【ベイトシーバスのリアル】ベイトタックルってシーバスフィッシングに必要なのか!?メリット&デメリットを考える

2021/07/02 更新


記事内画像・文:ちゃったTV なおと

【リアルを語ります】シーバスにベイトタックルは必要なのか

通称「ベイトシーバス」。

技術の進化や専用タックルが増えてきたことにより、ベイトタックルをシーバスフィッシングに用いるアングラーが増えましたね。

ただ……スピニングタックルを普段から愛用する方々からすると、

今までシーバスってスピニングタックルで事足りていたよね?

「結局トラブル多そうだし、めんどくさいんじゃない?」

って思われる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、シーバスフィッシングにおける“ベイトタックルのリアルな部分”をご紹介できればと思います。

ベイトタックル=ピン打ち、ビックベイト専用ってイメージ

出典:ACフォト
ベイトタックルが本当に必要なシーンというと、以下の2パターンだと思います。

▼ピン打ち

橋脚やバース、橋の下、岸沿いなどなど。

サミングがしやすいベイトタックルでは、狙いたいピンが決まっている場所で圧倒的に有利です。

▼ビッグベイト(空気抵抗の大きいルアー)

3号以上のPEラインを使用するとなるとベイトに利があります。

あとはスピニングでビッグベイト投げると、空中で回転するためあまり飛びません。

意外と少ないベイトシーバスがマストで欲しいシーン


じつは「ベイトタックルじゃなきゃ!」というシーンは、シーバスというカテゴリでは非常に少ないんです。

正直コントロールなどもスピニングと同じくらいの精度で撃てますし、4000番のリールに4号でビッグベイト投げられるしスピニングでもできるんですよね。

「ほな、要らへんやん!」って思いましたか? 違う違う!そうじゃない!

さらに突っ込んだところ考えていくと、「ベイトっていいな」となるので、これからそこをお話していきます。

なおと
「ベイトシーバスってただの自己満足でしょ?」ってこの前言われたので、今からそれを覆してやります!笑

ベイトを使う意味

さあ、本題に入っていきましょう。

性能編①リール強度の問題


「太糸を使える」という利点がありますよね。

「スピニングリールでも番手を上げれば、太糸は扱える」と考える方も多いと思いますが、じつはそれは間違い。

ベイトリールは、ラインがスプールに対して一直線に入っていきます。

対して、スピニングリールはラインローラーを介して90度にラインが折れ曲がって入っていきます。

横から引っ張られる状態になるので、太糸でドラグガチガチファイトをするとボディの歪みや、ドラグ値が安定しないといったことになってしまう訳ですね。

なおと
スピニングリールのローターを両方から押してみてください。割と簡単に曲がるものが多いです。

性能編②大きいギア

何と言ってもリールの心臓部のギア。ベイトリールの方が、リールの大きさに対して大きなギアを搭載できます。

そのため、パワフルな釣りやビッグベイトやジャイアントベイト、抵抗の大きい鉄板バイブレーションなどを扱いやすいのです。

なおと
最近ではモノコックボディーなどにより、スピニングリールでも大きいギアが入れれるようになっています。

性能編③「スピニングの方が飛ぶ」は過去の話!


