夏なのに快適すぎる……おたふく手袋の超格安インナーウェアが凄すぎた

2019/09/09 更新

暑い夏の釣り。皆さんは暑さ対策にインナーウェアを着用されていますか?今回は、筆者オススメのおたふく手袋製、超格安インナーウェア「ボディータフネス 冷感・消臭 パワーストレッチ 長袖ハイネックシャツ」をインプレッションと共にご紹介します!涼しく快適な釣りを楽しみましょう!


アイキャッチ画像出典:おたふく手袋

おたふく手袋とは

おたふく手袋 おたふく手袋株式会社は、大正15年に大阪で創業した、知る人ぞ知る老舗のメーカー。

主に作業手袋をはじめとするワークウェアの製造を行っていますが、その製品のクオリティーの高さから、バイカーや釣り人などのアウトドアユーザーからも厚い支持を集めはじめています。

今回ご紹介したいのはこちら!

おたふく手袋のインナーウェア 今回は、暑い夏の釣りを涼しく快適にしてくれる、コンプレッションタイプの長袖シャツをピックアップ。

ハイネックになっており、さらにUVカット機能を備えているため、日焼け対策にも最適です。
おたふく手袋のインナーウェア
出典:Amazon
吸汗速乾性能はもちろん、ヒンヤリとした着心地が嬉しい接触冷感性能や、汗の嫌なニオイを消臭する「スイトールC消臭コアーミシン糸」を採用。

これだけの機能を備えながら、なんと実売1,000円前後で手に入れることができるハイコストパフォーマンスな1着です。

数ヶ月愛用してのインプレッション

おたふく手袋のインナーウェア着用
撮影:TAKEBUCHI
筆者は、おたふく手袋製のコンプレッションロングシャツの価格の安さや、充実の機能性に惹かれたユーザーの1人。

実際に着用し、釣りを楽しんでてみたインプレッションをお届けします。


とても涼しい!

おたふく手袋のインナーウェア着用
撮影:TAKEBUCHI
筆者が一番気に入っているのが、おたふく手袋製のコンプレッションロングシャツの両脇に、メッシュ生地が採用されているところ

全体的に接触冷感機能を備えているので、ヒンヤリしていますが、このメッシュ部分のお陰で、さらに涼しく感じられるのです。

日焼け対策も◎

おたふく手袋のインナーウェア着用
撮影:TAKEBUCHI
タートルネック形状なのも、気に入ったポイントの一つ。

釣りから帰宅すると、U字の日焼け跡がくっきり残っていた……なんて経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか。

このシャツであれば着用するだけで、首や胸元の日焼け対策はバッチリなのです。

疲労感を軽減!?

おたふく手袋のインナーウェア コンプレッションタイプのインナーウェアには、血行を促進したり、筋肉や関節の負荷を減らす効果が期待できるそう。

またストレッチがあるため、絞め付け感や動きにくさが少なかったのには驚かされました。

とにかく安い

やすい
出典:PIXTA
気になるお値段は、なんと実売1,000円程度。

購入した当初は、価格相応の機能性だろうとあまり期待していなかったので、その分驚きも大きかったです。

作りもしっかりしていて、数十回と洗濯をしていますが糸のほつれなどは今のところ見られません。

ITEM
ボディータフネス 長袖ハイネックシャツ JW-625

カンカン照りの中でも涼しく、全く汗をかくことなく快適に釣りを楽しめましたので良いです。自転車通勤(片道20キロ程度)でも使ってみましたが、高湿度状態でも快適に使用できています。




おたふく手袋さんに聞いてみました!

筆者のオススメ以外にも釣りに適したアイテムがありそうだったので、おたふく手袋さんに人気商品を問い合わせてみました。

ここで、暑い夏の釣りが快適になりそうなアイテムを数点ご紹介します。

温度を調整するインナー!?

おたふく手袋のインナーウェア
新次元繊維の「アウトラスト」を採用した、オールシーズン対応のインナーウェア。

暑い時に涼しく、寒い時に暖かく肌面温度を調整してくれる優れものです。

おたふく手袋のインナーウェア ロングスリーブシャツに加え、ロングタイツがラインナップしています。

カラーはカモフラレッドにブラック×ブルーの2カラー。朝晩と日中の温度差が大きい季節の変わり目などに最適です。

半袖派の釣り人に!

おたふく手袋のアームガード 半袖のシャツと併せて使うアームカバーです。日差しが気になる時だけ装着し、不要な時は取り外すことができる便利なアイテム。

カラーバリエーションが多く、その日のスタイルに合わせやすいのも魅力的です。

汗が目にしみる……。

おたふく手袋のフェイスマスク 炎天下での釣りをしていると、汗が額を伝って垂れてくることもあるでしょう。

そんな暑い日の釣りに、接触冷感かつ吸汗速乾性に優れた機能的なヘアーバンドを使えば、汗を拭う煩わしさを感じず、涼しく快適に過ごせるのでは。

ヘッドウェアには様々なタイプが

おたふく手袋のフェイスマスク 首の日焼けを防止するカバー付きのヘッドキャップや、顔の日焼け対策にもなるフェイスマスクもラインナップ。

釣りのスタイルに合わせた選択の幅が広がりますね。

有ると無しでは大違い。

おたふく手袋のアームガード着用
撮影:TAKEBUCHI
おたふく手袋さんの、長袖ハイネックシャツインプレやオススメアイテムをご紹介しました。

暑い夏は、涼しさを求めて半袖やタンクトップを着たくなります。しかし、日焼けをすると、釣りの翌日に残る疲労度は割り増しに……。

そうなる前に、機能的な長袖シャツやアームカバーなど、快適な釣りを楽しめそうなアイテムを活用されてはいかがでしょうか。

▼ おたふく手袋さんオススメアイテム





ITEM
冷感 パワーストレッチ アームカバー JW-618

釣りをする時に日焼けと虫対策で購入。程よくフィットしてずれ落ちることも締め付け過ぎることもない印象。それほど期待していなかった冷感については、意外に涼しく感じられたのは嬉しい誤算。



ITEM
冷感パワーストレッチ ヘアバンド JW-610

冷たく感じる素材でこの夏暑い時期にぴったりです、冷たくて汗も流れないので大変よいです。



ITEM
冷感パワーストレッチ ヘッドキャップ JW-613

いい感じ。夏の釣り用に購入。かぶり易くて良いですね。



ITEM
冷感パワーストレッチ フェイスマスク JW-614

関連記事


おたふく手袋のインナーウェア
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!