【2021年10月版:現役船長の東京湾レポート】秋シーバス開幕!湾奥サワラ、ワラサは後半戦へ

2021/10/13 更新

【2021年10月版:現役船長の東京湾レポート】しかし10月は秋本番!ようやく安定感のある釣果を望める季節がやってまいりました。ビッグベイトや大型トップウォーターを使ったコノシロパターンの釣り。大型サワラやワラサ、イナダなどの湾奥青物まで。多くの魚が狙える季節です。東京湾の秋を満喫しましょう。


記事内画像・文:アイランドクルーズ船長 須江一樹

東京湾は秋本番


今年の9月は正直言って、難しかったという印象でした。

もちろんサワラやシーバスなどがバックバクの良い日もありました。

しかしながら、季節の変わり目を感じさせる、安定感のなさが目立った9月だったと思います。

しかし10月は秋本番!ようやく安定感のある釣果を望める季節がやってまいりました。

いよいよ始まるシーバスハイシーズン


東京湾の10月。最も注目されているのがシーバスです。

今や東京湾の代名詞ともなったコノシロパターン。ビッグベイトや大型トップウォーターの釣りがついに開幕します。

10月のシーバスにおすすめのルアー

ビッグベイトによるコノシロパターン。

じつはビッグベイトのみで釣りが成立する日もあれば、ビッグベイトが一切通用しない日もあります。

ビッグベイトはもちろん、ミノーやバイブレーションなど、通常のルアーの準備もお願いします。

ITEM
HUミノー 111S #S-02 スエキンキライワシ
全長:111mm 
自重:18.5g


ITEM
アルファタックル クレイジーメタルバイブロング
全長:100mm 
自重:28g 


ITEM
O.S.P ルドラ130S
全長:130mm 
自重:22g 

10月のシーバスにおすすめのルアー(ビッグベイト)

ITEM
ジャッカル ダウズスイマー220SF
全長:220mm 
自重:3.6oz


ITEM
シマノ エクスセンス コノシロペンシル 185F
全長:185mm 
自重:95g 


ITEM
ELEMENTS ダヴィンチ190
全長:190mm 
自重:56g 

青物狙いシーズン後半戦


夏から続く東京湾青物シーズン。いよいよ後半戦です。

後半戦は釣れるポイントが徐々に湾奥方面へ移っていきます。

また、サワラは中々ルアーに食いついてくれないのが、後半戦の特徴です。

しかしながら、魚のサイズも大型化しているため、一匹の価値が非常に高いシーズンと言えます。

10月の青物におすすめのルアー

サワラを始め、イナダやワラサも、ミノー中心のルアーセレクトは依然変わりません。

しかし、今年はベイトサイズが小さいためか、ブレードジグが効果的な場面も多々あります。

ジャーキング用のシンキングミノーと遠投早巻き用ヘビーシンキングミノーに加え、ブレードジグのご用意もお願いします。

ITEM
ジャクソン ピンテール サゴシチューン 28g
全長:90mm 
自重:28g 


ITEM
メガバス マキッパ サワラチューン 30g
全長:-mm 
自重:30g 

シーバスも青物もでかい魚を狙える秋!


待ちに待ったシーバスハイシーズン。

もちろん5キロオーバーのサワラやワラサも、キャスティングで釣れます。

全体的に釣れる魚が大きくなる秋シーズン。自己記録を目指して、秋の東京湾を満喫しましょう。

関連記事


1
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

海なし県出身横浜市在住。ハマっこを言い張る1985年生まれ。横浜アイランドクルーズに船長として所属し、シーバス、マゴチ、ヒラメ、クロダイ、メバル、アジ、タイなど東京湾で釣れるあらゆるターゲットを追い日夜出船しています。趣味は淡水の釣りです。

twitter instagram