アブガルシアのベイトリールおすすめ20選

2022/05/27 更新

老舗リールメーカーのアブガルシア。アブガルシアには数多くのベイトリールがラインナップされています。今回は数々のアブガルシアベイトリールの中から20種類をご紹介。ベイトフィネスのライトな釣りから大物相手のパワーゲームまで対応する、アブガルシアのベイトリールをチェックしていきましょう。

制作者

S.fisher

釣り歴20年以上、バスとソルトルアーをメインに楽しむ元釣具屋。道具の選択から釣り方に至るまで、深く考えながら釣りをするのが好きです。餌釣りに関する知識と経験もあり、幅広い分野の総合知識をもとに情報を発信しています。

S.fisherのプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像出典:Amazon

アブガルシアのベイトリールの特徴

アブのレボシリーズ
出典:Amazon
アブガルシアはスウェーデン発祥のリールメーカーで、現在は「ピュア・フィッシング」が有するフィッシングブランドの一つです。

アンバサダーとレボ
今もなお根強いファンの多いambassadeur(写真手前)と現行の人気シリーズであるREVO(写真奥)
アブのベイトリールと言えば、古くはアンバサダーシリーズが有名でしたが、現在はレボシリーズを主力製品とし

ベイトフィネスリールやギア比10のスーパーハイギアリールなどをいち早くリリースするなど、マーケットのトレンドをリードしています。

現行のアブガルシアリールには、次のようなテクノロジーが採用されています。

選べるブレーキシステム

遠心力ブレーキならシマノ、マグネットブレーキならダイワといったイメージがある中で、アブガルシアは独自のインフィニブレーキシステムといった遠心&マグのハイブリッドブレーキ等、特徴的なブレーキシステムを採用しています。

遠心のみ、マグのみといったモデルもあり、ブレーキシステムの種類が豊富です。

デュラメタルフレーム

デュラメタルフレームは多くのアブガルシアベイトリールに採用されているアルミニウム製のフレーム。淡水はもちろんソルトシーンでも使える安心感があります。

アルミは重いといったイメージがありますが、アブガルシアでは強度を落とさずに軽量化を実現しています。

Salt Shield TM ピニオンベアリング

Salt Shield TM ピニオンベアリングは、撥水コートを内部外部全体に施したベアリング。

ベアリングの不具合要因で一番多い「塩ガミ」を激減させ、耐久性・回転性能の維持を実現しています。

アブガルシア“注目”のベイトフィネスリール

ロキサーニBF8の画像
撮影:TSURI HACK編集部
アブガルシアでまず注目したいのがベイトフィネスリール。低価格帯のものから、ソルトルアーでの使用に適したモデルまで、豊富なラインナップがあります。ここでは5機種のアブガルシアベイトフィネスリールをご紹介します。

ロキサーニ BF8

各社がラインナップしているベイトフィネスリールの中でも、特に価格が抑えられているリールです。1万円前半で手に出来るにも関わらずベイトフィネス完全対応で、自重185グラムと軽さも際立っています。

ベイトフィネスに初挑戦する人はチェックしておきたいモデルです。

ITEM
アブガルシア ロキサーニ BF8
ギア比:8.0:1
自重:185g
最大ドラグ力:5.5kg
巻取り長さ:83cm
ナイロン糸巻量(lb-m):8-100/10-80

3gのジグもバックラッシュすることなく投げることができる。ソルト対応なので塩がみを気にすることもない。上位機種よりやや重いとは言え、185gという重量も魅力である。缶コーヒー1本分しかないため釣行が長引いても腕が疲れない。性能よし、重量よし、価格よし。 コスパ最強の素晴らしいベイトリールである。


REVO LT7

バス、ソルト、トラウトと使用シーンを選ばないハイコストパフォーマンスモデル。8ポンド100メートルの糸巻き量があるので、糸巻き量をある程度必要としたい人におすすめです。

ギアボックス前方にルアーキーパーがある、ちょっとしたところにも実践的機能が盛り込まれた注目のリールです。

ITEM
アブガルシア REVO LT7
ギア比:7.1:1
自重:166g
最大ドラグ力:5.5kg
巻取り長さ:71cm
ナイロン糸巻量(lb-m):8-100/10-80

ノーシンカーから軽量シャッドなどのバスのベイトフィネスをカバーできます。回収巻きしたときのハンドルのガタつきは気になりますが、巻きよりはステイ、ロッドアクションの釣りにしか使わないのでそこは我慢できます。ガンメタっぽい外観は渋くてかっこいいです。


レボウルトラキャスト BF8

ソルトルアーでのベイトフィネスに完全対応する、ギア比8.0のハイギアモデル。ギア比の高さに加え、ハンドルの長さを90ミリとしてあることで、素早く力強い巻上げを可能としてあります。

