オシア カルカッタでジギングが変わる?気になるレビューまとめ!

シマノから発売されているオシアカルカッタの特徴・レビューまとめ!近年人気となっているライトジギングやタイラバを強く意識して作られた本モデルの性能に迫ります!


アイキャッチ画像出典:Amazon

オシア カルカッタとは

オシアカルカッタ
出典:Amazon
オシアカルカッタとは、シマノ社のライトジギング用ベイトリールです。ラインナップは200番と300番の2種類の大きさに対して左右のハンドルと、200番はPGとHGの2種類のギア比があります。

オシアカルカッタは小型青物のライトジギングや、シーバスジギング、太刀魚ジギング、タイラバまでこなせる汎用性のあるリールです。200番台はSVS(遠心)ブレーキも搭載していますのでキャスティングも可能です。

オシア カルカッタのラインナップとレビュー

実際の利用者はオシアカルカッタをどう感じているのでしょうか?各番手毎のレビューをまとめてみました。

オシア カルカッタ200PG(201PG)

ハイギアばかりが注目される昨今ですが、リトリーブの安定感はローギアにしか出せないものです。オシアカルカッタの堅牢製が安定したリーリングを約束します。
ITEM
シマノ  オシアカルカッタ 200PG
ギア比:5.0:1
自重:285g
最大ドラグ力:6kg
巻取り長さ:58cm
PE糸巻量 (号-m):2-200/1.5-290/1-440

シマノの新型だけあって剛性感はすごいあります。


オシア カルカッタ200HG(201HG)

ハイギアのデメリット、リトリーブが重くなる、ギアのかみ合ってるゴリゴリ感が出やすいは過去のものです。X-SHIPがはハイパワーでシルキーな巻き心地を実現しています。
ITEM
シマノ オシアカルカッタ 200HG
ギア比:6.7:1
自重:285g
最大ドラグ力:6kg
巻取り長さ:78cm
PE糸巻量 (号-m):1-440/1.5-290/2-200

タイラバに関してはおそらくベスト!ドラグの滑らかさといい、剛性の高さといい最高。


オシア カルカッタ300HG(301HG)

パワーハンドルを搭載している番手は、多くのライトジギングシーンで活躍する万能機です。ジギングがメインでしたら最初の1台目におすすめの番手です。
ITEM
シマノ オシア カルカッタ 300HG
ギア比:6.0:1
自重:350g
最大ドラグ力:6kg
巻取り長さ:70cm
PE糸巻量 (号-m):2-300/3-200

メタルボディでしっかりした造り、ドラグ操作もし易くとても気に入りました。使い込んでいける1品。



オシア カルカッタコンクエストとは

オシアカルカッタコンクエスト
出典:Amazon
オシアコンクエストは、オフショアライトジギングリールのフラッグシップモデルです。ラインナップは200番、300番の2種類の大きさに対してそれぞれ、右ハンドル、左ハンドルモデルと、PGとHGの2種類のギア比を選べるようになっています。
最大の特徴は、ライトジギングモデルの初めて搭載されたマイクルモジュールギア。良質な撒き心地とハイパワーを実現した、シマノの最新モデルです。

オシア コンクエストのラインナップとレビュー

実際の利用者はオシアコンクエストをどう感じているのでしょうか?その巻き心地のレビューにも注目です!

オシア コンクエスト200PG(201PG)

滑らかさが売りのPGですが、マイクロモジュールギアの恩恵でさらに滑らかになり、全くギア感が感じられないほどのモデルになりました。タイラバ等にベストマッチのリールです。
ITEM
シマノ  オシア コンクエスト 200PG
ギア比:4.8:1
自重:285g
最大ドラグ力:6kg
巻取り長さ:60cm
PE糸巻量 (号-m):2-200/1-440

60オーバーの大鯛やヒラマサを釣り上げましたが、ドラグの安定とスムーズさはさすがです。



オシア コンクエスト200HG(201HG)

キャスティングから、ジギングまでオールマイティにソルトルアーゲームシーンを上質な使い心地でカバーする200HGは、非常に汎用性が高く、高レベルですべての釣りをカバーします。
ITEM
シマノ オシアコンクエスト 200HG
ギア比:6.2:1
自重:285g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:78cm
PE糸巻量 (号-m):2-200/1-440

マイクロモジュールギアの素晴らしい巻き心地を生み出し最高のテクノロジー。オシアコンクエストはシマノ最高級ベートリールと思います


オシア コンクエスト300PG(301PG)

待望の300PGがオシアコンクエストに追加されました。もちろん追加されたのは必要だから。ジギングのアクションの選択肢がPGが追加されたことで広がります。
ITEM
シマノ オシア コンクエスト 300PG
ギア比:4.8:1
自重:340g
最大ドラグ力:8kg
巻取り長さ:65cm
PE糸巻量 (号-m):2-380、3-240、4-170

巻き心地最高です!軽くて持ちやすいので、あまり疲れません。


オシア コンクエスト300HG(301HG)

マイクロモジュールギアのメリットを最大限に生かせるモデルが300HGです。ハイギアながら上質な巻き心地とパワーで大型魚も難なくいなします。
ITEM
シマノ  オシアコンクエスト 300HG
ギア比:6.2:1
自重:345g
最大ドラグ力:7kg
巻取り長さ:70cm
PE糸巻量 (号-m):2-380/3-240/4-170

80cmのヒラスが簡単に上がって来ます、巻き心地がジグの重さが気にならない位軽い。


ライトジギングにはオシアカルカッタ&オシアコンクエスト

シマノのライトジギングリール、オシアカルカッタとオシアコンクエスト。廉価版とハイエンドモデルという位置づけのモデルですが、それぞれに特徴があり、状況によっては廉価版のオシアカルカッタの方が活躍する場面もあるはずです。オフショアソルトゲームに、是非セレクトしてほしいリールです。

オシアカルカッタ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
SETTU
SETTU

釣り大好き!でも下手くそなSETTUです!僕の釣り人生は下手の横好きのど真ん中です!下手くそだって一生楽しむことのできる「釣り」の素晴らしさを頑張って伝えていきたいと思います!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!