としまえんフィッシングエリアを実釣解説|これでボウズは無しだ!

2020/01/10 更新

都心からのアクセスが抜群で、池袋駅から13分でいける「としまえんフィッシングエリア」。そんな、としまえんフィッシングエリアの釣り場・攻略法・おすすめルアーを詳しく解説します!


アイキャッチ画像提供:佐藤稜真

都心でガチな釣りができるだと?


釣りに行きたいんだ! しかも本格的なやつ!

だけど、釣り経験がなかったり、道具が揃ってなかったり……。

そんなあなたに、とっておきの釣り場をご紹介しましょう!

ユートピアはとしまえんに。


池袋から電車で14分の場所に楽園は存在します。その名は「としまえんフィッシングエリア」。

夏場に子供たちで賑わっていたプールが、9月下旬から5月のゴールデンウィークまで、本格的な釣り場に変わるのです。

今回の案内人

佐藤稜真

中学生の頃からカタログのスペックを暗記するほどのリール好き。

関東のフィールドでのエリアトラウト・シーバスフィッシングをメインにしている。

駅から徒歩4分19秒(実測)


としまえんの敷地は駅と隣接しています。駅を降りると入園ゲートが並んでいますが、入らずにゲートの左側へ。


看板を発見! 矢印の方向に進むと……


また看板が。小さな坂を登ります。


坂を登るとウォータースライダーが。


夏には大活躍だったであろうウォータースライダーをくぐり、進みます。


一気に開けて、釣り場が見えてきました!


緑の柵に沿って歩いていくと……


受け付けに到着! 駅から受付まではたったの4分19秒でした!

プールで魚釣り

釣り券を購入


まずはカウンターで釣り券を購入します。料金は1時間、2時間、3時間、6時間で分かれています。

ルアー釣り・フライフィッシングをしっかりと楽しみたい方には、3時間以上がおすすめです!

▼料金はコチラ
【土・日・祝祭日】
1時間一般      1,200円
女性・高校生  1,000円
シニア・子供   800円
2時間一般      2,400円
女性・高校生  2,000円
シニア・子供  1,600円
3時間一般      3,000円
女性・高校生  2,400円
シニア・子供  1,800円
6時間一般      4,200円
女性・高校生  3,300円
シニア・子供  2,500円
【平日】
1時間一般      1,100円
女性・高校生   900円
シニア・子供   700円
2時間一般      2,200円
女性・高校生  1,800円
シニア・子供  1,400円
3時間一般      2,700円
女性・高校生  2,000円
シニア・子供  1,600円
6時間一般      3,600円
女性・高校生  2,600円
シニア・子供  2,100円

「釣り具・ルアーは現地調達でも大丈夫!」と、自信を持って言えるほどの充実度。

万一、忘れ物をしてきても安心です。


ルアーだけでなく、お菓子やカップ麺なども売られています。


お子さま用のライジャケも貸し出しもあり、家族で安心して釣りを楽しむことができます。

こんな魚が釣れる


としまえんで釣れる魚は、ニジマス・イワナ・ブルックトラウト・ブラウントラウト・タイガートラウト・イトウ・アマゴ・練馬サーモンの合計8種類。

その中でも、としまえんの名物が練馬サーモン。練馬サーモンとは、三倍体のニジマスのことで60センチ以上の大きさになります。

また、脂がのっていて食味の良さも人気の理由です。しかし、釣り上げるのは少々難しく、よく釣れるのはニジマスです。

釣り場紹介

としまえんフィッシングエリアでは、3つのプールで釣りを楽しむことができます。

プールごとに特徴が異なるので、それぞれのプールを解説します。

アマゾンエリア


アマゾンエリアは流れるプールで、区画によってルアー・フライ・エサと、できる釣りが分けられています。

釣れる魚は、レギュラーサイズ(25〜30センチ)のニジマスが主体です。所々に水車が設置されており、その周りに魚が集まる傾向に。

ただし、近づきすぎると仕掛けやルアーが巻き込まれてしまうので注意してくださいね。

ナイアガラエリア


こちらの四角いプールが、ルアー釣り専用のナイアガラエリア。アマゾンエリアと同じく、レギュラーサイズのニジマスがメインです。

真ん中付近の噴水の周りに魚が集まっています。初めての方は、まずナイアガラエリアから始めてみるといいでしょう。

ミシガンエリア


一番奥にあるのがミシガンエリアで、練馬サーモンなどの大型魚が放流されていますが、レギュラーサイズの魚はかなり少なめ。

手前が浅くて魚が奥にいるので、長靴を履いてプールに入りながら釣りをすることになります。

ルアーとフライ専用のプールで、週替わりにルアーゾーンとフライゾーンが入れ替わります。難易度は高めだと思ってください。


実釣してみた

2019年12月後半に実釣した際の模様をお届けします!

