スペックから見た19ヴァンキッシュと20ヴァンフォードの“違い”をリールマニアが解説

2020/10/08 更新

表面的なカタログスペックを見ると、大差がないように思われる19ヴァンキッシュと20ヴァンフォード。しかし、本当に差はないのでしょうか?スペックを深掘りして2機種の違いを解説します。


アイキャッチ画像出典:シマノ

MGLシリーズの2機種を比較!

ヴァンキッシュとヴァンフォードの画像
出典:シマノ
軽量・ハイレスポンスをウリとするシマノのMGLシリーズ(旧称:クイックレスポンスシリーズ)。そのMGLシリーズにラインナップされるのが、ヴァンキッシュとヴァンフォード。

どちらも、CI4+(炭素繊維プラスチック素材)製ローターやマイクロモジュールギア2、ロングストロークスプール 、Xプロテクトといった機構を搭載しています。

では、この2機種の違いはどこにあるのか? スペックを徹底的に比較します。

ボディの違い

出典:シマノ
この2機種の一番大きな違いが、ボディ素材です。

ヴァンキッシュはハガネボディと銘打っている通り、ボディ素材に金属を採用しています。

力がかかるリールフットを構成するボディパーツにはステラと同じマグネシウムを採用し、逆側にはCI4+を用いるハイブリッドボディの形をとっていることが特徴。

それに対してヴァンフォードのボディはオールCI4+です。そのため、ボディ剛性はヴァンキッシュが上回ります。

ドラグの違い

ヴァンキッシュの画像
撮影:TSURI HACK編集部
リジットサポートドラグを採用しているのがヴァンキッシュ、採用していないのがヴァンフォードです。

リジットサポートドラグとは、メインシャフトとスプール内部の2つのベアリングでドラグユニットを支えるというもの。

リジットサポートドラグは常に安定した動作が可能で、ドラグ性能においてもヴァンキッシュが上回ります。

ハンドルの違い

ヴァンフォードの画像
撮影:TSURI HACK編集部
スピニングリールの部品の中でも意外と重く、見落としがちなのがハンドル。

ほとんどの機種はヴァンフォードのようにアルミニウム製ハンドルを採用していますが、ヴァンキッシュは徹底的な軽量化のためにハンドルの素材にCI4+を用いています。

ハンドルにアルミニウム以外の素材を用いることは非常に珍しく、また、それが純正として付属するということも極めて珍しいケースです。

シマノのスピニングリールでCI4+ハンドルを採用しているのはヴァンキッシュのみで、軽さとレスポンスへの執念が見てとれます。

ベアリング数の違い

ヴァンキッシュの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ベアリングの数はヴァンキッシュが11個に対し、ヴァンフォードは7個。そのうち2個は、上述のリジットサポートドラグに使われているものです。

残り2個はリールの回転に直結する部分で、1個はローターナットの部分、もう1個はウォームシャフトギアの部分に入っています。

ローターナットのベアリングは、上下するメインシャフトと横回転するローターの回転抵抗を軽減します。

ウォームシャフトギア部分のベアリングは、ピニオンギアからの動力をロスなくウォームシャフトに伝える役割を持つ部品です。

小さなベアリングですが、リール全体の精度や巻きの質感を向上させます。汎用リールでこの部分にベアリングが入っているのはヴァンキッシュとステラのみです。

違いは手に取ればわかるはず

ヴァンキッシュとヴァンフォードの画像
出典:シマノ
比較するとヴァンフォードは、ヴァンキッシュから性能の低下を極力まで抑えてコストダウンを図ったリールだと言えるでしょう。

とは言え、その差は細かい部分ながらも手にとれば確実に体感できるものとして現れています。

この2機種がMGLシリーズに並んでいることで、スペック重視派もコスパ重視派の方も、どちらも高い満足感を得ることができるでしょう。

ITEM
19 ヴァンキッシュ 2500SHG
自重:165g
ギヤ比:6.0
ベアリング数(本体):11ベアリング数(ローラー部):1
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):2.5/4.0
糸巻量:ナイロン 5lb-110m
PE 0.6号-200m、0.8号-150m、1.0号-120m
巻上長(ハンドル1回転あたりの長さ):89cm
ハンドル長さ:55mm
ITEM
シマノ 20ヴァンフォード 2500SHG
自重:175g
ギヤ比:6.0
ベアリング数(本体):7ベアリング数(ローラー部):1
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):2.5/4.0
糸巻量:ナイロン 5lb-110m
PE 0.6号-200m、0.8号-150m、1.0号-120m
巻上長(ハンドル1回転あたりの長さ):89cm
ハンドル長さ:55mm

筆者について

佐藤稜真

某リールチューンメーカー在籍時、Facebook・Instagram運営を手がけながら全国のイベントで年間100台以上のリールをメンテナンスしていた経験を持つ。

中学生の頃からカタログのスペックを暗記するほどのリール好き。関東のフィールドでのエリアトラウト・シーバスフィッシングをメインにしている。

関連記事


紹介されたアイテム

19 ヴァンキッシュ 2500SHG
シマノ 20ヴァンフォード 2500SH…
サイトを見る
\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
ヴァンキッシュとヴァンフォードの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう
佐藤 稜真
佐藤 稜真

某リールチューンメーカー在籍時、年間100台以上のリールをメンテナンスしていた経験を持つリールマニア。TSURIHACK TVへの出演、個人チャンネル「リールマニア/ Reel Mania」で活動中。

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!