ガーグリップの画像

ガーグリップで魚をしっかりキャッチ!特徴とラインナップまとめ

2022/11/01 更新

ガーグリップは、ワニグリップと並ぶ人気のフィッシュグリップ。魚をしっかりと掴む機能は同じものの、どの様な違いがあるのか……。今回は、ガーグリップの特徴とラインアップをご紹介します。

目次

アイキャッチ画像出典:釣具のポイント

ガーグリップについて

 

ガーグリップの画像出典:パゴス

第一精工が発売するガーグリップ。同社のワニグリップと並び、フィッシュグリップで人気のアイテム。「てこ」の原理でワニクリップよりも強く魚を挟むことができ、カラビナが付いているのでベルトループに引っ掛け、身につけることで、落下防止や釣り場に置き忘れることが防げます。また、専用のケース付もラインナップされているので、ランガンを行うアングラーにはスマートに収納ができる便利なアイテムですい。

ガーグリップと並び第一精工の人気アイテム、ワニグリップはこちらでチェック!


ガーグリップの特徴

主な用途は、魚を掴むことであるガーグリップ。その特徴はどの様なものであるのか、ご紹介します。

チョイ摘まみが可能!

太刀魚やサゴシといった、歯の鋭いフィッシュイーターから釣針を外す場合、素手だと怪我をする恐れがあります。こうした場合は、ガーグリップの先端で魚の口を掴んで、工具を使って針外しをすると安全です。また、予期せず毒魚が釣れてしまったり、歯がすり鉢状で頑丈なチヌなどの針外にも、同じ使い方ができます。

大型魚までしっかりホールド

ガーグリップの特徴の画像

出典:Amazon

釣針を外す場合に、魚が暴れることでフックが誤って指に刺さってしまう恐れもあります。特にシーバスなど大型のフィッシュイーターの場合、釣り上げた後も激しく暴れ、鋭いエラで指を切られてしまうこともあります。釣り上げたら最初にしっかりホールドし、暴れないようにする際に鋭い歯でがっちりつかめるガーグリップがあると便利です。

小型魚にも便利なナノサイズ

アジやメバルなど、小型魚は回遊のタイミングが合うと爆釣状態になります。釣れた都度、針外しを素手で行うと、手だけではなく、ロッドやリールも魚の表面のヌメリで汚れます。こうした場合に小型魚にも便利なナノサイズがラインナップされています。

ガーグリップのラインナップ

ガーグリップにはオールラウンドに使えるノーマル仕様と、小物用に便利なナノ仕様の2つがラインナップ。それぞれの仕様の概要と、使い分けなどの参考になるレビューもあわせていくつかご紹介します。

ガーグリップ

歯の鋭いフィッシュイーターの針外しの際に大活躍!

第一精工 ガーグリップMC カスタム

ガーグリップサイズ:235×58×16mm
ガーグリップ重量:120g
ホルスターサイズ:237×43×35mm
ホルスター重量:70g

手の大きな私にはとても扱いやすいサイズです。作りもしっかりしているので、安心して使えそうです。実運用はまだですが、歯もしっかり立っているので魚を掴む際も抜けることはなさそうです。ワニグリップもいいですが、このタイプの方が手が疲れなくてお勧めです。(出典:楽天市場みんなのレビュー

アジングで使っていますが、他魚種にも使えるから最高ですね。(出典:楽天市場みんみんなのレビュー

ガーグリップ ナノ

波止の小物釣り、管理釣り場の魚のフック外しの際に手が汚れず便利

第一精工 ガーグリップ ナノ+ホルスター

ガーグリップナノサイズ:94×57×16mm
ホルスターサイズ:34×36mm
総重量:80g

全体的に軽いけど材質は頑丈そうです。魚が口を開けている場合は簡単に掴めますが、固く閉じている時は手間取ります。掴む部分が鋭いのでリリースする場合には可哀想かもしれません。(出典:楽天市場みんなのレビュー

ガーグリップがあれば安心!

 

ガーグリップナノの画像出典:Amazon

アジングやメバリングなど小物釣や、稀にエラの鋭い大型のシーバス、歯が鋭いサゴシ、頑丈な歯を持つチヌが釣れると、フックを外す際に、予想以上に魚が暴れケガしそうになってしまうことがあるのではないでしょうか。こうした場合に、より安全かつ快適に釣りを楽しむ上で、ガーグリップがあれば安心して楽しめるのではないでしょうか。