【ルアーアクションに遊びを!】ループノットを動画・画像で詳しく解説

2020/04/02 更新

ルアーアクションに遊びを持たせることができる結束方法『ループノット』。ルアーとラインの結束、特にトップウォータープラグなど動き重視のルアーに向いています。今回はループノットのやり方を動画・画像で詳しく解説していきます。


アイキャッチ画像製作:TSURI HACK編集部

ループノットとは?まずは動画でチェック

ループノットはルアーとラインの結束方法のひとつです。

名前の通りループをつくるため、その分遊びが生まれルアーに自由なアクションをつけることができます。

ループノットのやり方動画はこちら

どんな用途・素材に向いているか

バス用のペンシルベイトやポッパーなど自由度の高いルアーに向いていますが、キャスト時に負荷がかかかるので、スナップ使用時に比べると強度はそこまで高くないと言えます。

ナイロンやフロロラインを使ったルアーとの直結や、スプリットリングが付いていないルアーとの結束、スナップがないときにも出番です。

>>次ページでは画像で詳しく解説


ループノットの結び方を画像で解説!

続いてループノットの手順を画像で解説していきます。

手順1

ループノット 手順1 先端を20〜30センチほどだし、片結びを作ります。

手順2

ループノット 手順2 ライン先端をルアーのアイ部分に通した後、片結びのループの中に通します。

手順3

ループノット 手順3 ライン先端とルアーをひっぱり、片結び部分をアイ部分まで移動させます。

手順4

ループノット 手順4 メインライン上に、再度ループを作ります。

手順5

ループノット 手順5 本線にユニノットで2回結びます。

手順6

メインラインをひっぱりアイ部分の片結びをユニノット側に移動させ、1センチほどのループを作ります。

手順7

ループノット 手順7 イラストのようにメインラインとルアー側の結び目がくっつくように移動させ、締め込みます。※結び目を補強する場合はハーフヒッチを数回行います。

手順8

ループノット 手順8 余分なライン先端をカットすれば完成です。
画像製作:TSURI HACK編集部



結び方のおさらい

片結びのループをつくり、ライン先端をルアーのアイに通したあと、さきほど作ったループに通します。

アイ側にむかってゆっくりと締め込み、本線にユニノットを2回。アイ側の結び目を移動し、ループを調整すれば完成です。

ループをつくったあと、ユニノットで締め込むのが通常のループノットですが、クリンチノットで締め込むとノンスリップループノットと呼ばれます。

ループノットでアクションに自由度を!

遊びをもたせたループで、ルアーアクションに自由度をもたらしてくれるループノット。

トップウォータープラグしかないのに「スナップがない!」そんなときにも覚えておくと役立ちますね。

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
ループノット 手順7
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
グランダー三平
グランダー三平

三度の飯より釣り好き。 幼少期より川・海問わず色々な魚種を釣ってきました。 釣った魚を食す幸せを伝えたい!

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!