今夜の宿はマイカーです【車中泊】楽しむコツと釣り場にひそむ意外な注意点とは?

アウトドアの楽しみ方を広げてくれる車中泊。車の中で寝泊まりできる手軽さと、コストがかからないのがうれしいところ。でも実は、車中泊にはさまざまなリスクがあることも忘れてはいけませんよ。この記事を読んで、安全・快適な車中泊を過ごしましょう!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

車中泊は釣り人の強い味方だ!

車中泊マット
出典:Amazon
宿を使わない、手軽な外泊方法として人気の車中泊。最近では、睡眠を取りやすいように、シートがフルフラットになる車種も目立つようになり、車中泊を積極的に楽しむ人が増えてきたことがわかります。

釣り人こそ車中泊

釣り ボート
出典:PIXTA
道具代、ボートレンタル代、秘境と呼ばれる場所までの遠征費など……。 なにかとお金のかかる趣味が釣りですね。「お金がないけど、釣りにはいきたい」。そんなときに、真っ先に思い浮かぶのが宿泊代の削減ではないでしょうか?

宿泊をともなう釣行はしないという人でも、朝マズメまでの時間を仮眠に充てたり、昼の釣れない時間を休憩したりと、何かと車内で睡眠をとる機会は多いものです。


あらためて車中泊の魅力について考えてみた

車中泊の魅力は経済面だけではありません。アウトドアマンや釣り人ならではのメリットもたくさんあるんです。ここでは具体的にどんな魅力があるのか、あらためて考えてみることにします。

車中泊の魅力①:チェックイン・チェックアウトを気にしないでいい

釣り 朝
出典:PIXTA
車中泊は「時間的制約」がないという大きなメリットがあります。ホテルや宿を予約することで発生する、チェックイン・チェックアウトなどの縛りがありません。日の入りから日没まで釣りを堪能したい人にとっては、これ以上のメリットはないでしょう。

車中泊をすることで時間を気にせず、自由気ままにスケジュールを立てることが可能です。

車中泊の魅力②:キャンプのように特別な道具がいらない

テント キャリーケース 野外で寝床を確保するにはテントなど、ある程度のアウトドア用品が必要となります。極端な話、車中泊であればシートを倒して寝ることができるので、寝袋ですら省略することができます。※寒い時期は注意が必要です。状況に合わせて用意しましょう。

もちろん、車中泊マットやカセットコンロなどを常備すれば、お手軽にキャンパー気分も楽しむことができます。

車中泊の魅力③:旅費が安く済む

財布
出典:PIXTA
宿泊費がかからないため、旅費を大きく節約できます。車を駐車するスペースさえ確保できれば、そこが宿泊場所になるのです。

場所によっては、人気の車中泊スポットも存在し、“まさかの満車”なんてことも。事前に下調べをしておくことが、安心・快適な車中泊のキーポイントになります。

車中泊の魅力④:釣り場のすぐ近くで朝を迎えられる

釣り 朝
出典:PIXTA
釣り人にとって何よりのメリットといえるかもしれません。朝マズメの大事な時間を無駄にすることなく、効率的にゲーム展開することができます。人気のスポットにいち早く入ることができれば、その日の釣果が大きく変わることもあるかもしれません。


忘れちゃいけない車中泊の“意外な注意点”

これまでは、車中泊のメリットについてご説明しました。が、車中泊もメリットばかりとは限りません。

下記では、車中泊をする際に留意するべきことや、リスクについてまとめてみました。快適な車中泊のために、しっかりと押さえておきましょう!

注意点①:エンジンは切っておこう!

エンジン 鍵
出典:PIXTA
車内で睡眠を取る際、エンジンのかけっぱなしは厳禁です。近隣住民への騒音対策だけでなく、一酸化炭素中毒に陥る危険性も考えられます。特に冬場の降雪時は、雪がマフラーに詰まることで、車内に排気ガスが流入し非常に危険です。

車中泊の際は、必ずエンジンを切ったことを確認した上で、睡眠を取るようにしましょう。

注意点②:夏は暑い!冬は寒い!

