あの名作スプーンが進化! 『スティーズスプーン』の特徴と使い方まとめ

2018/12/12 更新

スティーズスプーンはダイワから発売されているバス用スプーン。デカバスをキャッチしてきたD-SPOONが使いやすく進化。スティーズスプーンに詰め込まれた機能や使い方をご紹介します。


アイキャッチ画像出典:ダイワ

スティーズスプーンについて

スティーズスプーン
出典:ダイワ
スティーズスプーンは釣具の総合メーカーDAIWA(ダイワ)から発売されている、ブラックバス用のビッグスプーンです。軽いモデルから1/2オンス(14グラム)70ミリ、3/4オンス(21グラム)81ミリ、1-1/4オンス(35グラム)115ミリ、2-1/2オンス(73グラム)170ミリと、幅広いウェイト・サイズラインナップが展開されています。

最も重い170ミリのマグナムスプーンやビッグスプーンで多用される115ミリサイズはもちろんのこと、コンパクトで軽量な14グラムが追加されることにより、ボイル撃ちでの使用など、使えるシーンが広がっています。

D-SPOONが使いやすく進化

スティーズスプーン
出典:Amazon ※写真はD-SPOON
スティーズスプーンは同社から発売されていたD-SPOONが元モデルとなっています。各地で実績を残したD—SPOONをよりリアルなルックスに変更し、形状も引きやすくブラッシュアップさせています。最新技術も搭載し、より使いやすく進化したスプーンです。またFeco(日本バスクラブ)認定商品にもなっています。

スティーズスプーンの特徴

スティーズスプーン
出典:楽天市場
スティーズスプーンには豊富なウエイト・サイズラインナップが揃っていることを冒頭で触れましたが、それぞれのサイズによってルアーとしての性格が大きく変わります。最も大きい170ミリサイズは流行したマグナムスプーンとしてリアクションバイトを狙うことができます。中間の115ミリサイズはビッグスプーンとして、マグナムスプーンよりパワーを落としたい時に使用できます。

小さい番手の70ミリ、81ミリサイズは日本のベイトフィッシュにより近いサイズであるため、巻物として、フォールベイトとして使用することが可能です。豊富なサイズ展開でスプーンでのバス釣りを網羅してしまえる点がスティーズスプーンの特徴でしょう。

リアルな造形が施された外観

スティーズスプーン
出典:ダイワ
一般的にスプーンというルアーは無機質なデザインであることが多くあります。シンプルなルアーだけにデザインの必要がないと思われることも多いからです。スティーズスプーンは多くのスプーンと違い、リアルな造形が施されています。ルアーとして美しいのはもちろんのこと、カラーリングが複雑であるため明滅効果を狙うことも出来るでしょう。

キレのあるフォールアクション

スティーズスプーンはキレのあるフォールアクションが持ち味です。敢えて重心を後方に持ってくることでフォールスピードを上げて、テンポよく釣りを展開できる仕様になっています。これによりリアクションバイトを誘発できる力も格段に向上しました。

抜群の刺さりを誇るサクサスフック

出典:ダイワ
スティーズスプーンには最新技術であるSaqSas(サクサス)フックが搭載されています。これはフッ素系特殊プレーティング加工を施すことで、通常のメッキ処理では実現できなった貫通力を備えたフックです。スプーンの釣りは触れるだけのようなバイトも多く出るため、貫通力の高いフックは釣果に直結すると言えるでしょう。


スティーズスプーンの使い方

スティーズスプーン
出典:ダイワ
スティーズスプーンは金属製であるため、風が強い場所でも遠投することが出来ます。ルアーの特性上遠くに投げるほうが釣果が見込めるため、基本はフルキャストがよいでしょう。ラインがヨレやすいルアーであるため着水の瞬間、ラインのスプールを抑えて一度糸の出を止めましょう。

フォールでバイトが出るルアーのため、基本的にはキャスト後ボトム付近までフォールさせることが重要です。スプールをサミングしながら、張らず緩めずのテンションでフォールさせるとバイトを誘発することが出来るでしょう。

ただ巻き

フォール後のアクションとして有効な釣り方の1つがただ巻きです。特に軽いモデルがただ巻きアクションに適しているでしょう。ミディアムリトリーブから、超ファーストリトリーブまで状況によって使い分けます。またボイル時には着水後すぐにファーストリトリーブすることも有効です。

リフト&フォール

マグナムサイズ、ビッグサイズのスプーンの基本アクションはリフト&フォールです。ボトムの障害物付近をリフト&フォールで細かく探っていく事で他のルアーに反応しないバスを狙うことが出来ます。シャクリ上げて弛んだぶんだけ巻き取るという簡単なアクションで十分バスを釣ることが可能です。ファーストフォールが最もアタリが出るので集中しましょう。

スティーズスプーンでバス釣りを楽しもう

出典:PIXTA
通常のバスルアーに反応しない狡猾なバスに口を使わせてしまう、不思議な力を持ったルアーがスプーンです。より使いやすく、よりリアルにブラッシュアップされたスティーズスプーンはラインナップも豊富で、バススプーン入門にも最適と言えるでしょう。タフコンディション時こそ効くスティーズスプーンを是非試してみてください。


スティーズスプーン
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
ビックリマン高田
ビックリマン高田

高田雄介(ビックリマン高田) 全国47都道府県を全て釣り歩き、現在のホームグラウンドは海外。 淡水海水、大物小物問わず魚が大好きです。 皆様に魚の魅力や、釣りの楽しさを全力でお伝えします。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!