【編集部レビュー】燃費が悪くても税金が高くても、僕が「FJクルーザー」を愛してしまう3つの理由

2018/08/10 更新

『編集部のお気に入り釣り具をまじまじと観察』。編集部員がリアルに購入し、ほれ込んだ釣り具の魅力を、独断と偏見で語りつくします。今回の一品は、人間と釣り具を運ぶビーイクル「トヨタ FJクルーザー」です。


アイキャッチ画像撮影:TSURI HACK編集部

FJクルーザーは突然に…

トヨタ FJクルーザー
撮影:TSURI HACK編集部
「ライフスタイルや所有欲を満たしてくれる最高の遊び用ビーイクルを手に入れる」。それは趣味のウェイトが高い人種にとっては、家を買うのと同等の悩ましい課題ではないでしょうか。

編集部Mが購入にいたったFJクルーザーはそんな要望を満たしてくれる最高の相棒。

FJクルーザー 横FJクルーザー
撮影:TSURI HACK編集部
購入にいたるまでには最終難関、家計を握る嫁への説得がまっていましたが、“波乗り好き”の嫁を説得するのにもFJクルーザーは一役買ってくれました。

編集部M:JEEPもチェロキーもかっこいいけど、中古車は故障もあってメンテが素人には大変みたいだね。

嫁:そだねー。

編集部M:トヨタのFJクルーザーってさ、Ron Hermanのカスタムモデルあるらしいね。雑誌のHoneyに載ってたよ。

嫁:そだねー。

編集部M:今度見に行ってみるか。

嫁:そだねー。

※『Ron Herman』:アメリカ西海岸のライフスタイルをベースに、サーフかつナチュラルさを感じるセレクトショップ&ブランド。
※『Honey』:女性のためのビーチライフスタイル&ファッションスタイル雑誌

嫁マーケティングが功を奏し、翌週には無事契約に。嫁に対する、あくまでも自然なアプローチが決め手でした。

相棒となったFJクルーザーとは

撮影:TSURI HACK編集部
ついに我が家にやってきたFJクルーザー。もはや相棒とよべるほど、釣りに海に雪山にと、いろいろな遊びに付き合ってくれています。

今思えば、愛くるしいデザインと遊び道具が色々積める勝手の良さなど、トヨタの“FJクルーザーコンセプト”に私はまんまとハメられていました。

コンセプト

トヨタ FJクルーザー FJクルーザーは「Rugged & Freedom ~すべてはクルマを楽しむために~」というコンセプトのもと誕生。

2006年に米国市場専用で発売されましたが、日本のファンの要望に応え2010年に国内でも販売を開始。

外観

FJクルーザー
出典:FLEX
『FJ40型』をモチーフに丸型ヘッドライト・フロントグリルのTOYOTAロゴ・ホワイトルーフ・観音開きドアが特徴的で、クラシカルかつスタイリッシュな雰囲気に。

仕様

トヨタ FJクルーザー 100系ランドクルーザーとシャーシを共有し、V型6気筒4リットルエンジンのパワフルな走破性、パートタイム4WD、リヤデフロックなど、外観もさることながらアウトドア志向SUVとして高い性能を持ち合わせています。
全長 4,635mm
全幅 1,905mm
全高 1,840mm(日本仕様)
エンジン 4,000cc V6 1GR-FE型
駆動方式 FR/パートタイム4WDシステム
乗車定員 5人
【次ページ:乗ってわかった!他車にはない3つの魅力


愛してやまないFJクルーザー3つの魅力

ランクル譲りの走破性、防水・撥水ファブリックシート、カスタム性など機能面はもちろんですが、所有して感じたFJクルーザーの3つの魅力をお伝えしたいと思います。

魅力1.ぬけ感のある個性的なデザイン

トヨタ FJクルーザー
撮影:TSURI HACK編集部
現在主流のドヤ顔ライト&流線型フォルムとは相反する、ブス可愛い丸めライトにフロントグリル、虫があたりまくる直立したフロントウィンドウ。そして乗り降りも一苦労の観音開きドア。

オモチャのような気取らない、個性的なデザインがたまりません。

魅力2.アウトドアシーンにフィットする存在感

トヨタ FJクルーザー
撮影:TSURI HACK編集部
釣りやキャンプ、サーフィンにスノーボード。どの遊び場にもシックリときてしまう存在感はFJクルーザーならでは。そう言わざるをえません。

魅力3.遊び道具を積むのに絶妙なスペース

FJクルーザー トランク
撮影:TSURI HACK編集部
ある時は釣りのタックルにドカット、クーラーボックス。またある時はキャンプ道具一式。そしてルーフラックを使えばロングボードも積めてしまう、遊び道具を積むのにちょうど良いサイズ感

FJクルーザーのダークサイド

FJクルーザー パネル
撮影:TSURI HACK編集部
見て見ぬフリをしていますが、FJクルーザーの魅力とは相反するネガティブな一面もあります。

維持費

4リットルV6エンジンの弊害と言えば良いのでしょうか、自動車税は66,500円。メーカー公式発表燃費は8.0km/Lとなっていますが、実際はもう少し下回ります。燃費に関してはガソリン価格の下落を祈るばかりです。

視界の狭さ

フロントウィンドウの縦比率が低いので、ワンボックスや軽バンに比べると視界の狭さを感じることも。

後部座席の圧迫感

後部座席には狭い窓しかなく、座席の縦幅も狭いため、大人が乗ると圧迫感は否めません。

【次ページ:「もう手に入らない」というプレミアム感


なんと2018年「生産終了」のお知らせ

FJクルーザー ファイナルエディション そんなFJクルーザー。私を含め、コアなファンに惜しまれながら2018年をもって生産終了。駆け込み需要もあり、ファイナルエディションの発売をもって、その歴史に幕を下ろしました。

いつか、またこんな心揺さぶるデザインに出会えるまで……これからもFJとの旅路は続くことでしょう。

まだまだ元気に走ってね、FJクルーザー

FJクルーザー 正面
撮影:TSURI HACK編集部
今回は編集部レビューということで、編集部員Mが愛車の魅力や難点を語りました。

FJクルーザーには維持費がお高めなどのネガティブな側面もありますが、そんな問題も軽く超越するほどアウトドアな遊びにしっくりとくる車です。

まさしく「ライフスタイルや所有欲を満たしてくれる最高の遊び用ビーイクル。」それがFJクルーザー。これからもまだまだ一緒に遊び尽くしますよ!

関連記事

▽釣りと車に関連する人気の記事はこちら。


トヨタ FJクルーザー
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!