【初心者やファミリーにも】三浦半島の釣りスポットおすすめ8選!エギング/ショアジギング/餌釣りに最適(3ページ目)

海外港


二町谷港の隣にある小さな漁港。海外と書いて「カイト」と読みます。細く伸びた堤防は釣り座が限られますが、先端部分が良ポイント。手前の根を超えると3~5メールほどの水深になり、良型のアイナメやカサゴなどが期待できます。湾内はおおむね3メールほどの水深で、外が荒れている時などはこちらで釣るのが良いでしょう。ダンゴ釣りで黒鯛、投げ釣りでアイナメやカサゴを狙うことができます。夜釣りでメバルを狙うのも面白いでしょう。

諸磯護岸


東に向かって深く切れ込んだ諸磯湾にある長い護岸堤防。風に強く足場も良い為、非常に釣りのしやすい場所です。湾の奥では良型のハゼの実績が高く、お子様連れでも楽しむ事ができます。湾全体としては砂地交じりの岩礁帯で、キスやカサゴなどを投げ釣りで狙うことができますが、水深は浅く、干潮時は避けた方が良いでしょう。湾の入口付近は、カサゴやアイナメ、アオリイカの実績も高くルアーやエギングを楽しめます。

三戸浜堤防


海水浴場が隣にあり、駐車場とトイレが近くにあります。夏場に釣りをする際は混み合うため注意が必要です。海水浴場方面の海中は岩礁帯となっており、根魚の良ポイントですが、根が点在しており根掛かりには注意が必要です。堤防先端はテトラポッドが沈めてあり、満潮時であればブラクリ仕掛でのカサゴやアイナメが狙い目。浮きフカセでメジナやクロダイも楽しめます。諸磯方面は投げ釣りでのアナゴの実積もあり、夜釣りも面白いでしょう。

釣って食べて三浦の魚を満喫しよう!

三崎

東京湾と相模湾を隔てるようにのびる三浦半島。その先端にある三浦市は全体的に潮当たりも良く、様々な魚を釣ることができる良スポットが数多くあります。また、マグロで有名な三崎周辺は、新鮮で美味しい魚料理を食べれるグルメスポットも多く、釣りと食で魚の魅力を堪能することができます。家族や友人と行くのも楽しい場所ですので、機会があれば是非、三浦へ足を運んでみてくださいね。

3 / 3ページ