近年のベイトリールの進化を舐めてはいけない。めっちゃ飛ぶのだ!軽いルアーも重いルアーも飛ぶようなリール達が多く出てきている。

最近流行りのビッグベイトやコノシロ向けのルアーなどは扁平で空中で回りやすいです。

しかしながらベイトタックルであれば、一定のラインテンションが掛かるため、飛行姿勢が安定し、スピニンングタックルよりも飛距離を出せます。

なおと
これは高価格帯のベイトリールの話で、スピニングであれば安くても高くても飛距離だけで見るとそう変わらないのも事実。

性能編④感度ビンビン


ベイトリールとスピニングの圧倒的な違いといえば「感度」です。

リールフットとロッドを持つスピニングに対して、リールを握りこむように持つベイトリール。

ガイドが離れた位置にあるスピニングに対して、ガイドがロッドと一体化しているベイトリール。

糸を通して伝わってくるルアーの変化は、ベイトの方が格段に手元に伝わるのである。

なおと
高性能のリールを使うとわかる、魚が後ろに着いた。という感覚。バス釣りで多いですが、シーバスでも何度か感じたことがあります。




ベイトタックルの良さをさらに掘り下げてみる

ここまでは、今までメディアで取り沙汰されてきた内容も結構被っている話が多いですね。

そこで筆者なりにさらに掘り下げて、実釣時の感じ方をまとめていきたいと思います。

リーリングのブレ


一定の速度でスーッと巻くことが基本になるシーバスの釣り。ナイトゲームとかだと顕著にそれで釣果が決まってくることも。

スピニングタックルの方が、ロッドから離れた位置にリールがあるため、巻きがブレやすいです。

そうなるとルアーが変な動きをしてしまうんです。結果、喰わせづらくなります。

ベイトだと一定の速度で巻きやすく、リールのブレも少ないので、釣果が伸びることもあるのです。

なおと
一定で巻いているつもりでも、意外とブレているのがスピニングあるある。

慣れればそんなことないですが、なぜか横で釣れていない人を見るとリーリングが安定していないことが多いですね。

リーリング速度&ストップアクション


シーバスやっている人なら、巻き速度って半端ないこだわりがみんなあると思います。

その中でも、いきなり早くしたり、遅くしたりといった可変リトリーブが自在にできるのが、ベイトタックルの特徴です。

スピニングリールは、ローターが回ることで糸を巻きつけていくため、ローターの慣性が働きます。その結果早く巻いたり、止めたりといった緩急ある動作がやりづらくなることも。

対してベイトリールは慣性が少ないため、速度変化やストップなどが意図的に出しやすく、より細かい速度変化を与えやすいです。

潮目把握

潮目
出典:PIXTA
潮目や河川であればクサビなど。釣果やサイズを上げていくには重要な要素。

日中であれば目視で確認することも容易ですが、暗闇ナイトゲームだと視認することが難しくなります。

そこでベイトリールの出番!自分の力でダイレクトに巻くベイトリールであれば、「巻きが重いな」「巻きが軽いな」といった変化もとらえやすいので、これらの要素に気づけます。

ちなみに自転車で坂道を登る時と同じように、リールもギア比を高くすればするほど、その変化も捉えやすくなります。

無茶ができる


ベイトならではの太糸が使用できる、ライン放出時に螺旋を描かず真っ直ぐ出ていくことでロングリーダーが扱える。といった点も釣りの幅が広がります。

例えば、根が高く荒い場所、牡蠣殻エリアなど。根ずれの可能性がある場所では、太糸かつロングリーダーで素早く決着させることも可能です。

スピニングで太めを巻いていると、軽い物投げるときにストレスを感じますが、ベイトであれば通常の釣りでも使用できるので幅広いアプローチが可能でしょう。

なおと
常にスピニングより太い糸を負けるので、根掛かりの時もブレイクするケースが少なくなり、環境にも良い。メリットだらけです。

手返しの良さ


ベイトならではの、手返しの良さ。

投げて巻いて投げて巻いてを繰り返すラン岸スタイルの釣りには持ってこいですね。

ショートピッチでのキャスティングや川幅の狭いエリア、港湾の小場所などではベイトに利があります。

ストラクチャーのシーバスを狙うのであれば、手数とコントロール性能が重要になってくるのでベイトの方が利点が多いのも事実ですね!

【結論】シーバスフィッシングにベイトタックルは要ります!


結局、ベイトを扱うことで活きてくるシチュエーションは多いので、ベイトタックル扱えた方が釣りの幅は格段に広がりますね!

なおと
良いことばっかり書きましたが……。

もちろんデメリットもあるので、何でもかんでもベイトタックルが良いわけではありませんよ。

必要ないケースも勿論ある!

提供:佐藤稜真
バチ抜けには、要らんかなって思います。

投げられんこともないですが、バチ抜けの晩秋から春は風も吹きやすくキャストに影響も出やすいです。

それに、キャストするルアーも軽く、細い、小さいやつも多いのでデメリットの方が多いですね。

河口やサーフの広大な大場所も向いてはいない


河口やサーフなど、ビッグミノーぶっ飛ばしみたいな特別狙う場所もピンポイントでなく。

広い範囲を大まかに釣っていくような「大場所の遠投の釣り」にも必要はないかなと思います。

ちなみに砂はベイトリールにとって天敵。砂が入りこみやすいのも、おすすめできない理由の一つです。

なおと
ただし大型ベイトが入っていて、ビッグベイトやジャイアントベイトを扱うのであれば、ベイトタックルでも良いかもしれませんね。

ケースバイケース!でも積極的にベイトタックル!


近年様々な釣り方が増えてきているので、タックルの進化も著しいです。

性能も上がり以前よりトラブルなんかも少なくなりました。

釣ろうと思えば、当然スピニングタックル一本で十分かもしれませんがせっかくやり込むのであれば、ベイトタックルも使ってさらに楽しみ方の幅を広げていっても良いかもしれませんね。

ベイトならではの楽しさや汎用性を活かして、新たなシーバスフィッシングの扉を開いて行って欲しいです。

今回の筆者

ちゃったTV なおと

ベイトシーバス歴15年超え。京都を中心に活動するマルチアングラー。

ライトゲームからオフショアまでマルチに釣る。最近はベイトタックルを用いて、さまざまな魚種を釣ることにハマっている。

Instagram

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD

「なおと」と申します。釣り歴20年超。釣りYOUTUBE「ちゃったTV」で活動中。 アジングからGTまでやる、マルチアングラー 主なエリアは山陰〜若狭湾。メインターゲットはシーバス、アジ、メバル、etc・・・

instagram youtube