ライトロックフィッシュ、マイクロショアジギング、バチコンアジング等、活躍の場は多いことでしょう。

ITEM
アブガルシア レボウルトラキャスト BF8
ギア比:8.0:1
自重:175g
最大ドラグ力:7kg
巻取り長さ:80cm
ナイロン糸巻量(lb-m):8-50/10-40

REVO ALC-BF7

アルミフレームを採用しながら、自重141グラムを実現した強度と軽さを両立させてあるリールです。本製品のように自重が軽く、かつ実売2万円以下で購入出来るベイトフィネスリールは各リールメーカーを見ても見当たらないので、かなりお買い得感があります。

ITEM
アブガルシア REVO ALC-BF7
ギア比:7.1:1
自重:141g
最大ドラグ力:7kg
巻取り長さ:71cm
ナイロン糸巻量(lb-m):8-50/10-40

軽さ、剛性、使い勝手、飛距離何を取ってもピカイチです。ブレーキセッティングに少々慣れが必要ですがしっかりセッティングが決まると3gくらいなら快適に飛ばせます。ラインの太さの関係でそれ以下は投げていませんがおそらく1.5gくらいでも投げられるのではないかと思います。


REVO LTX-BF8

現存する各社ベイトリールの中で、最軽量となる自重129グラムを実現したとにかく軽いリール。軽さは感度向上や疲労感軽減につながり、魚の小さなアタリを捉えたり、正確なキャストを長時間続ける事等に貢献します。

トップトーナメンターの青木プロや小森プロが使用していることからも、その軽さをはじめとした性能の高さが分かります。

ITEM
アブガルシア REVO LTX-BF8
ギア比:8.0:1
自重:129g
最大ドラグ力:5.5kg
巻取り長さ:80cm
ナイロン糸巻量(lb-m):8-50/10-40

REVO史上最軽量129gのベイトフィネスリールとうたって登場しただけあって持った感じはとても軽いです。前回のLTXよりボディもコンパクトになっており手の小さい方でも無理なくパーミングできると思います。ギヤ比は8.0:1のハイスピード設定となっていて回収スピードも相当速いです。


アブガルシア“注目”のベイトリール

アブガルシアは一般的なベイトリールのラインナップも豊富。バーサタイルに使えるモデルから、超高速回収・パワーゲームに適した強靭なモデルまで勢揃いしています。もちろん初心者向けのものからラインナップされているので、自分にぴったりな1台が見つけられるでしょう。

プロマックス

ギア比7.1でハイスピードな巻上げを活かした釣りが展開出来る、低価格なベイトリール。Magtraxブレーキシステム搭載で、初心者でもバックラッシュしにくいようにしてあります。

マキモノのハイテンポな釣りや、テキサスリグ・ラバージグでのカバー撃ちをはじめ、どんな釣りでも使いやすいリールです。

ITEM
アブガルシア プロマックス
ギア比:7.1:1
自重:207g
最大ドラグ力:5.5kg
巻取り長さ:74cm
ナイロン糸巻量(lb-m):14-130/16-115/20-90

これからベイトリールを始めたいやステップアップに使いたいサブで持ちたい大事に使っていきたいなどでもどちらの方にでもお勧めできるリールではないでしょうか。


ブラックマックス

アブガルシアのベイトリールにおいて実売価格ベースで最も安く手に出来る、初心者におすすめの製品です。安いといっても自重202グラムと軽量で、φ33mm アルミマシンカットスプールを搭載しているので、使用ルアーの幅もかなり広いです。

初めて手にするベイトリールとしては最適な製品ではないでしょうか。

ITEM
アブガルシア ブラックマックス
ギア比:6.4:1
自重:202g
最大ドラグ力:6kg
巻取り長さ:66cm
ナイロン糸巻量(lb-m):14-130/16-115/20-90

僕が初めて買ったベイトリール がこのリールでした。このリールは5千円前後で買えるにも関わらず、かなり細かなブレーキ設定までできて、初心者にはもったいないくらいでした。もちろんブレーキ設定をすれば、バックラもそうそう起こらないし、かなりいいと思います。ただ、PEラインを使った時は、かなりバックラしました。初心者にオススメ!


