ぼくの愛用エギングタックル。【1年中使える】軽量リールとロッドで長時間のしゃくりも疲れない!

2022/11/01 更新

愛用エギングタックルをご紹介。タックルの総額は8万円。一見とても高額に感じますが、実際はこのワンタックルが一年を通して使えるため、実質、コスパ最強(?)と思います。ぜひ参考にしてください。

目次

撮影・文:しゅんのすけ

ぼくのエギングタックル

しゅんのすけ

こんにちは。エギング大好きしゅんのすけです!

今日はぼくの自慢のエギングタックルを紹介します。

しゅんのすけ
数々のエギングタックルを使ってきたぼくが、自信をもっておすすめできるタックルです。ぜひ参考にしてみてください。

エギングタックルの総額は8万円

エギングタックル

ロッド、リール、ラインで総額は約8万円です。

8万円と聞くと、「高っ!!」と思う人も多いと思いかもしれませんね。しかし、じつはこれ、結果的にはコストパフォーマンス最強なんです。

しゅんのすけ
なぜなら……季節を問わず春〜秋イカまで、1年通してこのタックル1つで充分だからです。

ロッド

ヤマガブランクス Calista(カリスタ)82M TZ Nano

ヤマガ カリスタ

カリスタはヤマガブランクスのエギングロッドの最高峰に位置する、いわゆるハイエンドモデルです。

カリスタのNANOブランクは、負荷に対して素早く追従し、瞬間的に高い反発力で復元してくれます。

この特性によって、シャクリ時には軽い力でエギをシャープに動かし、ファイト時には素早くデカイカを浮かせるロッドです。

しなやかでありながら芯のある張りがあるので、より軽い力でキャスト、シャクリ、ファイトを楽しむことができます。

しゅんのすけ
なかでもこの番手『82M TZ NANO』は、オールラウンダーであることが持ち味。磯、防波堤、サーフなど幅広いフィールドに対応しくれるので、1年を通して活躍してくれます。

大好きな“ヤマガブランクス”

ヤマガブランクスは山鹿釣具のオリジナルブランドとして、2008年にスタート。ブランクの設計や巻き付けはもちろんのこと、塗装や組み立てまで、全てを自社一貫生産で管理しているという、由緒正しいロッドメーカーです。

ぼくはヤマガさんのロッドが大好きです。それはロッド購入の際、電話窓口の人が親身になって話を聞いてくれたことがきっかけ。

どんなロッド(硬さ・長さなど)を買えばいいか、1時間近くも親身になって話を聞いてくれ、ロッド選びのアドバイスをしてくれました。

しゅんのすけ
おまけに保証期間も2年。そういったカスタマーへのサービスも含め、ヤマガブランクスの大ファンです。やっぱり餅は餅屋、竿は竿屋だと思います。

しゃくりがキレッキレに

このロッドを最初手に取ったときは、「ハリがあるなぁ〜」という印象でした。しかし、しゃくってみて驚き。

軽い力でしっかりと曲がるんです。軽い力でエギをシャープに動かすことができます。

しゅんのすけ
スラックジャークもビシバシジャークも思うがまま。思わず自分が上手くなったと錯覚してしまいました(笑)

