その名は「レグザ」ハイコスパで“超カッコイイ”リールが発表されたぞ!

2018/12/05 更新

この冬、ダイワからオールマイティな新型スピニングリール『レグザ』が登場します。リーズナブルな価格ながら、LTコンセプト設計で、マグシールドも搭載。そんなレグザのスペックをチェックしましょう!


アイキャッチ画像出典:ダイワ

“LT×マグシールド”のハイコスパリールが登場!

レグザの画像
出典:ダイワ
この冬、ダイワからオールマイティな新型スピニングリール『レグザ』が登場します。

リーズナブルな価格ながら、LTコンセプトによって設計されており、いまやダイワの代名詞ともなったマグシールドも搭載。

気になるレグザの詳細をチェックしていきましょう!

▼LTコンセプトを特集した記事です


レグザの特徴

海水をシャットアウトするマグシールド

マグシールドの画像
出典:ダイワ
もっとも重要な防水区画といえる、ローターとボディのつなぎ目(ピニオン部分)に、マグシールドを搭載。

ギアの塩噛みや錆が抑制され、初期性能が長く維持されます。

粘り強いATD

ATDの画像
出典:ダイワ
“スピニングリールの要”といえるドラグ部分には、最新のATDが導入されました。

スムーズな滑り出しと、必要最小限のラインを送り出す粘り強さによって、ライトラインを守りながらもスピーディーに魚を取り込めます。

超軽量のエアローター

出典:ダイワ
スピニングリールにおいて、ローターの軽量化のメリットは計り知れません。なぜなら、単純に自重が軽くなるだけでなく、回転性能に直結するからです。

ローターが軽いということは、小さな力でローターが回転します。つまり、巻き出しの初動が圧倒的に軽くなるのです。

レグザのラインナップ

 
品名(番手) 巻取り長さ(cm) 自重(g) 最大ドラグ力(kg) 糸巻き量 PE(号-m) メーカー希望本体価格(円)
LT2500 75 235 10 0.8-200 20,500
LT2500D-XH 87 235 10 1.2-300 20,500
LT3000D-CXH 93 245 10 1.5-300 20,500
LT3000 77 260 10 1.0-200 20,500
LT3000-XH 93 260 10 1.0-200 20,500
LT4000D-CXH 99 275 12 2-300 21,000
LT5000D-CXH 105 290 12 2.5-300 21,000
LT6000D-H 101 380 12 3.0-300 22,000
2500番から6000番まで8機種がラインナップされます。

2500番や3000番は、エギングやシーバスなどに幅広く使える番手。4000番から6000番は、ライトショアジギングや本格的なショアジギングにも対応します。

気になる発売時期と実売価格

2019年1月の発売が予定されているようです。定価の3割引での販売が予想され、実売価格は14,000円から15,000円ほどではないでしょうか。

発売が待ち遠しいぜ!

スペックと価格帯的にも、ビギナーからベテランの方まで、幅広いアングラーのニーズに応えてくれそうなレグザ。

リールの購入を検討されている方は、ぜひチェックリストに入れられてはいかがでしょうか!

関連記事


レグザの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!