ヒラメ狙いのメタルジグ!誰よりも釣るためのコツとは?

2018/05/14 更新

ヒラメを専門で狙うアングラーも、年々増加傾向にあります。プレッシャーの高いフィールドこそ、ライバルたちの竿抜けポイントを攻略してみましょう。メタルジグでヒラメを攻略するコツ、おすすめのメタルジグを紹介します。


アイキャッチ画像出典:シマノ

ヒラメを狙うメタルジグについて

ヒラメ メタルジグ
出典:シマノ
ヒラメ狙いにメタルジグを用いることは、広大なサーフにおいて重要な要素。着き場の分からないヒラメに対し、“飛距離を稼いで広く探る”ことが強みです。
サーフゲームのエース“メタルジグ”を用いたヒラメの攻略方法に迫ります。

ヒラメ狙いに適したモデルの特徴

ヒラメ メタルジグ
出典:Amazon
ヒラメのヒットゾーンは、ボトムよりも少し上のレンジ。ヒラメの捕食ゾーンを的確に探るため、スローフォールを演出できる“ショアスローモデル”がおすすめです。
▼知っているようで知らない!?“ショアスロー”とは

【フラットフィッシュ専用】メタルジグ

ヒラメ メタルジグ
出典:ダイワ
近年のサーフゲーム人気に合わせ、“フラットフィッシュ専用モデル”も増えています。ただ巻きを中心とした攻略ができることから、従来のメタルジグとは違った視点で攻めることが可能です。

ヒラメに適したメタルジグの選び方

ヒラメ メタルジグ 選び方
出典:シマノ
 みなさんの釣りをされるフィールドごとに推奨タイプが異なります。ご自身の釣行先に合わせて、メタルジグを選んでみましょう。

重さ

ヒラメ メタルジグ 重さ 出典:PIXTA
前述で「フォールスピードは遅い方が良い。」と説明しましたが、自重の軽いジグでは、“飛距離”という強みをなくしてしまいます。30グラムを基準に、常磐エリアのような遠浅のサーフであれば20グラム。西湘エリアなどの急深サーフでは30~40グラムの使用をおすすめします。

カラー

ヒラメ メタルジグ カラー
出典:楽天
朝夕のマズメや、日中がメインのサーフゲーム。ゴールド系のフラッシングが良いとされています。赤×金のアカキンや、緑×金のグリキンが定番の人気カラーです。

時期

ヒラメ メタルジグ 時期
メインベイトの移行に合わせ、シルエットでメタルジグを選びましょう。
春のマイクロベイトなら、タングステンの小型ジグ。夏以降のカタクチイワシであればスリムタイプのジグ、と状況に合わせた選択が重要です。
タングステンジグの特徴を解説!

ヒラメを狙うメタルジグ【3つの誘い方】

ヒラメ メタルジグ アクション
出典:シマノ
ヒラメをメタルジグで攻略する場合、レンジ攻略が最も大切な要素です。ヒラメのヒットゾーンを攻略する、“魅惑のアクション”とはどのようなものでしょうか。

ただ巻き

“レンジキープ力に優れたメタルジグ”を使用し、ボトムより15~30センチ程上を意識しましょう。1秒/1回転ほどでゆっくり巻き、ボトムを擦るようであればロッドワークで浮上させることが重要です。

ストップアンドゴー

ストップアンドゴーは、リーリングとステイを繰り返すアクション。“7秒リーリングをしたら、3秒のテンションフォール”を、ワンセットで繰り返します。浮上とフォールで、ボトムから数十センチを的確に攻めることが可能です。

重要アクションにつき、多用される方も多いのではないでしょうか。

リフトアンドフォール

ロッドワークでボトム付近を跳ねさせ、フォールで誘うイメージのアクション。

着底が分かりづらい場合は、フォール時のロッドティップを自分の目線あたりでキープしましょう。ラインを張ることで、着底が分かりやすくなります。

ヒラメを狙うおすすめのメタルジグ

ヒラメ おすすめ メタルジグ
撮影:TSURI HACK 編集部
ヒラメはサーフだけでなく、砂利混じりの海底の外洋であれば、狙える可能性は十分にあります。サーフ、堤防、磯、船、それぞれのポイントでおすすめのメタルジグを紹介します。

