【釣りエサ革命か】ボンドベイトの実釣力が半端ない!虫エサが苦手な人にもオススメです

2019/09/19 更新

虫エサは苦手だけど、エサ釣りはしたい。という方に朗報です。乾燥イソメなる製品を発見しました。というわけで、今回は乾燥イソメ=ボンドベイトを実釣インプレ!願いを言えば、ワームより釣れて、虫エサのデメリットがまるでないもの。果たしてその実釣力はいかに!?


アイキャッチ画像提供:釣り好きまっちゃん

ボンドベイト


今回使用するのは何と本物のイソメをフリーズドライさせた”ボンドベイト”というアイテム。

肉食熱帯魚や小動物のエサとして、そして釣りエサとしても販売されているみたいです。

いざ開封


恐る恐る開封してみると、ミイラ化したイソメが姿を現しました。


臭いについては、何かをいぶしたような独特の香り。

我慢できないほどではありませんが、個人的にはいい臭いではありません。


イソメの数を数えてみると、大きいサイズを含め16匹を確認できました。


触った感じを表現すると“ソフトさきいか”と言ったところでしょうか?

うーん、悪魔のような見た目ですね。

水に戻してみた


フリーズドライでカッチカチになっています。

海水で水分を吸わせ、戻してみましょう。

約25分放置


パッケージにも「海水または淡水に約25分」と記載があります。タッパーに移してしばらく待つことに。

これで魚が釣れれば、使いたいときに好きな量だけ使用できる強力アイテムですが、果たして……。

生エサのデメリットが消えた!?


水分を吸わせてみると、ブニュブニュとしたイソメっぽい感触に変化しました。

キツイ臭いもなく、生エサ特有のヌルヌル感も全くありません。活きエサが苦手な方にも良いかもしれませんね。

実釣力は果たして……?


ジグヘッドにボンドベイトを装着! シンプルな仕掛けで魚を探しに行ってきます!

防波堤ではこんな魚が!


足元を丁寧に探ってみると、一投目で防波堤のアイドル“カサゴちゃん”がヒット!

いくら乾燥してると言っても、餌としての能力は健在です。


ちょい投げでは餌捕り名人のカワハギ先生がご来店。

なかなか乗らなかった正体はコイツですね(笑)

川・池でも大活躍!


海では「流石はエサ!」といった結果だったので、淡水エリアでもチャレンジしてみました。


近所の野池では、ルアーターゲットとして大人気のブラックバスが遊んでくれます。

ちょっとこれは反則級ですね。


近所の川にボンドベイトを投入し、放置しているとラインがスーッと走りました。


無理をせずドラグを上手く使い、格闘の末に元気いっぱいなキビレをGETできました!

これは実用性が高いぞ!


活きエサに付きまとう日持ちの問題や品切れの心配もなく、何よりしっかり釣れるボンドベイトは、エサ釣りの革命児かもしれませんね。

どうしても釣りたい時の最終兵器として、タックルボックスに忍ばせてはいかがでしょうか。

種類も豊富みたいですよ


関連記事


このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
釣り好き!まっちゃん
釣り好き!まっちゃん

執筆や動画コンテンツを通じて『釣りの楽しさ』『自然の素晴らしさ』を発信して参ります(^^)

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!