ZENON MG7

アブガルシアのフラッグシップベイトリール。搭載される大口径ギアには軽量で強度にも優れた超々ジュラルミン製を採用。非常に高い剛性感で、心地の良い巻き心地を実現しています。

その他、左右非対称のサイドプレートやピニオンサポート構造など、アブガルシアの拘りが詰まったフラッグシップモデル。

ITEM
アブガルシア ZENON MG7
ギア比:7.5:1
自重:135g
最大ドラグ力:4kg
巻取り長さ:71cm
ナイロン糸巻量(lb-m):12-100/14-85/16-75

レボ SX

ビッグベイトやカナダモドームのパンチングのような、ハイパワーな釣りにおすすめの1台です。最大ドラグ力が11.1キロと高く、ヒットした魚をドラグを引き出さずパワーで引き抜いてくることが可能です。

大口径ブラスギアやアルミニウム製のフレームの採用で、ギアやボディの強度はもちろん安心です。

ITEM
アブガルシア レボ SX
ギア比:6.6:1
自重:222g
最大ドラグ力:11.1kg
巻取り長さ:68cm
ナイロン糸巻量(lb-m):14-130/16-115/20-90

レボX

パワーゲームを中心とした使用を考えていて、かつギア比の選択幅を広げたいならレボXがおすすめです。

大口径ブラスギヤやX-Crafticアルミフレーム、90ミリクランクハンドルにビックフラットノブを搭載し、耐久性は抜群。ギア比は5.4、6.6、7.3がラインナップされていて、必要とする巻上げパワーや回収スピードに合わせて選択出来ます。

ITEM
アブガルシア レボX
ギア比:6.6:1
自重:224g
最大ドラグ力:8.1kg
巻取り長さ:68cm
ナイロン糸巻量(lb-m):14-130/16-115/20-90

ロキサーニ7・8

カッティングエッジデザインやカーボンハンドルの採用で、同価格帯ではトップクラスの軽さ自重188グラムを実現しているリールです。

ロキサーニ7・8では、バーサタイルなギア比7.1と、ワーミングにおすすめのギア比8.0をラインナップ。ベイトフィネスモデルのロキサーニ BF8も揃えれば、ベイトタックルでの釣りを幅広く網羅出来ます。

ITEM
アブガルシア ロキサーニ7
ギア比:7.1:1
自重:188g
最大ドラグ力:5.5kg
巻取り長さ:74cm
ナイロン糸巻量(lb-m):12-120/14-100/16-85

アブガルシア が好きで買いました いいリールでした


REVO ELITE8 IVCB

外側のダイヤルで調整可能なIVCB-6L遠心力ブレーキシステム搭載のベイトリール。ピッチング等の短い距離で、細かなブレーキ調整の必要がたびたび起こるシーンに適しています。

自重も177グラムと軽く、何百・何千とキャスト回数が重なっても疲労感は溜まりにくいです。

ITEM
アブガルシア REVO ELITE8 IVCB
ギア比:8.0:1
自重:177g
最大ドラグ力:10kg
巻取り長さ:83cm
ナイロン糸巻量(lb-m):12-120/14-100/16-85

ロキサーニ パワーシューター

カバー攻略のバス釣りや、岩礁帯における大型ロックフィッシュ狙いにおすすめのリール。長さ95ミリ・厚さ4ミリのクランクハンドルに、がっちり握れるラウンドEVAハンドルノブを搭載しているので、力を思いっきり込めて巻き取ることが可能です。

ヘビーウエイトのルアーでパワーゲームを楽しむなら、このリールを使ってみてください。

ITEM
アブガルシア ロキサーニ パワーシューター
ギア比:8.0:1
自重:242g
最大ドラグ力:7kg
巻取り長さ:88cm
ナイロン糸巻量(lb-m):16-125/20-100

使っていると、 40upもすんなりとあがってきますし、50upも簡単にあがっできます。しかも、ドラグ音もなってとても使いやすいです。


REVO BLACK10

REVO BLACK10は、ギア比10を超える未開の領域へと初めて足を踏み込んだリールです。ギア比10.1で巻取り長さはなんと105センチ。ヒットした魚をいち早く障害物から引き離したり、ラインスラックを素早く巻き取れることで速く力強いフッキングが可能となります。

ハードルアーやフロッグを使ったシャローに潜むバス狙いのハイスピードゲーム、テキサスリグでのロックフィッシュ攻略におすすめです。

ITEM
アブガルシア REVO BLACK10
ギア比:10.1:1
自重:245g
最大ドラグ力:8kg
巻取り長さ:105cm
ナイロン糸巻量(lb-m):14-115/16-100/20-80

レボ ビースト

ビースト=怪物級の大型魚を釣るためのリール。ベイトリールでは規格外と言える30ポンドライン100メートルの糸巻き量、最大ドラグ力14キロを備えています。

国内においてはビッグバスや雷魚、ナマズといった魚で活躍。海外の怪物魚とも渡り合えるパワーを兼ね備えています。

ITEM
アブガルシア レボ ビースト 40
ギア比:5.8:1
自重:270g
最大ドラグ力:14kg
巻取り長さ:68cm
ナイロン糸巻量(lb-m):20-150/25-115/30-100
PE糸巻量(号-m):5-120/6-100/7-80/8-70

