Jackson『ハイドアウトハンター』はボトム感知力を高めたロックフィッシュ専用ロッド

2018/12/05 更新

根周りや海藻帯などをタイトに攻めるロックフィッシュゲームで、必要なボトム感知力。この性能を高めたロックフィッシュ専用ロッドJackson『ハイドアウトハンター』の魅力をご紹介します。


アイキャッチ画像出典:ジャクソン

“ロックフィッッシュ”専用ロッド『ハイドアウトハンター』

ハイドアウトハンター ジャクソンから発売されているハイドアウトハンターは、ロックフィッシュ専用のロッドです。ロックフィッシュに必要とされる性能を、ジャクソンの長年のノウハウを活かし具現化したシリーズとなっています。

ロックフィッシュ専用ロッドの必要性

ロックフィッシュ アイナメやソイなどをターゲットに、磯場や海藻帯をタイトに攻めていくロックフィッシュゲーム。ロックフィッシュゲームにおいては、釣りをするフィールドやシチュエーション、釣り方に合わせたロックフィッシュロッドが必要となります。

ロックフィッシュロッドに求められる性能は下記のようなものとなっています。

ボトム感知のための感度

ロックフィッシュゲームでは、ボトムを中心として釣りを行っていきます。そのためボトムを感知しやすい” 感度 “の高さがロッドに求められます。

もし、ボトム感知力が低いロッドであれば、根掛かりが多発してしまい、釣りの効率が大幅に落ちてしまうでしょう。もちろん感度の高さは、その場で居食いしたり、喰い上げたりといった、ロックフィッシュの様々なバイトを、感じ取ることにも役立ってくれます。

強引に魚を持ち上げるバットパワー

障害物周りを生息域としているロックフィッシュは、ヒットしたと同時に強烈な力で、根に潜ろうとします。

万が一根に潜られてしまうと、ラインが根に擦れて切れてしまうこともしばしば。この様な特性を持つロックフィッシュのキャッチ率を高めるためには、強引に魚を持ち上げるための”バットパワー”が必要なのです。

環境に合わせたレングス

ロックフィッシュの生息地は、堤防や磯場、ゴロタ場など様々。さらに、陸っぱりとボート、双方から狙うことができる魚でもあります。そのため、フィールドに合わせた、最適な長さのロッドが必要となるのです。

基本的な目安として、堤防やボートロックでは、操作性に優れた「7~8フィート」のロッドがおすすめです。また、磯場やゴロタ場など、根ズレ回避力や遠投性が必要となるポイントでは「8~9フィート」のロッドが必要となるでしょう。

ハイドアウトハンターの特性

ハイドアウトハンター ボトム感知力やバットパワー、レングスなど、ロックフィッシュに求められるロッドの特性を、ジャクソンの技術を集約することにより体現したロッド『ハイドアウトハンター』。具体的に、どのような技術特性が搭載されているのか、見ていきたいと思います。

ジャクソンオリジナルの強靭なブランクス

ハイドアウトハンターのブランク ハイドアウトハンターのブランクスには、ジャクソンオリジナルのマテリアルを採用。金属的な張りを持ちつつ、粘りがあるブランクスで、ロックフィッシュロッドに必要とされる『ボトム感知力』と『バットパワー』を両立しました。

水中の状態をアングラーに伝えつつ、複雑に入り組んだ根周りから、ロックフィッシュを引き離すことに大いに役立ってくれます。

用途、長さに合わせてカスタムされたリールシート

ハイドアウトハンターのリールシート ベイトモデルの魅力は『パワー』『感度』『手返しの良さ』。スピニングモデルの魅力は『飛距離』『ルアーの操作性』。このようにリールの種類によっても様々な魅力があります。ハイドアウトハンターには、ベイト1機種、スピニング2機種がラインナップされているため、必要な要素に応じてロッドを選ぶことが可能です。

最新のSiCガイド搭載

ハイドアウトハンターのガイド ハイドアウトハンターのガイドには、最新のチタンフレームSiC-Sガイドが採用されています。SiC-Sガイドは従来SiCガイドよりリングが薄く軽量に作られていて、全体的な自重を軽くし、振り抜きの良さや操作性が向上させてあるのが特徴。ステンレスフレームより軽量なチタンフレームとの相乗効果で、釣果アップに役立ってくれます。

ハイドアウトハンターのラインナップ

ハイドアウトハンター
出典:楽天市場
ハイドアウトハンターには、シチュエーションや釣り方に合わせた、3機種がラインナップされています。どのモデルも、ロックフィッシュゲームに最適な製品となっています。下記にラインナップそれぞれの特徴をご紹介しますので、ご自身に合った用途のモデルを見つけてみてください。

HHS710MH-MST

HHS710MH-MSTは、広範囲のサーチ、ボトム攻略からスイミングアクションまで、幅広い釣り方をカバーしてくれる『バーサタイルなスピニングモデル』です。飛距離や操作性に優れながら、パワーを持ち合わせたこのモデルは、従来のバーサタイルロッドとは、一線を画す1本に仕上がっています。ボートロックから堤防での釣りまで、なんでもこなしたい方におすすめのモデルです。

ITEM
ジャクソン HHS710MH-MST
全長:7.10ft
自重:140.6g
継数:2本
仕舞寸法:122.5cm
ルアー重量:7-35g
PEライン適合:0.8-1.5号

HHS-810XH

HHS-810XHは、8.10フィートの『ロングレングススピンモデル』。高い反発力を持ったブランクスは、遠投性に優れ、磯場やゴロタ場など、遠くのポイントまで、ルアーを送り届けなければならないフィールドで、活躍してくれるロッドです。

最大65グラムまでのルアーに対応しているため、これまで届かなかった距離に潜む魚に、アプローチすることが可能となります。

ITEM
ジャクソン HHS-810XH
全長:8.10ft
自重:181.7g
継数:2本
仕舞寸法:137.5cm
ルアー重量:14-65g
PEライン適合:1-2.5号

HHC-706H-MHT

HHC-706H-MHTは、ピンスポット狙いのロッドとして設計されている『パワーゲーム用ベイトモデル』。7.6フィートの絶妙なレングスは、キャストから操作、ファイトまでの一連の流れを、スムーズにこなしやすいものとなっています。

特に活躍してくれるのは、ボートロックや磯場で、足元や深いスリットに潜むロックフィッシュを狙う時。強引なやり取りを必要とする際は、このモデルがおすすめです。

ITEM
ジャクソン HHC-706H-MHT
全長:7.6ft
自重:143.7g
継数:2本
仕舞寸法:117.2cm
ルアー重量:10-45g
PEライン適合:1-2号

ハイドアウトハンターで大型ロックフィッシュを釣り上げろ!

ハイドアウトハンターで釣れたロックフィッシュ 様々な魚種やポイントが存在し、攻略法が一括りにしづらい、ロックフィッシュゲーム。ロックフィッシュに特化し、フィールドやシチュエーションごとに使い分けしやすい『ハイドアウトハンター』であれば、釣りを快適なものとしてくれることでしょう。

本記事でご紹介した内容を参考に、ぜひご自身に合った1本を見つけ、大型ロックフィッシュに挑んでみてはいかがでしょうか。

ハイドアウトハンター
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!