「デニムに墨を刻め!」これがぼくのエギングスタイル。サングラス・ゴアテックス・ベストなど、主要装備を紹介します

2021/12/27 更新

エギングの服装にはみなさん拘っていますか?今回はエギング大好きな私が、実際にいつもフィールドで纏っている装備を紹介します。デニムに付く墨もまた乙ですよ!

制作者

しゅんのすけ

現在は三浦半島をホームとする釣りキチライター。過去にしまなみエリア、九州エリアにも居住しており、現在でも様々な場所で釣りを楽しんでいます。特に好きなのはエギング。全国のイカを追いかけて奮闘中です。

しゅんのすけのプロフィール

...続きを読む


これがぼくのエギングスタイル

エギング 服
こんにちは。エギング大好きしゅんのすけです。今日は、ぼくのこだわりのエギングスタイルを紹介します。

しゅんのすけ
すべてぼくにとって愛溢れるギア達。ぜひ読んでみてください。

ゲームベスト

DAIWA DF-6421 ミリタリーベージュ

ダイワ ゲームベスト

とにかくかっこいいルックス

この見た目とにかくかっこいいです。ぼくは初めて見たとき一目惚れしました。ゲームベストでこのカラーリングは今まで見たことがなく、ミリタリー好きのぼくにとっては衝撃的なカッコ良さでした。

しゃくりなどの動作がやりやすい

このゲームベストはショート丈。調整幅もかなりあるため、普通のゲームベストより圧倒的に動きやすいです。

また、余分なポーチやポケットが無く軽量性に優れ、ランガンにも適しています。収納できるサイズは限定されますが、エギングは比較的荷物が少ないので、このベストの収納力で十分です。

蒸れにくい

ダイワ ゲームベスト
ミリタリーベージュカラーのみ、内側の背面がメッシュ使用。これが思った以上に快適で、普通のゲームベストよりも蒸れにくく、ベストまで濡れてしまったときのも乾くまでが早いです。

コスパ最強

もちろんDカンやプライヤーケース、リングスライダー、ミニポケット、ロッドホルダー、ホイッスルなど基本的な機能は兼ね備えています。

ここまで揃って、実売12,000円ほどで手に入るとは……これは間違いなく“買い”なギアです。

しゅんのすけ
エギンガーだけでなく、ランガン好きのアングラーにもおすすめできるゲームベストでしょう。


ダイワ DF-6421 ライトフロートゲームベスト

浮力:7.5Kg
着丈サイズ(目安):フリー(41cm)

ゴアテックスジャケット

ザ・ノースフェイス マウンテンレインテックスジャケット

ノースフェイス ジャケット
GORE-TEX PRODUCTSの三層構造。機能性とファッション性、着心地のバランスが良い防水浸透ジャケットです。

デザインと着心地のバランスが◎

ノースフェイス ジャケット
本来はレインウェアなのですが、レインウェアの枠にとらわれない防風、防寒シェルとしてのスペックを持ち合わせています。490gと軽量かつコンパクトに収まるので、持ち運びにも便利です。

デザインもさることながら、裏地の肌触り、ゴワつかない生地の柔らかさ、普段着としても着用できる本格的なレインウェアです。

ほしい機能が充実

襟部分に収納できるフードや、フードのフィット感を調整する首元のドローコード、冷気や風の侵入を防ぐアジャスタードローコードなどなど……。

しゅんのすけ
そこはさすがノースフェイス。アウトドアウェアにほしい機能が充実しています。

定期的な手入れは必須

ゴアテックス
ゴアテックスは、海水や汗、泥などの汚れで劣化してしまいます。撥水性や浸透性が低下する恐れもあるので、定期的なメンテナンスをしましょう。

ゴアテックスは大半のものが自宅で洗濯できます。洗濯した後は風通しの良い日陰に干せばOKです。

しゅんのすけ
自分の大切なギアを長く使うためにも、しっかりと手入れしましょう。手入れすることで愛着もどんどん増していきます。




ノースフェイス マウンテン レインテックス ジャケット


サングラス

DAIWA TLX017 トゥルービュースポーツ

ダイワ タレックス
ダイワとタレックスが共同開発した偏光サングラスです。

TALEXは偏光フィルターの製造から最終仕上げまで、全工程の60%を人の手によって品質管理するなど、「見え方」に対する並々ならぬこだわりを感じることができます。

イカがばっちり見える

サングラス
エギングにおいて、イカの追尾や海中のシモリを確認するためにも、偏光サングラスは欠かせません。

このサングラスに採用されている『トゥルービュースポーツ』は、偏光レンズの中でも視界が明るく、光量の少ない時間帯でもイカの追尾や海中のシモリが確認しやすいカラーです。