ビッグシューターコンパクト

頑丈で錆にも強い、だけどコンパクトに握れるビッグシューターコンパクト。2018年にモデルチェンジした現モデルでは、ギア比7.3と8.0を釣り方に合わせて選択可能となっています。

スプールは糸巻き量20ポンド100メートルですが、φ33ミリでルアーウエイトの対応幅は広いです。ビッグバスやロックフィッシュ狙いでぜひ使ってみてください。

ITEM
アブガルシア ビッグシューターコンパクト7
ギア比:7.3:1
自重:250g
最大ドラグ力:70kg
巻取り長さ:76cm
ナイロン糸巻量(lb-m):16-125/20-100/25-80

ソルティーステージ コンセプトフリー

替えハンドル&替えスプール付きの珍しいタイプのリールです。シングルハンドル&深溝スプールはライトジギングに、ダブルハンドル&浅溝スプールはタイラバやイカメタルにといった使い分けが可能。

オフショアで様々なターゲットを狙いたい人必見のリールです。

ITEM
アブガルシア ソルティーステージ コンセプトフリー
ギア比:6.4:1
自重:220g
最大ドラグ力:7kg
巻取り長さ:66cm
PE糸巻量(号-m):1.5-200

REDMAX船3

タイラバをはじめ、マルイカ釣りやカワハギ釣りでも人気の船用リール。120ミリロングハンドルは負荷の大きな重たいタイラバや仕掛けの回収も楽々行えます。価格はかなりお手頃なので、これから船釣りに挑戦する人におすすめです。

ITEM
アブガルシア REDMAX船3
ギア比:7.1:1
自重:222g
最大ドラグ力:5.5kg
巻取り長さ:74cm
PE糸巻量(号-m):1-200

船釣りや、おかっぱからのキャスティングに使っています。同じ物を使っていますが、今回2個目購入です。


MAX DLC

アブガルシアで初めてデジタルカウンターを搭載したリールです。手元で水深をチェックしながら釣りが楽しめ、タイラバやイカメタルのようにバーチカルに誘って釣る釣り方に最適。

ハンドルは60ミリ・70ミリの2ポジションで使い分け出来るので、釣り方や自分の好みによって調整してみてください。

ITEM
アブガルシア MAX DLC
ギア比:5.8:1
自重:220g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:60cm
PE糸巻量(号-m):1.5-200

Ambassadeur 5600 FACTORY TUNED

ライギョマンに人気の高い5600CAのファクトリーチューンモデル。サムバー式クラッチ パーミングカップを搭載したモデルは、ファクトリーチューンモデルで初となっています。

昔ながらのポリッシュノブや各種デカール・クレストマーク、付属されているマイナスビスへ交換可能といった点は、古くからルアー釣りを楽しんでいる人には堪らない仕様ではないでしょうか。

 

ITEM
アブガルシア Ambassadeur 5600 Amb 5600CA Factory-tuned Black
ギア比:5.3:1
自重:357g
最大ドラグ力:8kg
巻取り長さ:65cm
ナイロン糸巻量(号-m):4.5-185/6-145
PE糸巻量(号-m):5-140/6-120

アブガルシアをお試しあれ!

出典:Amazon
アブガルシアのベイトリールはアンバサダーのイメージ等もあり、コアなアングラーが使っているものと感じている方もいらっしゃるかもしれません。しかしベイトフィネスリールにいち早く注目したり、ギア比10以上のベイトリールを業界で初めて発売する等、最新のフィールド事情に合わせたリールを展開しているメーカーです。

これまでシマノやダイワのリールしか使ったことがない人も、一度アブガルシアのベイトリールを使ってみてはいかがでしょうか?

関連記事


紹介されたアイテム

アブガルシア ロキサーニ BF8
アブガルシア REVO LT7
アブガルシア レボウルトラキャスト BF…
アブガルシア REVO ALC-BF7
アブガルシア REVO LTX-BF8
アブガルシア プロマックス
アブガルシア ブラックマックス
アブガルシア ZENON MG7
アブガルシア レボ SX
アブガルシア レボX
アブガルシア ロキサーニ7
アブガルシア REVO ELITE8 I…
アブガルシア ロキサーニ パワーシュータ…
アブガルシア REVO BLACK10
アブガルシア レボ ビースト 40
アブガルシア ビッグシューターコンパクト…
アブガルシア ソルティーステージ コンセ…
アブガルシア REDMAX船3
アブガルシア MAX DLC
アブガルシア Ambassadeur 5…
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

この記事のキーワード