フライロッドの選び方!おすすめ10選紹介

2016/02/18 更新

フライロッドとはフライフィッシングをする際に使用するロッドのことを指し、現在では幅広い魚種を狙うことができるようになっています。フライロッドは釣り場所や自分の経験、好みによって選び方が変わってきます。ここではそんなフライロッドの選び方、おすすめロッドを紹介していきます!


アイキャッチ画像出典:PIXTA

フライロッドの選び方

フライタックル
出典:PIXTA
フライロッドには釣りを行う場所、経験値によっておすすめのロッドが変わってきます。基本的にはフライロッドに記載してあるので確認するようにしましょう。フライロッドを選ぶポイントとして3点ご紹介していきます。

番手

フライロッドにはロッドごとにフライラインの重さが指定されており、”番手”として定められています。飛距離を出そうとすればするほど大きい(重い)番手が必要になります。釣りを行う場所によって適した番手は変化しますが初心者の場合扱いやすく、魚を刺激しにくい比較的軽めのものがおすすめです。

アクション

フライロッドで使われるアクションとはそのロッドの硬さの調子を指します。大きく分けてこのアクションは3つに分類されておりファストアクション(硬い)、ミディアムアクション(中間)、スローアクション(やわらかい)になっています。これはフライフィッシングをする際に重要なポイントとなります。
硬いものにはカーボン素材のものが多く、折れる危険性があるため初心者にはミディアムアクションをおすすめします。

長さ

フライロッドの長さは主にフィートで表されます。渓流などではあまり長くない方が扱いやすく、8フィートくらいのものがおすすめです。一方、釣り堀や湖などでは遠投をする必要がでてくる、また風に煽られることを防ぐために長めの9フィート前後のものがおすすめです。(1フィート=約0.3m)

おすすめフライロッド紹介

ITEM
ティムコ EUFLEX グラスマスター GM733-5 NSF
全長:7.3ft
継数:5本
適合ライン:#3

ITEM
ティムコ ユーフレックス インファンテ 704-6 バックパッカーSP
全長:7.0ft
継数:6本
適合ライン:#4

ITEM
天龍 フェイテス パッカー FP763-6
全長:7.6ft
継数:6本
適合ライン:#3

ITEM
天龍 フェイテスエクスドライブ ダブルハンド FED1104 #5/6
全長:11.0ft
継数:4本

ITEM
モーリス イワイドリフト ID783-4
全長:7.8ft
継数:4本
適合ライン:#3

ITEM
モーリス イワイドリフト ID833-4
全長:8.3ft
継数:4本
適合ライン:#3

ITEM
シマノ ブルックストーン 804
全長:8.0ft
継数:3本
適合ライン:#4

ITEM
ダイワ ロッホモア プログレッシブII F853-3LL
全長:8.5ft
継数:3本
適合ライン:#3


ITEM
アルファタックル リバーランズ ブラウン ストーンパック 76#3
全長:7.6ft
継数:6本
適合ライン:#3

ITEM
キャップス キッズシックス6Pcs KID-SIX 6023
全長:6.0ft
継数:6本
適合ライン:#2-3

フライロッドの奥は深い!

フライ
出典:PIXTA
フライロッド選びは種類が多くなっているので、初心者は入門用のフライロッドの購入をおすすめします。フライフィッシングは奥が深くベテランになるにつれこだわりもでてくるはず。ぜひ自分の釣具で釣りに挑戦してみてください!

▼関連記事

フライロッド
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!