アマゾンエリア

まずはアマゾンエリアで竿を出してみることに。

水車が配置されているため、プールといえどしっかりと流れがあります。

この日は、流れが強いところよりも、少し離れた落ち着いたところに魚がついていました。

ロデオクラフト「ノア 1.5グラム」をゆっくり巻いていた、編集部しみけんがニジマスをキャッチ!

スプーンのカラーは赤金系でしたよ。

ナイアガラエリア

としまえんフィッシングエリアの画像
続いてはナイアガラエリアに。シーズン序盤は透明度が高いのですが、すでに水は濁っていました。

噴水の周りに魚が着いているので、その周辺を目掛けてスプーンを投げると……

としまえんフィッシングエリアの画像
見事にヒット! ルアーは「ノア 1.5グラム」のグリーン系カラーでした。

カラーチェンジのたびにアタリがあったので、スプーンのカラーは複数色用意しておくのがおすすめ。

そうこうしていると、またしても編集部しみけんの竿が曲がっています!


上がってきたのは、40センチクラスのイワナです。

スプーンは「ノア 1.5グラム」の赤金系カラー。しみけん曰く、「としまえんは派手目のカラーがいいような気がする」とのこと。

ミシガンエリア

としまえんフィッシングエリアの画像
最後はミシガンエリアで練馬サーモンに挑戦します。

この日は通称「お立ち台」という長靴不要の場所から狙ってみました。魚が着いているポイントは、奥の噴水周辺です!

しかし、残念ながらアタリはありませんでした。大きな魚はなかなか簡単に釣れてくれません。


4月に釣行した際は、編集部イシカワが見事に練馬サーモンを仕留めていました。

ヒットルアーは「ノア 1.8グラム」でしたが、飛距離を出すために2グラム以上のスプーンを持っていくのがおすすめですよ!

攻略法はこれだ!

時間帯

としまえんフィッシングエリアの画像
時間帯は朝イチがもっとも期待大。特にルアー釣りの場合、昼になると魚の反応が悪くなって難易度が高めになります。

金曜日に魚を放流するので、土曜日の朝イチがベストです。平日だと月曜日が良いと思います。

おすすめルアー


ルアー釣りをするときは、1.5グラム程度の軽いスプーンか、小さなクランクベイトがおすすめです。

としまえんで高実績のルアーを3つピックアップしました!

ITEM
ロデオクラフト ノア 1.5g


スプーン選びで迷ったら、ノアを選んでおけば間違いなし! 派手な色と地味な色を揃えてみてください。

ITEM
ティモン ちびパニクラDR


ルアーが泳ぐギリギリのスピードでゆっくり巻くのがおすすめ。スプーンで釣れない時に使ってみてください。

ITEM
ザクトクラフト セニョールトルネード スリム


トラウト界では「反則」と言われることもあるルアーです。ゆっくり巻くだけで簡単に釣れてしまいます。


エサ釣りもやってみた

としまえんフィッシングエリアの画像
アマゾンエリアでエサ釣りにも挑戦してみました。

受付で竿と仕掛けのセットをレンタルするので、手ぶらで釣りを楽しめますよ。

※エサ釣りは、レンタルタックル以外使用できません


エサとなるのはイカ。小さく切って針につけます。


ものの数分でヒット! 簡単に釣れるので、釣り未経験の方でも楽しめますよ。

その場で食べられる!


土・日・祝日は、魚焼き場が解放されます。釣った魚をその場で食べることもできちゃうんです!

ハサミと流し台があるので、内臓を取り除いて持ち帰ることもできます。これは嬉しい!


こちらが以前の取材で編集部イシカワがキャッチした練馬サーモン。

練馬サーモンを食べたくて、としまえんに通っている人もいるみたいですよ。

としまえん楽しすぎ!


都心からのアクセスが抜群のとしまえんフィッシングエリア。

手ぶらでも釣りをしっかり楽しめ、魚を食べることもでできる。釣りの醍醐味をガッツリ体感できる釣り場です。

首都圏に住まれている方は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか!
画像提供:佐藤稜真

関連記事


紹介されたアイテム

ロデオクラフト ノア 1.5g
サイトを見る
ティモン ちびパニクラDR
サイトを見る
ザクトクラフト セニョールトルネード ス…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
としまえんフィッシングエリアの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
佐藤 稜真
佐藤 稜真

某リールチューンメーカー在籍時、年間100台以上のリールをメンテナンスしていた経験を持つリールマニア。TSURIHACK TVへの出演、個人チャンネル「リールマニア/ Reel Mania」で活動中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!