感度抜群!遠矢ウキを使いこなしてチヌ・グレを徹底攻略しよう

『立ちうきの王様』といわれる遠矢ウキ。感度・潮乗り・遠投性が最高レベルで実現されています。いわゆる名人ウキですが、その本質は「誰でも簡単に釣れるウキ」でした。特徴・ラインナップ・人気モデルを中心に徹底紹介します。


アイキャッチ画像出典:遠矢うきTohyaDirect楽天市場店

遠矢ウキとは

遠矢ウキの画像 遠矢ウキはチヌ釣りの第一人者、遠矢国利氏が開発した自立型棒ウキ。超高感度と潮乗りの安定性が認められ、全国でグレ・チヌ狙いの定番棒ウキとなっています。まずは遠矢ウキの特徴からチェックしてみましょう。

遠矢ウキの特徴<高感度>

遠矢ウキ感度の画像 遠矢ウキ最大の特徴は高感度。高視認性のトップ部分が、安定感抜群のボディから伝わるアタリを表現します。居食いやもたれるような不鮮明なアタリが多いチヌ釣りで、高感度は大きな武器。視認性の高いトップにより、1メモリだけ沈む小さなアタリを掛け合わせられます。

遠矢ウキの特徴<潮乗りがいい>

遠矢ウキ潮乗りの画像 喫水線の下が深い、ボディ形状が抜群の潮乗りを実現。ボディが海中に深く沈むことで、風や上潮の影響を受けにくくなります。狙った潮筋を外さず、コマセと同調させることが可能。コマセとの同調はフカセ釣りの肝で、釣果に直結します。

遠矢ウキの特徴<飛距離が出る>

遠矢ウキ遠投の画像 自重があり重量バランスがいいので、遠投が簡単にできます。仕掛けの投入を軽い力で行えるので、練り餌やオキアミの針外れ、仕掛け絡みが減少。投入精度も高くなり、同じポイントに投げ続けるポイント釣法も高次元で行えます。

遠矢ウキのラインナップ

遠矢ウキラインナップの画像
出典:イシグロ
遠矢ウキは種類が非常に多く、手のひらサイズのものや、全長80センチを超えるものもラインナップ。それぞれに個性があり、釣り場や状況、対象魚に応じて使い分けることが可能。奥が深い遠矢ウキシリーズをご案内します。

遠矢ウキ

遠矢ウキのベーシックモデル。浮力の表示はなく、3Bや4Bのガン玉を好みで打って使用します。トップには37サイズのケミホタルを付けることができ、夜釣りにも対応。アジ・メバル釣りにもおすすめです。

ITEM
遠矢ウキ 230S 中

超遠投

トータルバランスに優れた仕様です。竿下から大遠投まで対応する、感度と安定性を両立。特に深棚との相性がよく、底潮を捉えてサシエを先行させます。ボディが長く、2枚潮の攻略にもってこいでしょう。

ITEM
超遠投 小 5B

遠矢チヌスペシャル

超遠投小の小型化バージョンで、浅場や静止水面での使用感が向上。遠矢ウキの最高峰ともいわれ、チヌ用棒ウキの代名詞。磯や堤防、沖堤防、渚と活躍する釣り場を選びません。

ITEM
遠矢チヌスペシャル SP400-8 5B

遠矢ウキ0号

フカセ釣りとダンゴ釣りが両立できるウキ。フカセ釣りで流行している、軽い仕掛けを漂わせる釣りが得意。サシエをナチュラルにアプローチでき、食いが渋い状況で武器になります。

ITEM
遠矢ウキ 0号 小

日本海

深い、遠い、強風、速潮という日本海のフィールドを1本で攻略するためのモデル。水深10メートル超えの深い棚を狙うことが多い、マダイ狙いにも最適でしょう。シリーズ最大の大きさで、遠距離での視認性は抜群です。

ITEM
日本海 小

T・D

ダンゴ釣り・紀州釣り専用ウキで、オモリを打たないのが基本的な使い方。感度が非常に高く、ダンゴの割れ、チヌの前アタリを鮮明に表現します。


遠矢グレZF

近年注目を集めているグレ用の棒ウキ。円錐ウキに比べて視認性が高いため、尾長グレの早アワセ、流し釣りで効果的。エサ取りの小さなアタリも見逃さないので、素針での流しがなくなり、手返しも向上します。

