジグトレーラー

ハリーシュリンプ
出典:BOTTOMUP
意外と見落としがちなジグトレーラー。濁りがはいったフィールドなどでアピール力を高める際などにおすすめ。尻尾をカットしてセッティングすることで、ラバージグとの一体感が増し、ナチュラルさを損なわずにボリュームアップすることが可能です。

ネコリグ

ハリーシュリンプ
出典:BOTTOMUP
軽めのシンカーでスローなフォールアクションを演出する際は、ネコリグがおすすめ。ゆるやかなフォールアクションはもちろん、ボトムでのエビのキックバックを再現することを可能に。

ネイルシンカーには2.5から5グラムが推奨されています。使用するフックはFINAから販売されている川村光太郎プロデュースのNSSフックがおすすめです。

ノーシンカーリグ

ハリーシュリンプ
出典:BOTTOMUP
“慌て急ぐエビ”をもっとも自然に演出できるリグ。手足を忙しなく動かしながらフォールするさまはまさに生きたエビそのものです。うちわのような独自のテールは水をあおいで水押しを発生させるため、ノーシンカーながらさまざまな要素でバスにアピールが可能です。推奨フックは1/0のオフセットフックになっています。

ハリーシュリンプならあらゆるリグでバスを虜にできそう!

ハリーシュリンプ
出典:BOTTOMUP
ハリーシュリンプはスレバスにアプローチするのに最適な超ナチュラル系エビワーム。自発的に動く微波動アクションはテキサスからノーシンカーまでリグを問わず活躍します。カバーの回避力の高さを活かしたカバー撃ちはもちろん、スイミングやシェイクなどの使い方でも使える応用力の高い実践派ワームです。スレバスに苦戦しているアングラーは一度使ってみると攻略できるかもしれませんね!

ハリーシュリンプ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!