エイトノット=8の字結びを動画&イラストで解説!チチワ作り・エダス結びに必須

2021/09/13 更新

『エイトノット』はのべ竿(リリアン)と道糸を結ぶ場合や、仕掛け用のコブ作りに使われる結び方です。結び目が8の字になることから、“別名を8の字結び”とも呼ばれます。今回はチチワ作り・エダス結びに必須のエイトノットをイラストで解説します。

制作者

グランダー三平

三度の飯より釣り好き。幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。釣った魚を食す幸せを伝えたい!

グランダー三平のプロフィール

...続きを読む


アイキャッチ画像製作:TSURI HACK編集部

エイトノットとは?まずは動画でチェック

『エイトノット』は結束途中の形が数字の“8”に似ていることから、8の字結びとも呼ばれます。

釣りでは、仕掛け作りはもちろんのこと、土佐カツオの1本釣り漁師さんには、お馴染みの結び方です。登山では、クライミングハーネスとロープの結束にも使われています。

エイトノットのやり方動画はこちら

どんな用途・素材に向いているか

『エイトノット』(8の字結び)はさまざまな用途で使える結び方です。リリアン(のべ竿の先)と道糸の結束、チチワやライン同士の結束などに用いられます。

のべ竿で釣りをする場合には、必須の結び方なので是非覚えてみましょう。

>>次ページでは画像で詳しく解説


エイトノットの結び方を画像で解説!

続いてエイトノットの手順を画像でも解説していきます。

手順1

エイトノット 手順1 道糸を折り返して、ループを作ります。

手順2

エイトノット 手順2 交差部分を指で固定し、ループを下方向に180度ねじります。

手順3

エイトノット 手順3 S字を描くように、先端をループの中に通します。

手順4

エイトノット 手順4 8の字になるよう、左右から道糸を引っ張ります。
※交差部分を押さえてゆっくり引っ張るのがポイントです。

手順5

エイトノット 手順5 しっかり締め込み、余分なラインをカットすれば完成です。
画像製作:TSURI HACK編集部

結び方のおさらい

道糸を重ね二重にしたら、先端を本線の上側・下側と通し、できた輪に先端を通し8の字を作ります。

交差している部分を押さえてゆっくりとひっぱればエイトノット(8の字結び)の完成です。

結び方のコツ

最初はわかりやすいように、大きく8の字を作るのがポイント。慣れてきたら必要な分だけ先糸を出すよう調整してみてくださいね。

エイトノットはとっても簡単!

池や小川での釣りはのべ竿で始めるのが一番簡単。その際、道糸と釣竿の結束に覚えておきたい結び方はエイトノットです。

簡単なので今回ご紹介したイラスト手順を参考に是非覚えてくださいね。

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD