【ループノット】結び方を画像解説!基本的なルアーの結束方法とは

ループノットは、ルアーとラインの結び目に余裕を持たせたループが特徴の結束方法ではないでしょうか。初心者も最初に覚えておきたい! ルアーの自由度が高い結束方法の基本のループノットの結び方を解説します。


アイキャッチ画像提供:asasei

ループノットについて

ループノットの画像
提供:asasei
ループノットは、ルアーとラインを結束するノットワークのひとつ。その特徴は、ルアーアイに対して結び目が離れています。ルアーアイに密着するノットに比べ、自由に動くスペースがあるので、ルアーアクションの妨げ軽減になります。特に「スプリットリング」が付いていないルアーにオススメです。

ループノットの強度

ループノットの強度の画像
提供:asasei
ラインにかかる力が、「クリンチノット」や「ユニノット」は緩衝なく伝わります。それに対しループノットは、ループを介して力が伝わるので、ノット強度は高くなるとされています。ユニノットなどの結束強度に不満がある場合は、試してみてはいかがでしょうか。

ループノットの結び方

ループノットの結び方は、他のノットワークに比べ手間が増えてしまいますが、慣れてくると自然にできるようになります。覚えておくと様々なメリットがありますので、是非マスターしておきましょう!

ループノットの結び方 画像解説!

それではノットワークについてポイントを抑えながら、手順を確認していきましょう!

手順1.
ループノットの結び方手順1の画像提供:asasei
ラインに片結びを作ります。

手順2.
ループノットの結び方手順2の画像提供:asasei
端糸をルアーのアイに通します。

手順3.
ループノットの結び方手順3の画像
提供:asasei
片結びの輪の中に端糸を通します。

手順4.
ループノットの結び方手順4の画像
提供:asasei
ユニノットのイメージで、もう一度端糸の先端を片結びの輪の中に通します。

手順5.
ループノットの結び方手順5の画像
提供:asasei
さらに端糸の先端を片結びの輪の中に通します。

手順6.
ループノットの結び方手順6の画像
提供:asasei
ルアーアイと結び目の距離が、約1センチほどになる様に、元糸と端糸にテンションをかけて締め込みます。
※ループノットはここで完成になります。以下手順7.より強度増しをご紹介します。

手順7.
ループノットの結び方手順7の画像
提供:asasei
ハーフヒッチを2回ほどかけます。

手順8.
ループノットの結び方手順8の画像
提供:asasei
端糸にテンションをかけて、しっかりと締め込みます。

手順9.
ループノットの結び方手順9の画像
提供:asasei
端糸をカットして完成です。

ルアーの能力を引き出すループノットをマスターしよう

ルアーの画像
出典:PIXTA
ルアーはリーリングやロッドアクションでルアーが移動する際に受ける水流などによる抵抗で、ベイトの動きに近い周期で振動したりローリングしたりするように設計されています。ルアーの能力を引き出す上で、ラインの結束部分に自由度を持たせ、ルアーの動きをより自然にする、ループノットは有効と言えるでしょう。

ループノットの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
グランダー三平
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!