ITEM
遠矢グレ ZF180 小

遠矢グレSSS

感度を追求したグレ用棒ウキ。汎用性ではZFに軍配があがりますが、浅場や湾内はSSSの出番。グレ以外ではサヨリ釣りに適しており、トップの傾きでサヨリ特有の小さなアタリを感知できます。

ITEM
遠矢グレ SSS 180


おすすめの遠矢ウキ

遠矢ウキおすすめの画像
撮影:TSURIHACK編集部
遠矢ウキは非常に種類が多く、どのウキを使うか迷っているアングラーも多いのではないでしょうか。『初めての遠矢ウキ』というテーマで、汎用性が高く全国の釣り場で使いやすい遠矢ウキを3種類選んでみました。

遠矢チヌスペシャル400-8 5B

堤防でのチヌ狙いはこの1本。しっかりとオモリを打つことができるタイプなので、底取りが基本となる堤防のチヌ釣りに最適。半遊動仕掛けでの使用がお勧めで、海上釣り堀のマダイ釣りにも抜群です。

ITEM
遠矢チヌスペシャル 400-8 5B

遠矢ウキ 0号 小

喰い渋ったチヌ対策の1本で、軽い仕掛けでの這わせ釣りがおすすめです。障害物の際でハリスを這わせて仕掛けを止めておく、テクニカルな釣りが可能。立った仕掛けを嫌う喰い渋った状態でも、ハリスを寝かせてアプローチすることができます。

ITEM
遠矢ウキ 0号 小

遠矢グレ ZF150 中 0号

磯でのグレ狙いに使いたい1本。環付の自立棒ウキは、軽い仕掛けをなじませやすいのが特徴です。ウキが勝手に潮筋に入るので、難しいライン操作なしに仕掛けを張ることが可能。流行の全遊動釣法にも対応し、円錐ウキでは取り切れなかった、小さなアタリも掛け合わせられます。

ITEM
遠矢グレ ZF150 中 0号


遠矢ウキの使い方

遠矢ウキ使い方の画像
撮影:TSURIHACK編集部
遠矢ウキに特別な使用方法はありません。まずはいつもと同じ釣り方で釣ってみましょう。ウキの性能が優れているため、海中の情報が把握しやすく、オートマチックに魚のもとへサシエを届けてくれます。

チヌを狙う

遠矢ウキチヌの画像
撮影:TSURIHACK編集部
海底やシモリを攻めるチヌ狙いでは、遠矢ウキの感度が大きなアドバンテージ。サシエがシモリや海藻に触れるとトップが傾き、海底の障害物を把握できます。

障害物を見つけたら、ややウキ下を浅くして舐めるように流したり、障害物の手前で仕掛けを止めたりして攻略してみましょう。

グレを狙う

遠矢ウキグレの画像
撮影:TSURIHACK編集部
潮筋を釣るグレ狙いでは、遠矢ウキの潮乗りの良さが大きなアドバンテージ。誘いのライン操作を入れてもウキが手前に引っ張られず、潮筋の中でしっかりとコマセとサシエを同調させることができます。

小さなアタリを取ることができるので、厳寒期の深棚狙いにも威力を発揮。中通しの円錐ウキに比べ、仕掛けが立ちやすいので、オモリのうち過ぎには要注意です。

遠矢ウキが魚を連れてくる

遠矢ウキ釣果の画像
撮影:TSURIHACK編集部
『ポイントまでエサを飛ばす・魚の元へエサを運ぶ・アタリを知らせる』この3点がウキの“仕事”で、遠矢ウキは3点すべてが揃ったウキです。遠矢ウキはマニアックなアイテムと思われがちですが、基本性能が高いベーシックなアイテム。使いこなすのに特別なテクニックは必要なく、誰でも使いやすいウキです。本物のウキを手に取ってみてはいかがでしょうか。

遠矢ウキの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!