【編集部のお気に入り】真冬釣行のマストアイテム!RBBタイタニュームグローブ

2019/04/22 更新

冬といえば夜に潮が動く、夜釣りのベストシーズンです。とはいえ、気になるのは寒さとの戦い。とくに釣りにおいて指先や手のかじかみは天敵です。そんな中でも心強い味方をしてくれるのが「RBBタイタニュームグローブ」。編集部激推しのアイテムですよ。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK 編集部

愛してやまないグローブ


編集部Iです。

指先が冷え、思うように動かせなくなる真冬。この時季のグローブは、もはや必須アイテムですよね。

今回は筆者が愛してやまない「RBBタイタニュームグローブ」について紹介します。

RBBタイタニュームグローブとの出会い

メバル メバリング TSURIHACK
以前は一般的なフィッシンググローブで冬のナイトメバリングを行っていました。

指先は冷え、手がかじかんでリーダーの結束やリトリーブが出来ず、「手が震えて釣りなんてできねぇよチキショウ」などと発言をしていたものです。

リールのハンドルは氷のように冷え、何か恨みでもあるのか……と感じるほど。

冬はオフシーズンにしようか、でも釣りに行きたい……と葛藤する中、筆者は“読売カラーの彼”と出会ってしまったのです。

3年間使いこんだ徹底インプレ


使用し続けて3年間。

酷使のあまり、ほつれや破れも多数見受けられます。

それでも使いこんだこのグローブ。使い続けるだけの魅力は十分でした。


黒×オレンジのコスメがカッコいい!


筆者の場合、普段はグレー基調のフローティングベストを着用しています。

誰も見ていないような釣りのシーン。とはいえ、装備品に統一感があればモチベーションも上がるのです。

冬の夜釣りでも手汗をかくほど温かい


初めて手を入れた時、大きな衝撃が走りました。

12月ごろから使用をはじめたと記憶していますが、移動中は手汗をかいて中が少しムレるほど。

動きを止めていればもちろん温かく、冷えから手を守ってくれます。

ロッドを持った時の違和感は?


「防寒が強みなら、素材が厚くて釣りがしづらいんじゃないの?」と思われる方も多いかもしれません。

確かに、最初はロッドを持った時に違和感を感じました。

しかし、それも慣れるまで時間はかかっていません。

意外と薄手なんです


写真でも伝わるでしょうか? 意外にも薄手な生地なんです。

薄いほうが当然感度も良いため、装着時の違和感が少ないですよ!

※深い意味はありません。

温かすぎるが故の悩みも

このグローブ、とにかく温かいんです。

ですが……温かすぎるが故の悩みもあるんです。

臭い問題


保温性が高く、ムレやすいためにグローブ内部が激臭を放ちます。

画像は2か月ほど洗わずにおいたグローブ。

編集部Sにテイスティングしてもらいましたが、学生時代に感じた“洗わなかった柔道着”と同じような酸っぱさを感じたとのこと。

定期的に洗えば大丈夫?

出典:PIXTA
筆者の場合、普段は4釣行に一度ほどのペースで洗濯を行っています。

お湯に洗濯洗剤を入れ、グローブが傷つかない程度に手洗い。

汚れがなかなか取れない場合は、洗濯洗剤を入れたお湯に20分程度漬け込んでいますよ!

もう手放せません!


実は妻とペアで購入。

冷えの気になる女性でも、このグローブは本当に重宝しています。

冬の夜釣りにRBBタイタニュームグローブ! ぜひ使ってみてください。

ITEM
RBB タイタニュームグローブ 3本指
サイズ:M/L


ITEM
RBB タイタニュームグローブ 5本指
サイズ:M/L

撮影:TSURI HACK 編集部

関連記事


ショアジギング用グローブ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!