サーフ

サーフでは、飛距離に加えアピール力が重要。広大なフィールドを探るだけでなく、ヒラメを寄せる力を持ち合わせたメタルジグがおすすめです。

抜群のコスパ!?ジグパラのサーフモデル
ITEM
メジャークラフト ジグパラ サーフ
自重:28グラム


▼ジグパラサーフを解説!
ただ巻きでヒラメを狂わせる!?定番ジグ
ITEM
シマノ 熱砂 スピンビーム
全長:67ミリ
自重:32グラム


飛距離とスローアクションの両立
ITEM
アイマ サンティス
自重:33グラム

堤防・港内

堤防・港内は、ベイトフィッシュによって大きく左右されるポイント。しかし、カタクチイワシや小サバ、アジが回遊している場合はヒラメが釣れる可能性も十分あります。船道などのブレイクラインを中心に、攻略してみましょう。
ベイトライクなフォルムはメタルジグの定番!
ITEM
メジャークラフト ジグパラ
全長:70ミリ
自重:30グラム

フォールアクションが魅力!
ITEM
アングラーズリパブリック ゼッツ スローブラットキャスト オーバル
全長:71ミリ
自重:30グラム

伝説的なルアーは実績も抜群!?
ITEM
ブリーデン メタルマル
全長:50ミリ

▼メタルマルの秘密を解説!

磯は、比較的大型が狙いやすいといわれるフィールド。水深のあるディープエリア攻略に加え、沈み根や海藻などの要素が絡み合うため、非常に難易度が高いポイントです。根掛かりを回避しつつ、ピンスポットでゆっくりとした誘いが可能なスロー対応ジグがおすすめです。
ショアスロー専用モデル!沈み根攻略に最適!?
ITEM
ゼスタ スロービー
全長:52ミリ
自重:40グラム

ショアスローの原点!エース級のメタルジグ
ITEM
アングラーズリパブリック スローブラットキャスト ワイド
全長:76ミリ
重量:40グラム

コスパ抜群!?ジグパラのスローモデル
ITEM
メジャークラフト ジグパラ スロー
自重:10~60グラム

船(オフショア)

船においても、スロージギングが基本となります。ワンピッチジャークを中心に、徐々に誘う速度を変えましょう。
フォール姿勢が逸品!コスパに優れた人気モデル!
ITEM
アングラーズリパブリック スローブラットL
全長:164ミリ
自重:150グラム

スロージギングの金字塔!
ITEM
ディープライナー スピンドルナロー
全長:115ミリ
自重:130グラム

激戦区で産声を上げた伝説のジグ!?
ITEM
ディープライナー スパイファイブ
全長:133ミリ
自重:130グラム

ヒラメをメタルジグで狙う場合のアシストフック

ヒラメ メタルジグ アシストフック
ベイトを吸い込むことより、噛みつくことに特化したヒラメの口。捕食方法に合わせてフッキング率をアップさせるには、アシストフックのセッティングにもコツがあります。
▼アシストフックを自作してみよう!

フロントフック

ヒラメ メタルジグ フロントフック フロントフックは、メタルジグの半分ほどの長さを目安にしましょう。2本で使用をする場合は、段差仕様がおすすめです。動作は悪くなりがちですが、フッキング率の向上に繋がります。

リアフック

ヒラメ メタルジグ リアフック
出典:Amazon
リアフックはトレブル? シングル? と悩まれる方も多いのではないでしょうか。ヒラメの場合、トレブルフックよりシングルフックの方が一般的。吸い込まず、噛みつきで捕食を行うヒラメにとって、トレブルフックを用いる恩恵を受けづらいことが要因です。

ヒラメをメタルジグで攻略しよう!

ヒサメ メタルジグ サーフ
出典:シマノ
釣っても楽しい、お土産としても喜ばれるヒラメ。年々専門で狙うアングラーも増えています。早朝のサーフでは、釣り人がズラリと並ぶ光景も見受けます。そんな状況では、釣ることも一苦労。ライバル達の“竿抜けポイント”を目指して、メタルジグを遠投してみましょう。まだ見ぬヒラメとの出会いが、あなたにありますように!

ヒラメ メタルジグ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

この記事のキーワード

TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!