冬の東京湾シーバス

【プロが語る】冬の東京湾シーバスの攻略法!冬こそビックワンを釣るチャンス

全国的に見れば、オフシーズンとされる冬のシーバス釣りですが、ここ東京湾は、釣れる要素さえ重なれば、『数・サイズ』ともに高釣果を出すこともできる“オンシーズン”です。今回はBlueBlue 高橋 優介が冬の東京湾の攻略法やポイント選びのコツを紹介します。

目次

【冬の東京湾】要点を抑えれば、ビックワンが期待できる!

冬の東京湾シーバス

冬のシーバス釣り。全国的に見れば “オフシーズン” とされる季節ですが……。

ここ東京湾は冬でも、“数・サイズ”ともに釣果を出すこともできる“オンシーズン”

今回は、そんな東京湾で冬シーバスを釣り上げるためのノウハウをお届けしたいと思います。

筆者について

View this post on Instagram

A post shared by 高橋優介 (@yuusuke__takahashi)

高橋 優介

房総半島出身。東京都在住。「BlueBlue」のテスター。

現在は海のルアーフィッシングのプロとして活動中。シーバスからオフショアのビッグゲームまで様々な釣りを行う。

釣れる/釣れない場所が二極化している

冬の東京湾シーバスの基本

東京湾と一口に言ってもポイントは、東京・千葉・神奈川に渡る幅広い範囲。

実際に東京湾近郊のイベントでアングラーの皆様から話を伺うと、「冬になると釣れない」という人と「冬の方が釣りやすくなる」という人に二極化しています。

それは恐らく“メインとしているフィールド”による違いでしょう。冬のシーバスは他のシーズンと異なり、釣れる場所が限られてくるのです。

釣れる場所が限られてくる理由

冬の東京湾シーバス実釣写真

水温低下

1つの要因として水温低下が考えられます。

特に雨や気温の影響が大きく出る大河川では水温が10℃を下回り、シーバスだって寒い所には居たくないし居られない。

人間と一緒で寒い時は「暖かい場所」を求めて移動するわけです。

もう一つの要因「産卵」

産卵場所については諸説言われていますが、確実に言えるのは冬になるとシーバスは東京湾を南下するという事です。

単純にシーバスと一緒に人間も南下すればシーバスと出会える可能性はグンと高まります。大半は深場に行ってしまいますがそれでもかなりの数が浅場にいる事も。

行動パターンから釣れる場所を絞り込む

コタツを求めるシーバス

冬の東京湾シーバスのポイント

出典:PIXTA ※コタツとなりうる温排水がある工業地帯周りも狙い目

人間にとって冬の癒しと言っても良い“コタツ”。同じようにシーバスもコタツを求めて行動しています。

シーバスにとって“コタツ”となりうる場所はどこ?と考えたときに1番に思いつくのは『温排水』です。

暖かい時期はシーバスの姿一つ見なかったのに冬になったらシーバスの大群がいる!なんて事も珍しくありません。

そして温排水までいかなくとも、『川より暖かい海』『沖から温かい水が押し寄せてくる上げ潮』の方が釣れるというのは、冬の良くあるパターンです。

風向きで接岸するタイミングを読む

冬の東京湾シーバスは風向きが重要

冬は多くのシーバスが沖に出てしまいますが、その魚たちが接岸する1つのキーとして『風』があげられます。

大事なのは風向き。『海から丘に吹いている風』であることが重要です。釣りは向かい風となりやりにくいですが、風によってベイトが寄せられやすく、沖に出たシーバスが接岸するきっかけが生まれます。

またこのような風向きの時は、うねりや濁りが発生しやすくなり、透明度の高い冬の海でもルアーで食わせやすくなるというメリット生まれます。

東京湾の冬シーバスを狙う時のポイント

大きなルアーを使う

冬の東京湾シーバスのポイント(ルアー)

☝️冬の東京湾にてBlueBlue ゼッパー140Fでの釣果。大型ファットボディーのほうが反応が良い時もある

冬のシーバス釣りのメリットとしてサイズが良い事があげられます。数釣りは難しくなりますが、断然大型の確率が高いのが冬です。

特にメインベイトがコノシロやボラになっている事も多く『大きいルアーで大きい魚を釣る』事が可能です。

間違いなく楽しい季節。寒さで家に引きこもっている場合ではないですよ!!(笑)

意外な釣り方も○

冬の東京湾シーバスのポイント(釣り方)

☝️真冬の東京湾奥河川でワームのボトムパンプで釣った1尾

真冬の東京湾奥でひっそり起こっている『ハゼパターン』や荒川等の『大河川の流心に残る魚』を狙った釣り。

他にも『運河のボトムドリフト』……などなど、やってみると意外と釣れるのが東京湾のシーバス釣り。

色々なパターンがあり、正解は1つではありません。

冬の東京湾は『水温 / ベイト / 風』がカギとなる

冬の東京湾シーバス釣果写真

どの季節においても重要な要素である『水温 / ベイト / 風』。

特に冬の東京湾では、これらの要素による影響が色濃くなります。

寒く辛い時期ですが、釣り人が少なく大型魚も期待値も高いシーズン。頑張ってフィールドに通い、爆釣パターンを見つけてみてください。

関連記事