車 断熱 いくら車内とは言えど、夏は暑く、冬は寒いというデメリットもあります。特に夏の車中泊は脱水症状の危険性も十分に考えられます。

夏場であれば、断熱シートやメッシュカーテンなどの利用、冬場であれば、保温性の高い寝袋や、シートヒーターなどを上手く利用することで、暑さ・寒さ対策が可能です。

注意点③:事件に巻き込まれるリスク

車 犯罪
出典:PIXTA
車内で寝ている時は無防備な状態。このことから、イタズラや盗難など、犯罪の標的になる可能性が考えられます。

駐車スペースを選ぶ際、人気の無い閑散とした場所は避け、ある程度オープンな場所を選ぶようにしましょう。また、プライバシーサンシェードやドライブレコーダーなどのアイテムも、防犯対策につながります。

▽車での防犯対策に役立つ記事はこちら。

注意点④:風呂・トイレの存在

トイレ
出典:photoAC
車中泊は駐車の許された場所であれば、基本的にどこでもできるのがメリットですが、トイレや風呂が近くにないというリスクも。特に、釣り場が近くなればなるほど、その傾向は顕著に表れるでしょう。

注意点⑤:その場所、車中泊OK?

出典:PIXTA
物理的に車を停められるからといって、その場所が車中泊が可能であるかどうかは別の話です。車中泊の代表的な場所といえば、道の駅が知られていますが、それぞれの施設により規定がことなることもあります。

遠征場所や釣行のフィールドが決まったら、事前にその付近で車中泊が認められている場所があるかを探しておくようにしましょう。

 


車中泊をもっと楽しむための“4つのコツ”

翌日の釣りを思う存堪能するための車中泊。しっかりと体のコンディションを整えることはもちろん、せっかくなら、車中泊も快適に楽しく過ごしたいものですね。

ここでは、車中泊をもっと楽しむための『4つのコツ』をまとめてみました。詳しく見ていきましょう!

準備や周辺施設の下調べは入念にしておこう

コンビニ 看板
出典:photoAC
宿泊施設に泊まるのとは違い、周辺がどんな環境であるかを調べておくことがとても大事です。コンビニや、スーパーなど、必要なものがすぐ買い出しできる環境であるかもチェックしておきましょう。

温泉やスーパー銭湯などが近くにあることがマスト

温泉
出典:photoAC
汗をかいたり、疲れたり。自然と触れ合うことで、当然体も汚れますね。アウトドアの醍醐味とも言えます。そんな時こそ、温泉に浸かってスッキリしたいものです。

スーパー銭湯などの温泉施設があれば、疲れた体もリフレッシュ! 翌日も清々しい朝を迎えることができます。

車中泊にピッタリな車を選んでみよう

ダイハツ ウェイク フルフラット
出典:DAIHATSU
車中泊を楽しむための大前提として、最適なクルマ選びが肝要です。圧迫感を感じない広々とした車内や、充実した装備、フルフラット対応など、ある程度のスペックが求められます。

近年では、軽自動車でも室内空間の広さをウリにした車種が多数出回っています。ぜひチェックしてみてください。

▽車中泊に最適な車を紹介している記事はこちら。

車中泊でも快眠できるグッズを活用しよう

FIELDOOR 車中泊マット 慣れない車中泊では、なかなか“快眠”とまで、ぐっすり寝ることが難しい人も多いですよね。そんな時は、車中泊での睡眠をサポートしてくれる便利グッズを使用してみるのもいいでしょう。

▽車中泊における“睡眠の質を向上できるグッズ”を紹介している記事はこちら。

上手な車中泊でスマートに釣りを楽しもう!

車 夜
出典:PIXTA
釣り人にとって何かとメリットの多い車中泊。注意点やリスクもしっかりと踏まえることで、快適・安全に過ごせることがおわかりいただけたと思います。

車中泊には万全な準備を。上手に車中泊を取り入れて、心置きなく釣りを楽しみましょう!

関連記事

▽釣りと車に関連する人気の記事はこちら。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
グランダー三平
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!