「快適船タコエギSS」はアピールの高さとフッキング率が違う!

2019/01/15 更新

『快適船タコエギSS』はダイワが発売する船専用のタコエギ。サクサスフックのフッキング率と、ブレード・ラトルのアピールの強さが魅力です。どうやって使うの?おすすめのカラーは?快適船タコエギSSを詳しく解説します!


アイキャッチ画像出典:ダイワ 最前線ブログ

快適船タコエギSSについて

出典:DAIWA
近畿地方を中心に、夏になると“船タコ”が旬を迎えます。ダイワから発売される、『快適船タコエギSS』は船タコに特化したタコエギ。船タコに必要な要素を突き詰めた、タコエギの決定版です。

快適船タコエギSSの特徴

快適船タコエギSSの画像 海底に潜むタコに対し強烈にアピールし、確実にフッキングさせることを追求。快適なタコ釣りが楽しめるように設計されています。快適船タコエギSSの特徴をチェックしていきましょう。

サクサスフック

触れただけで刺さるサクサスフックは、ルアー、鮎、磯、船などさまざまな分野で実績抜群! 皮の分厚い3キロ越えの大タコでも、難なくフッキングへ持ち込めます。

ストロングテール

タコが岩を抱いたまま上がってきたり、海底に張り付いたりする事で、破損する事が多かったテール部分。エギ本体とフックの継ぎ目を補強したことによって、耐久力を大幅に向上させています。

ハイアピールブレード

エギの後方にはブレードが装備されており、キラキラと光ることで好奇心の強いタコを刺激します。ブレードはスタビライザーの役割も果たし、着底姿勢の安定化にも貢献。フッキング率を向上させ、根掛りのリスクを軽減させます。

ラトル

ボディにはラトルが入っており、遠くのタコにもラトル音でアピール。水中での音の伝わり方は空中よりも早いため、ラトル音は想像以上に広範囲へ響き渡ります。

2種類のボディサイズ

快適船タコエギSSは6色のカラーバリエーションに、3号と3.5号の2サイズがラインナップ。小型が多い状況や、潮の流れが速いときには、潮受けの少ない3号がおすすめです。



ITEM
ダイワ 快適船タコエギSS 3.5号


快適船タコエギSSの使い方

快適船タコエギSSの画像 船タコエギSSでタコを爆釣するためのメソッドを、本場明石での調査をもとにご紹介。竿頭を狙うための、ベーシックかつ最新のテクニックです。

▼明石のタコ釣りを特集した記事です


流行は2個・3個付け!

とにかく派手に、騒がしくすることが大切。専用のサルカンを使っての、タコエギを2個・3個付けが定番になっています。違う系統のカラーを組み合わせ、タコが反応するカラーをチェックしましょう。

ハリミツ 船タコツインスイベル L

おすすめカラー

出典:DAIWA
タコのメッカである明石では、黄色ベースが圧倒的な人気を誇っています。カラーの選択に迷ったら、まずは黄色ベースの『キープアウト』を選んでみてはいかがでしょうか。

オモリは派手に

組み合わせるオモリは、ペイントを施したりラメを塗ったりした、ド派手なものがおすすめ。エギだけではなく、オモリを使ってタコにアピールできます。
ITEM
ダイワ 快適船シンカー S 50号

ワームのせ・エサのせ

アピール力をアップするために、タコ専用ワームやエサを針金で巻きつけるカスタムも盛んに行われています。ルアーのアピール能力と、エサの食わせ能力が合わさって効果的。明石では、うま味があふれる豚の脂身が1番人気です。

ITEM
ヒロキュー 脂身

専用ロッドが快適

オモリを底につけたままアクションができる、ソフトティップを持った専用竿がおすすめです。ジギングロッドを流用できますが、専用竿が圧倒的に優位。船タコは“竿で釣果が変わる”釣りです。
ITEM
ダイワ エギタコX 180
全長:1.8m
自重:122g
継数:2本
仕舞寸法:95cm
ルアー重量:40-80号


▼エギタコXを特集した記事です


目指せ竿頭!

快適船タコエギSSの画像
船タコでとくに重要なのがアピール力です。周りの釣人の仕掛けよりも、いかに自分の仕掛けを目立たせるかが肝。快適船タコエギSSは高いアピール力を備えているため、竿頭に近づけるタコエギといえるでしょう。

快適船タコエギSSの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!