[sotoshiru/ソトシル] 釣りのセール品を毎日お知らせ! 国内最大級のアウトドア情報アプリ 無料ダウンロード
引き釣りの画像

【引き釣り入門】堤防のタチウオテンヤを“超わかりやすく”元釣具屋が解説

関西圏では古くから親しまれているテンヤの引き釣り。ドジョウをエサにしたもっともポピュラーなタチウオ釣りです。そんなテンヤの引き釣りを詳しく解説します!

目次

アイキャッチ画像提供:tsuki

テンヤの引き釣りとは?

引き釣りとは、テンヤと呼ばれるオモリとハリが一体になった仕掛けでタチウオを釣る方法です。

シンプルな仕掛けでよく釣れるため、関西圏ではタチウオの定番の釣り方として昔から親しまれています。

本記事では、元釣具屋の筆者がテンヤの引き釣りに必要な仕掛けやエサ、釣り方などを紹介します。

ぜひ、テンヤの引き釣り入門の参考にしてください。

引き釣りの魅力

引き釣りの画像

引き釣りは手軽かつゲーム性が高くて人気の釣りです。

引き釣りの魅力を紹介します。

仕掛けがシンプル

引き釣りの画像

引き釣りはテンヤだけで釣るシンプルな仕掛けです。

ウキ釣りなどと比較して小物類は少なく、初心者の方でも簡単にセットできます。

ロッドやリールなどもエギングタックルやシーバスタックルなどで代用することができ、手軽なのも魅力です。

釣り方が簡単

引き釣りの画像

釣り方の基本はテンヤを投げて巻くだけ。

アタリは巻いている途中に明確に出ることが多いため、明確です。

投げることさえできれば簡単に始められますよ。

ルアーとエサのいいとこ取り

引き釣りの画像

基本動作はルアーフィッシングのような釣り方で、広範囲を巻きながら釣るので効率的で、ゲーム性の高さもあります。

とはいえ、エサを使うのでルアーよりタチウオを反応させやすい傾向に。

ルアーの効率と楽しさ、エサ釣りの喰わせ力が合わさった魅力があります。

時間を問わずに釣れる

引き釣りの画像

エサを使う引き釣りは、タチウオがルアーに反応しにくくなる夜間でも釣果が上がります。

もちろん、朝夕など活性の高い時間もアピール力が強いのでよく釣れるのは言うまでもありません。

風や水深、タチウオの活性などに合わせてテンヤの重さやアクションなどを変えてアプローチできるため、幅広い状況に対応できます。

おすすめのテンヤ仕掛け

引き釣りの画像

テンヤはオモリとハリが一体となった仕掛けで、ワイヤーでエサを固定して使います。

そんなテンヤの中でも、おすすめのアイテムをピックアップしました。

シンプルな形状で扱いやすいテンヤです。

ヘッドには発光が強いルミノーバを採用、さらにケミホタルを装着できるホルダーも付いているのでアピール力は抜群。

フックはフッ素コートのサクサスフックを採用しており、フッキング性能も良好です。

高輝度発光でアピール力が強いテンヤです。

発光時間が長く、深場のタチウオにもきっちりとアピールできます。

アシストアイはアシストフックの取り付けやエサ巻きワイヤーを止めるのに便利です。

ワイヤーいらずでキビナゴやドジョウを取り付け可能な特殊形状のテンヤです。

エサがズレにくく、交換も容易なので手返しは抜群。

針金を使わないため、タチウオの喰い込みもよくなります。

キビナゴ専用設計の画期的なテンヤです。

ワイヤーいらずで簡単に固定することが可能で、ドジョウを売っていない関西圏以外でも使いやすい一品。

ダブルフック仕様でフッキング性能が高く、小型のタチウオが多い時期にもおすすめです。


ワームとエサがワンタッチでセット可能なテンヤです。

エサの前方がカップで保護されるため、ズレにくくてエサ持ちもアップします。

フロントとリア両方にトリプルフックが装着されているので掛かりも抜群です。

引き釣りのエサ

引き釣りの画像

引き釣りのエサにはドジョウやキビナゴ、ワームなどが使えます。

各エサの特徴を確認しておきましょう。

ドジョウ

引き釣りの画像

引き釣りのもっともポピュラーなエサです。

活きたドジョウは壁などに叩きつけ、気絶させてからテンヤに固定して使います。

エサ持ちがよく、ボロボロの状態でもタチウオが喰いついてくるため、手返しも抜群です。

しかし、関西圏以外ではあまり売っていないことが難点です。

キビナゴ

引き釣りの画像

釣具店で販売されている冷凍キビナゴもタチウオの好物です。

ぬめりが少なくて簡単に取り付けられるため、エサ付けが苦手な方におすすめ。

ドジョウと比較すると喰いは悪いですが、扱いやすく、幅広い地域で売られています。

ワーム

引き釣りの画像

テンヤに固定できる細長い形状のものならどんなワームでも使えます。