とにかく軽く疲れない

ガイド

98gという驚きの軽さです。一日中しゃくっても全然疲れません。

そして2㎏以上のデカイカを獲るためのパワーがありながら、繊細なイカのアタリがわかるほど感度もいいです。

絶妙なレングス

このロッドは8.2ftという絶妙なレングスで手返しが抜群です。ぼく自身、今まで8.6ftや8.4ftや7.9ftのロッドを使ってきました。

総合的に見てとても使いやすく、磯、防波堤、サーフなど、幅広いフィールドに対応していると感じます。

ティップランなど、ボートエギングでも使うことが可能です。4号までのエギを投げられるので、かなり広範囲のルアーを扱うことができます。

しゅんのすけ
シーバスやイナダを狙うときも、このロッドの出番です。

これといった弱点がない

エギングロッド

メーカー曰く、このロッドは「3㎏クラスのレッドモンスターにも対応している」とのこと。繊細さと強さを感じさせるロッドです。

しゅんのすけ
数あるエギングロッドの中でも、飛距離・感度・操作性・強度のバランスに、非常に優れているロッドであると思います。

ヤマガブランクス カリスタ 82M TZ ナノ

全長:8.2ft(248.5cm)
自重:98g
継数:2ピース
仕舞寸法:128cm
適合エギサイズ:2.5〜4.0号
推奨ライン:PE0.6〜1号

リール

20 ルビアス FC LT2500S

ルビアス

コンパクトなボディに遠投性能を向上させたフィネスカスタムモデル。

ZAIONモノコックボディによって、ギアを大きく作れることで剛性、巻取り性能も高いリールです。

『ZAION』とは、高密度にカーボン繊維が織り込まれたカーボン樹脂。

しゅんのすけ
重量比強度でマグネシウムを上回る素材であるため、高剛性かつ軽量、さらに金属と異なり腐食に強い素材です。

155gという驚きの軽さ

とにかく軽すぎて驚きました。

リールを軽くすることで、以前よりも水中の“違和感”感じとることができるようになったのは、大きなメリットです。

エギングは繊細な釣りで、アオリイカのアタリや水中の変化を感じとることが、釣果のカギと言ってもいいでしょう。

しゅんのすけ
なにより軽いので疲れず、1日中しゃくり続けるのも苦ではありません。

軽いのに強い

PEライン

ZAIONモノコックボディは継ぎ目が少なく、サイズに見合わない“剛性”を感じさせます。

軽いリールはどうしてもチープに感じてしまい、強度がない印象を受けるのですが、20ルビアスは全くそれを感じさせません。

ボディはコンパクトですが、ビスを打たず、目一杯の大口径ギアを収納しています。

しゅんのすけ
そのため巻き心地も滑らかで、とても使い心地が良好です。

回転性能が長期間続く

マグシールド(海水や埃などの侵入をシャットアウトする防水構造)のおかげで、軽く滑らかな回転性能が長期間維持されているとうに思います。

しゅんのすけ
使い始めてから約1年たつのですが、滑らかさは変わりません。

価格に対しての性能が高い

ルビアス

いいリールが欲しいけど「ハイエンドはなぁ〜」って人も多いのではないでしょうか。

ぼくもその1人です。なんとこのリール、ここまでの充実装備でありながら、3万円あれば手に入るんです。

正直、今このリールを使っていて、とくに大きな不満もなく大満足しています。

しゅんのすけ
初心者からステップアップしたい方だけでなく、様々なレベルのアングラーに満足してもらえるリールではないでしょうか?

ダイワ スピニングリール 20 ルビアス FC LT2500S

ギア比:6.2
巻取り長さ:87cm
標準自重:155g
最大ドラグ力:5.0kg
標準糸巻量 ナイロン:4lb-150m5lb-120m
標準糸巻量 PE:0.6号-200m0.8号-190m

ライン

ユニチカ EGING SUPER PE Ⅲ  X8

エギング PEライン

現在、ぼくがエギングにおいて抜群の信頼をおいているのが、こちらのライン。

価格が安い

このPEライン、なんと大体2000円くらいで手に入ります。財布に優しいのは嬉しいですよね。

耐久性が高い

このラインの特徴を一言で表すなら、「しなやかで使いやすいライン」です。

しなやかですが、すぐ毛羽だったりぐちゃぐちゃになったりせず、色落ちもしにくいのが評価ポイント。

しゅんのすけ
飛距離も申し分なく、初心者の方から手馴れのアングラーまで、幅広い人におすすめできるラインです。

0.6号がベスト

0.6号

ぼくが0.6号を使う理由は、強度と操作性のバランスがちょうど良いからです。

1号や0.8号に比べ、飛距離も伸びやすく、不要な糸ふけも出にくい。

風や潮の影響を受けにくく、着底〜アタリの感度も良いので、結果的に釣果UPに繋がります。

しゅんのすけ
初心者の方こそ、0.6号を使ってみてください。

ユニチカ キャスライン エギングスーパーPE3 X8 150m

エギング ショックリーダー

シーガー プレミアムマックス ショックリーダー 3号

このリーダーは3号で14lbと、他のフロロリーダーに比べて強度が高いのが特徴です。根がかりの生還率も上がります。

しゅんのすけ
リーダーで迷った方はまずこれを選べば間違いないと思います。参考までに。

クレハ シーガー プレミアムマックスショックリーダー

まとめ

エギング

今回ぼくが紹介したタックルは「1年通して、季節を問わずしゃくり続ける」、そんなストイックなエギンガーにおすすめしたいアイテムです。

しゅんのすけ
エギングタックルで悩んでいる方の“背中を押す”どころか、“タックルする”ぐらいの気持ちでおすすめ(笑) ぜひみなさんも手にしてみてはいかがでしょうか?

 

撮影・文:しゅんのすけ

関連記事