トリプルインパクトの気になるインプレ!復活した名作ルアーの使い方とは

2019/02/07 更新

2016年にバンタムブランドで復活したトリプルインパクト。発売後から釣果情報が飛び交う話題のルアーです。気になるインプレと、旧トリプルインパクトシリーズとの比較、使い方をまとめて紹介します。

制作者

グランダー三平

三度の飯より釣り好き。幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。釣った魚を食す幸せを伝えたい!

グランダー三平のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:楽天

トリプルインパクトとは

トリプルインパクト
出典:楽天
2016年、シマノのバンタムブランドのルアーとして登場したトリプルインパクト。独特のウォブリング、引き波、プロップから生まれる複合サウンドが大きな特徴となっています。

実はこのルアーのモデルとなっているのが2000年代初頭にリリースされた初代トリプルインパクト。初代モデルはドリームラッシュ(現ニシネルアーワークス)の西根博司氏が開発に携わり、発売後一大ブームを巻き起こしました。

廃盤となった今でも多くのアングラーに愛用されています。バンタム版トリプルインパクトは、初代モデルのDNAを受け継ぎつつ、さらに使い勝手を良くした進化バージョンなのです。
ITEM
シマノ バンタム トリプルインパクト
全長:107㎜
自重:19g

バンタム版トリプルインパクトのインプレ

感想
出典:PIXTA
バンタム版でも人気のトリプルインパクト。発売当初から釣果情報が多数上がってきています。気になるインプレをチェックしてみましょう!

ただ巻きすると何とも言えない良いサウンドと波動がいい感じです。早巻きすると水面直下で艶かしい泳ぎをします。真昼間にどシャローの葦際で派手に喰わせることができました。時々ジャークを入れると良い感じでした。(出典:Amazon)

TOPでただ巻きでものすごくアタックしてきます。朝の時合の時ですが、入れ食いでした。(出典:Amazon)

試しに購入し、釣り場に着いて数投目でヒット。評判通りのいい動き。デイゲームでドカンドカン出る。(出典:Amazon)


初代トリプルインパクト105&120

初代トリプルインパクトには140、130、120、105、85、75、55といった豊富なサイズがあったほか、ジョイントタイプ、リップレスタイプ等多彩なバリエーションが存在しました。

また、ルアービルダーの西根博司氏が手掛けた曲がったボディと、リアルに彫られた顔とウロコも印象的です。発売当初はリアルな造形と衝撃的な釣れっぷりから、売り切れるお店が続出したルアーでした。

中でも基本サイズの120、全モデル中早引きが最も得意だった105サイズは特に人気がありました。

トリプルインパクト105

トリプルインパクト105
制作:TSURI HACK編集部
バンダム版トリプルインパクトのモデルとなったのが、初代トリプルインパクトの105サイズです。シンカーを埋め込んだハイエナリップが特徴的で、当時リリースされていたサイズバリエーション中、最も早引きが得意なモデル。

本場アメリカのトーナメントアングラーにも愛用され、広範囲からバスを探す能力に長けたモデルです。バンタム版ではこの初代105サイズのウエイト設定を見直し、キャスタビリティと早引きした時のバランスを高めています。

トリプルインパクト120

トリプルインパクト120 初代トリプルインパクトでは、120サイズが最初に発売され、そこからサイズやボディ構造違いのバリエーションが展開されていました。

低周波のメトロノームサウンドを出すモデルとノンラトルインサートプレートモデルがあり、フラット気味のボディが生み出すフラッシング、ラトル音、テールプロップのスイッシュ音とパーツがぶつかる金属音等、複合的なアピール力は当時のルアーとしては画期的でした。

他に同じようなルアーが無く、晴天の昼間にビッグバスに口を使わせるなどバスに対するバージンインパクトも凄まじいものがありました。

トリプルインパクトの使い方

トリプルインパクト
出典:Amazon
バンタム版トリプルインパクトは、ただ巻きが基本的な使い方になります。バンタム版ではプロペラやウエイトのセッティングが使いやすく改良されているため、ルアーは速巻きしても潜ることなく、ハイアピールしながら表層を泳ぎ続けてくれます。

またただ泳ぐだけでなくスプラッシュ、引き波、バブルを発生させるのでアピール力は抜群です。また単なるリトリーブだけでなく、トゥイッチ・ジャークを用いることで更に食わせのきっかけを作ることも可能です。

ただ巻き

基本のアクション。広い範囲からバスを探したい時に向く使い方です。トリプルインパクトはただ巻きでも強いアピール力があるため、深いレンジやカバーの中からでもバスをコールアップさせ、バイトに持ち込むことが可能です。

トゥイッチ・ジャーク

ジャークでダイビングさせ、放置して浮上させる縦の動きでアピールするいわゆるリッピングアクション。浮上時にテールのプレートが揺れることで、フラッシング効果を生み、バスの活性が高くない時や縦スト攻略にもってこいの釣り方です。

まや、ただ巻き中にこれらのアクションを組み合わせ、追ってきたバス対して食わせの間を作る事も可能です。

トリプルインパクトで表層を攻略!

リップやボディによるアクション、プロペラによるサウンド、テールのフラッシング等、トリプルインパクトは複合的な要素でバスにアピールが可能なルアーです。使い方も至ってシンプルで、ただ巻きでOK。

とにかく魚を引き寄せる力が強く、食わせの間もオートマチックに演出してくれ、魚を捕るために考え抜かれた高機能なルアーと言えるでしょう。

初代モデルから信頼を集め続けているトリプルインパクトの凄さを、是非手にとって体験してみましょう!

紹介されたアイテム

シマノ バンタム トリプルインパクト
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD