ホントのところどうなの?【雨の日の釣り】にまつわる“噂”をマジメに考察!

「雨の日は魚が釣れやすい」そんな話しがアングラーの間で通説となっていますが、はたして、それは本当なのでしょうか?今回は、雨が釣り場にもたらす影響や、魚が釣れやすいと言われる理由、アングラー側からみた「釣れやすさ」について考察していきます。


アイキャッチ画像出典:pixabay

雨の日は魚が良く釣れる?

雨の釣り
出典:pixabay
「雨の日は魚が釣れやすい」そんな話しがアングラー間で通説となっていますが、はたしてそれは本当なのでしょうか?今回は雨が釣り場にもたらす影響や、魚が釣れやすいと言われる理由、雨天釣行のリスクについて考察していきます。
※本記事の情報は、あくまでも一説であり、その真偽を確定するものではありません。また本記事は雨天時の釣行を推奨するものではありません。

雨が降る=どうなるの?

では具体的に、雨が降る事で釣り場にどんな変化が生まれ、それが「釣れやすさ」にどう影響してくるのでしょうか?雨が釣れると言われる理由を考察していきます。

釣り場を独り占めできる

雨の釣り人
出典:pixabay
普段は隣の釣り人に気を使うようなポイントも、雨の日は釣り人が減り、場合によっては釣り場を独占できる事もあります。普段なら、先行者や隣の人に釣られていたであろう魚を、自分で釣る事が出来る。競争相手がいないという事は、「魚と出会える確率が上がっている状況である」と言えますよね。

人的プレッシャーが減る

雨の魚
出典:pixabay
岸に立ち並ぶ釣り人の姿に警戒し、岸から離れていた魚は、釣り人が減る事で岸際に戻ってきやすくなります。キャストが届く範囲(岸際)に魚がいれば、とうぜん魚の目の前にルアーをアプローチ出来る確率も高まります。また、雨は水面を波立たせ、魚の居る水中からアングラーの立つ岸際を見えづらくする効果や、釣り人の発する音や振動を掻き消す効果も期待できます。

雨が魚の警戒心を解く

魚を狙う鳥
出典:pixabay
魚の天敵として挙げられる鳥。雨が降るという事は、水面に雨が打ちつけられ、水中の様子が分かりづらくなるという事になります。つまり、鳥にとっては狩りがしにくく、魚にとっては、晴天時よりも安心して餌を食べれる状況であると言えます。また雨だけでなく、曇天時や朝夕といったローライトコンディションも同様、鳥が魚を見つけにくい状態である為「魚がプレッシャーから解かれ、釣れやすくなる」という説があります。

暗さ・濁りが魚を騙しやすくする

ローライトコンディション
出典:pixabay
雨が降ることで入る濁りは、「ルアーやラインの存在をカムフラージュし、魚を騙しやすくする」という効果が期待できます。実際に、ルアーがハッキリと見える時より、水に適度な濁りが入った時や、曇天時や朝夕といったローライトコンディションのほうが、魚を騙しやすいと感じているアングラーも多いのではないでしょうか。

また、雨によって流れ落ちてきた生物(ミミズ・虫)に似せたルアーを投じ、状況にピタリとハマる、マッチザベイトをする事でより良い釣果を得られるケースも存在します。

 低気圧で魚が浮く

泳ぐ魚
出典:pixabay
雨の降る原因の一つに、低気圧から来る天候の崩れというものがあり、低気圧は魚の活性を上げるファクターとして語られる事が多々あります。魚は体の中の浮き袋で浮力の調節を行っていますが、急激な気圧変化により浮力調整が追いつかず「魚が浮き気味になる事で釣れやすくなる」といったものや、水面を押さえつけていた圧力が低くなり「魚が水中で動きやすくなる為に釣れやすくなる」といった説もあります。

ですが気圧の変化というのは、水深が深くなるにつれその影響も小さくなりますので、元々タナが深い海の魚にとってはあまり意味をなさない、とも言われています。

食糧を食いだめする

食いだめ
出典:pixabay
越冬の為に大量の食糧を食いだめする動物がいますが、魚にとって低気圧というのは「小さな冬の前触れ」と言えるかもしれません。仮に豪雨によって強い濁が入れば、水中の視界不良や酸素不足により、今まで通りに餌を食べられる保証はありません。その為、水中の環境が完全に悪化する前に栄養を蓄えておく必要があると言えます。また、風や雨の強さによっては餌が魚の元に流されてくるので、魚にとっては絶好の食いだめチャンスであるとも言えます。

降雨=良い事ばかりではない

前述の説を踏まえると、雨は良い事ばかりのような気もしますが、実は以下のようなデメリットも存在します。

釣り場における危険性が高まる

落水
出典:pixabay
雨が降れば、当然釣り場の足元も滑りやすくなります。場合によっては、高所からの滑落で大ケガをしたり、そのまま落水してしまう事も考えられます。また河川では増水・鉄砲水などの危険も高まりますし、海では突然の高波にも注意が必要です。また、前述で「釣り人が少なくなる」と説明しましたが、それはイコール「事故に遭っても、誰にも気づいてもらえない可能性がある」という事でもあるのです。

もちろん普通に釣れない事もある

落胆
出典:pixabay
雨がいくら釣れやすいと言われていても、自然が相手の釣りに絶対はありません。渋い晴れの日があるように、渋い雨の日も存在し、10時間やってもボウスという事が、往々にしてあるのです。

アングラーのメンタルに影響する

雨にうたえば
出典:pixabay
雨でハイテンションを維持出来るのはミュージカルの世界だけです。レインウェアを着ていても、湿気や雨のしずくによる不快感、熱い・寒いといった問題が雨の日にはついてまわります。自ずと集中力にも影響し、いつもより実力を出せなかった。といった事もあるでしょう。

準備・後片付けが面倒

乾燥機
出典:pixabay
雨の釣りには当然レインウェアが必要です。ウェアを着込む時間、使用後の雨具や釣具を乾かす手間など、晴れの日にはない準備と後片付けが、雨の釣行にはつきものです。

強い濁りがもたらすもの

濁った水
出典:pixabay
前述で、適度な濁りが入った時のほうが魚を騙しやすくなると述べましたが、それは適度な濁りであって、強い濁りが入ったケースは別です。強い濁りの中では、魚がルアーを見つけられませんし、濁りは水中の不純物でもある為、魚の呼吸を妨げる(活性を下げる)要因にもなります。また、真水が大量に流れつく河口付近では、真水を嫌う海水魚の活性を下げる事にもなります。

雨の温度がもたらすもの

温度
出典:pixabay
寒冷前線下の冷たい雨など、水温に大きな変化をもたらす雨も存在します。雨によって水温が低下し、魚の適水温から離れれば離れるほど、魚の活性は悪くなっていきます。また、高気圧による局地的な天気雨などは、魚の活性を下げる原因とも言われています。

※水温は気温よりも変化しにくいものですので、雨による水温への影響というのは、降雨直後ではなく、後々に響いてくる事が多いです。

雨が釣れるは……

個人の感想
出典:pixabay
例えば、10日間ある晴天時に「1日」だけ沢山釣れる日があったとします。10日間ある雨天時にも「1日」だけ沢山釣れる日があったとします。そして、その雨天時の「1日」に出くわした人が、「雨の日は釣れる」と言っていたのだとしたら、それは雨だから釣れたのではなく、「たまたま釣れた日が雨だった」とう事になり、雨と釣れやすさの因果関係の説明にはなりません。

疑問点
出典:pixabay
もちろん、これは極端な例ですし「雨が釣れる説」を否定出来るものではありません。実際に、雨だから釣れた、雨だから大物が釣れた、天候が崩れる時がチャンスといったような声も多いです。

様々な意見
出典:pixabay
ですが「雨の日は釣れる」という意見と同じく「雨はさほど釣れない」という意見や、「晴れのほうが釣り易い」といった意見がある事も無視はできません。つまり、雨が釣れるかどうかは個人の感想(特定の魚種・条件・フィールド)による所が大きく、雨による絶対的な効果・効能を示すものではない、という事が言えるのです。

信じるか信じないかはアングラー次第です

雨の釣り場
出典:pixabay
雨のメリット・デメリットをどう感じ、どう受けとるかは、釣り人の数だけ答えがあります。ですが「雨は釣り場の危険性を上げる」という事は無視してはいけません。アングラーのみなさんはぜひ「自分の安全を第一」に考え、ご自身のフィールドで「雨は釣れるか!?」の答え合わせをしてみて下さいね!
※本記事の情報は、あくまでも一説であり、その真偽を確定するものではありません。また本記事は雨天時の釣行を推奨するものではありません。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
TSURI HACK編集部
TSURI HACK編集部

TSURI HACK運営&記事編集担当。海から川・湖、エサ釣りからルアーまで幅広く釣り情報をお届けします!

 

LINEでTSURI HACKをもっと手軽に。

おすすめの釣具から魚種ごとの釣りテクニックまで釣りに関する情報を毎日配信!
LINE友達限定の毎月当たるプレゼントキャンペーンも開催中!