エサに比べると喰い込みは悪いですが、ちぎれにくいので手返しが良好です。

夜間はアピール力の高い夜光系のカラーを選びましょう。

引き釣りのタックル

引き釣りの画像

ここでは、引き釣りに適したタックルを紹介します。

ルアー釣りをされる方なら、手持ちのタックルを流用できるのでわざわざ新しい道具を揃える必要はありませんよ。

ロッド

引き釣りの画像

ロッドは8ft前後の長さで20g程度までのルアーを扱えるロッドがおすすめです。

エギングロッドやワインドロッド、シーバスロッドなどが適しています。

専用ロッドもありますが、上記のルアーロッドで十分に快適な釣りが可能です。

ダイワ ルアーニスト 86ML

全長:2.59m
自重:147g
継数:2本
仕舞寸法:134cm
ルアー重量:5-25g

リール

引き釣りの画像

スピニングリールの2500〜3000番程度のものが軽量で扱いやすいと思います。

リールの剛性はそれほど必要ないため、軽量なモデルを選びましょう。

ギア比はノーマルギアでもハイギアでもどちらでも問題ありませんが、仕掛けの回収や強風時の糸フケ対策を考慮するとハイギアタイプがおすすめです。

ダイワ 20クレスト LT2500S−XH

自重:235g
ギア比:6.2
巻き取り長さ:87cm
最大ドラグ力:5kg
ベアリング数:4/1

ライン

引き釣りの画像

ラインはPEラインの0.6〜0.8号を150m以上巻いておきましょう。

リーダーは4号(16lb)前後を1〜1.5mほど接続してください。

タチウオの歯は鋭いため、リーダーの先にワイヤーリーダーを5〜20cm接続しておくとリーダーが切れるのを防げます。

発光体

引き釣りの画像

発光体の25〜50サイズをリーダーの部分にセットしましょう。

集魚効果のアップに加え、暗い場所でも仕掛けの位置が確認しやすくなるのでトラブルを減らすことができます。

テンヤの種類によっては、直接テンヤに発光体をつけられるものもあります。

引き釣りの釣り方

引き釣りの釣り方を確認しておきましょう。

ただ巻きやストップ&ゴー、リフト&フォールなどが代表的な誘い方です。

基本はただ巻き

引き釣りの画像

テンヤをキャストして、着水後はただ巻きするだけで十分に釣れます。

着底までの秒数をカウントして、沈める秒数を変えながらヒットするレンジを把握していきましょう。

巻くスピードを変えると反応が変わることもあります。

ストップ&ゴー

引き釣りの画像

ただ巻きの途中に止める動作を加え、喰わせるタイミングを与えるのも有効です。

2〜3回ハンドルを巻く度に少し止める動作を繰り返しましょう。

ただ巻きと同じく、探るレンジや巻くスピードを変えてアタリパターンを探すのも重要です。

リフト&フォールも有効

引き釣りの画像

竿先を上げてからゆっくりと下げるリフト&フォールも有効な誘いです。

上下の動きが大きいのでアピール力が高く、ゆっくりしたアクションも演出できるため、活性が低い場合にもよくアタリが出ます。

上下させる幅を変えたり、緩急をつけたりして、さまざまなアクションでヒットするパターンを探りましょう。

引き釣りのコツ

引き釣りで釣果を伸ばすコツを紹介します。ぜひ、実践してみてください!

風に注意する

引き釣りの画像

強い横風や向かい風があるとアタリが取りにくくなります。

強風時はできるだけ追い風になる場所を選ぶのがおすすめです。

どうしても横風などを受ける場合は、重めのテンヤを選んで安定性を高めましょう。

トレーラーフックでフッキング率アップ

引き釣りの画像

ワインド用のトレーラーフックをセットするとフッキング率がアップします。

タチウオは捕食が下手なので、できるだけつけておくのがおすすめです。

がまかつ ワインドトレーラー シングル タイプ ナノ

探るタナを変える

引き釣りの画像

タチウオは時間帯によって泳ぐ層が変わるため、アタリが少なくなったらすぐに探るタナを変えましょう。

朝・夕のまずめ時は表層付近を軽めのテンヤで探り、時合い以外の時間は中層から底付近を重めのテンヤで探るのがおすすめです。

引き釣りは手軽でゲーム性も高い!

引き釣りはルアーのようなゲーム性とエサの喰わせる力のいいとこどりを楽しめる釣り方です。

よく釣れて、仕掛けもシンプルで初心者の方でも手軽に始められますので、ぜひチャレンジしてみてください!

提供:tsuki

筆者の紹介

フカセ釣りの画像tsuki

関西出身の元釣具屋。釣具店時代の知識を活かして皆様の役に立つ情報を発信していきます♪

釣りはいろんなジャンルをしていますが、その中でも好きな釣りはタナゴ釣り。

関連記事