軽量×ハイコスパで早くも話題!ダイワ【レグザ】を触ってきた!

2019/01/10 更新

2018年末に発表され、“軽量かつハイコスパ”なスペックが話題の新型リール「レグザ」。TSURI HACK編集部は貴重な実機に触れることができたので、画像満載でインプレしますよ!


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

待望の“軽量×ハイコスパ”なスピニングリール

ダイワレグザの画像
撮影:TSURI HACK編集部
2018年末に発表され、“軽量かつハイコスパ”なスペックが話題の新型リール「レグザ」。

TSURI HACK編集部は、貴重な実機に触れることができました。みんなが気になるその全貌をお届けしたいと思います!

編集部ファースト・インプレッション

ロッドを選ばない普遍的なデザイン

ダイワレグザの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ブラックとシルバーを基調とした外観が特徴のレグザ。奇をてらうことなくモノトーンにまとめたデザインは、あわせるロッドを選びません。

超軽量の鉄仮面風スプール

ダイワレグザの画像
撮影:TSURI HACK編集部
編集部が注目したのは、“ブランキングなし”の鉄仮面風のスプール。これは、ブランキングできないほど薄肉化していることを意味します。

現行のイグジストや初代イグジスト、トーナメントエアリティーに通じるスプールは、往年のダイワファンなら嬉しいポイントなのではないでしょうか。

“THE・ダイワ”な巻き心地

ダイワレグザの画像
撮影:TSURI HACK編集部
巻き心地を一言で表すと、「初動が軽くてドライ」。巻き始めが軽く、カリカリとした回転フィールです。

新旧多くのリールを使用した筆者は、名機05イグジストや07ルビアスを彷彿とさせる、“極めてダイワらしい”巻き心地に感じました。

価格と発売時期は?

メーカー希望販売価格 ¥20,500~22,000(税別)

発売時期は2019年1月頃を予定しているとのこと。

今スグ欲しいと思った方も、そうでない方も、1度は釣具店で触るべきリールですよ!

▼技術特性・ラインナップ・スペックはこちらをご覧ください


ダイワレグザの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!