ワンテンLBO SWの画像

メガバス「ワンテンLBO SW」をインプレ!名作の輝きはソルトでも健在でした

2022/11/01 更新

メガバスが誇る名作ルアー「ワンテン」。そんなワンテンに最新の重心移動システムLBOを組み込み、ソルトシーン向けにカスタムしたのがワンテンLBO SW。使ってみるとヒラスズキ・青物の好釣果を得られたのでワンテンLBO SWを詳しくインプレします!

目次

アイキャッチ画像提供:六畳一間の狼 SUU

名作ルアー「ONETEN」

ワンテンLBO SWの画像

世の中には名作ルアーと呼ばれ、発売から長い年月が経っているのにいまだ第一線で活躍しているルアーがあります。

「ワンテン」というルアーをご存知でしょうか?

バスフィッシングをしている方であれば、その名を知らない人がいないくらいの名作ルアーです。

ワンテンLBO SW

ワンテンLBO SWの画像

メガバスから発売されているバス用ルアーのワンテン。

そのワンテンを海用にチューンし、さらにメガバスの最新重心移動システム「LBO」を搭載したのがワンテンLBO SWです。

今回は最新技術を搭載したワンテンLBO SWをインプレッションします!

ワンテンの実力がこれ

ワンテンLBO SWの画像

まずは実際にワンテンLBO SWで釣りをした際の結果をご覧いただきましょう。

その実力の高さに正直驚かされました!

ワンテンLBO SWの画像

こちらはサーフで釣れたヒラスズキ。

他のミノーではショートバイトでなかなかフッキングに至らない中、ワンテンに変えた途端に連続でヒット!

ワンテンLBO SWの画像

流れの中をゆったりと漂わせるようなスロー巻きに食ってきたヒラスズキ。

たるんだラインがピンと張る瞬間がたまりません!

ワンテンLBO SWの画像

もちろん青物にも効果絶大!

ただ巻きでも十分に釣れますが、ジャークなどの上級テクニックにもしっかりと応えてくれます。

ワンテンLBO SWの画像

ワンテンと同サイズのメッキもガッツリヒット。

君はワンテンを食える思ったのかい?笑

ワンテンの優れているところ

ワンテンLBO SWの画像

ワンテンは淡水でも海水でも魚を狂わせる能力を秘めたルアーです。

ここでは、ぼくがわかる範囲でのワンテンの特徴をご紹介します。

ハイピッチアクション

ワンテンのアクションはキレキレでハイピッチなウォブンロールアクション。

ロールとウォブリングのバランスが良く、振り幅が少ない控えめアクションに見えます。

ロールが強いルアーはナーバスな魚にも口を使わせやすい“食わせ系アクション”です。

ジャークがキレッキレ

オリジナルのワンテンはジャーク時のダートアクションがキレッキレなのが有名です。

ワンテンLBO SWもその性能をしっかりと受け継いでいます。

ここぞ! というタイミングでジャークを入れて、魚の捕食スイッチを刺激してやりましょう!

けっこう潜る

ワンテンLBO SWの画像

ワンテンはリップがそんなに長くない割りに、しっかりと潜るのが特徴です。

普通に巻いて2m近く潜るため、一般的なミノーよりも少し下のレンジを通すことができます。

磯のヒラスズキなんかにもかなり威力を発揮してくれそうです。

音がしにくい

ワンテンLBO SWの画像

LBOは、強力な磁石とボールベアリングでスムーズな重心移動を実現したシステムです。

しかし、個人的にもっとも気に入っている点はスムーズな重心移動ではなく、ウェイトのゴトゴト音がしないところ。

スレた魚はラトル音を嫌うことが多いため、プレッシャーの高いエリアほどワンテンLBOのようなサイレントなルアーに分があると考えているからです。

ワンテンの気になるところ

ワンテンLBO SWの画像

ワンテンLBOはとっても優れたルアーですが、いいところばかりではありません。

ちょっと気になる点もあるので、正直にご紹介します。

横風に弱い

LBOシステムは状況がよければ抜群の飛距離を出すことが可能ですが、横風にはかなり弱いと感じています。

残念ながら、横風の中では飛行姿勢が崩れて飛距離が伸びにくいです。

風の状況に応じてルアーを使い分けることが需要ですね!

ソルトでもその実力は健在!

ワンテンLBO SWの画像

バスフィッシングの世界で名作と呼ばれているワンテンは、これからもずっと釣り人に愛され続けるであろうルアーです。

ソルトルアー界ではまだまだ認知度が高くありませんが、ワンテンLBO SWの実力は本物。

まだ使ったことがない方は、ご自身の手で性能を確かめてみてください!

画像提供:六畳一間の狼 SUU

メガバス ワンテン LBO SW

サイズ:115mm
ウエイト:14g

関連記事