普段使いもできる

エギ サングラス
釣りやアウトドアだけでなく、普段使い(ドライブ)でもサングラスとして使えてかなり優秀です。

いわゆるスポーツタイプという見た目ではなく、カジュアルなシェイプが普段使いとしても活躍してくれます。

しゅんのすけ
ノーズパッドシールが付属していて、小顔でサングラスが大きいという方も、ずれることなく着用することができるのも良い点です。


ダイワ TLX 017 トゥルービュースポーツ


エギングバック

ヤマシタ エギ王 エギングバッグLB

エギ王 バッグ
エギングマイスターの川上英佑氏が監修した、エギング専用設計のレッグバッグです。

レッグバッグ仕様

レッグバッグ
今までショルダータイプやウエストポーチタイプを使ってきましたが、これを使ってからというもの病みつきです。

シーバスやアジングを楽しみときにもこれを使っています。まず圧倒的に疲れにくいのがメリットです。

ショルダータイプやウエストタイプは、長時間使用すると肩や腰への負担がありましたが、レッグバッグタイプはウエストと太腿の2点で支えるため、上手く負担が分散されます。

しゅんのすけ
ルアーの交換の際も、いちいちバッグを前に持ってくる必要がないので、スムーズにルアーを交換することができるバッグです。

ランガンに最適

ランガン
見た目以上に大容量。ゲームベストを着て、さらにショルダーバッグなどを持ってランガンするのでは、かさばってしまいますよね。Dリングもついているので自分仕様にアレンジできます。

デニム

RESOLUTE 711

デニム
デニム好きの中では「国産ジーンズブランドの頂点」と呼ばれ、織布から、染め、縫製、仕上げの全工程を中国地方の備後地区の職人が作っています。正真正銘のMADE IN JAPANデニムです。

自分だけのストーリーを刻む

デニム
左が3年半履き込んだもの。右は比較的買ってから日の浅いものです。

このデニムは穿けば穿くくほど、体に馴染んでいきます。穿きこむことで色落ちと風合いが生まれ、自分にしか作れない経年変化を楽しむことができます。

例えばエギングの際についてしまったイカ墨や、磯で転んでしまったときの破れやほつれ……全ての自分のストーリーがデニムに刻まれる。

しゅんのすけ
やがて自分だけのデニムに育っていきます。だからぼくはどんなときでもデニムを穿いているのです。それが一番の拘りだったりします。

長靴

TAKAMIYA WAスパイクブーツ TAー1

タカミヤ ブーツ
エギングをする場所は磯が多く、三浦半島には駐車場から約30分も歩く磯もあります。その際スパイクブーツは、欠かせません。

釣果につながる

長靴タイプを選ぶ理由は、濡れることを気にせず、磯を歩いて行けるからです。磯では長靴でないと通れず、入っていけないポイントも存在します。人が踏み入れていない場所、魚がスレていない場所を責めることができるので、結果的に釣果にもつながります。

コスパ良し

スパイクスパイク
このスパイクブーツは、釣具のポイントさんにて、なんと3,800円で購入できます。なのにしっかりとしたラジアルスパイクで、シンプルで履きやすいデザインがいいですね。

凸凹した路面にスパイクがしっかり食い込み、滑りにくく重宝しています。

タカミヤ WAスパイクブーツ


まとめ

エギング 服
釣りのウェアにこだわることも、とても大事なことだと思います。釣果には直接関係ないとしても、自分自身のモチベーションが上げることに、一役買ってくれます。

しゅんのすけ
みなさんも自分だけの釣りスタイルを求めてみてはいかがでしょうか? きっといつもの釣りが何倍にも楽しく感じられますよ!


 
撮影・文:しゅんのすけ

関連記事


紹介されたアイテム

\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD