【SLP WORKS限定】特別仕様の新19セルテートがリリース!?ブラック×ゴールドがかっこいい

2020/08/18 更新

この度SLP WORKSから19セルテートのカスタムボディが販売されます。数量は限定、先行予約で特典も。通常モデルとは違うブラック×ゴールドを基調としたデザイン、そしてこのセルテート限定の内部仕様に絶対魅力を感じるはずです。本記事でその詳細チェックしていきましょう。


アイキャッチ画像出典:DAIWA

SLP WORKSからセルテートのカスタムボディが販売

SLPセルテートカスタム
出典:DAIWA
2020年9月に数量限定で、SLP WORKSからセルテートのカスタムボディがデビュー。
カスタムボディはボディ単体での発売となるため、自分好みのスプールやハンドルを装着出来ます。

ちなみに今回発売のカスタムボディは、通常モデルとデザインだけでなく内部の仕様まで違っているとのこと。

本記事でその詳細をチェックしていきましょう。

通常モデルとの違い

SLPセルテートカスタム2
出典:DAIWA
今回発売されるセルテートのカスタムボディは、通常モデルとデザインとベアリングの仕様が異なります。その詳細を以下にご紹介します。

デザイン

カスタムボディのカラーは、ボディ・ローター・リアカバーがいずれもブラックに。

通常モデルも精悍で力強さを感じるデザインですが、ブラック基調となったことでより存在感や迫力が増しています。

さらにエンジンプレートのカラーもゴールドに変更。このゴールドカラーは、次の項で挙げるカスタムボディならではの仕様の違いを表しています。

ベアリングの追加&マグシールド化

通常モデルではスプール受けがメタルのところを、カスタムボディではボールベアリングに変更。よりスムーズなドラグを実現します。

さらに通常モデルではピニオンギアとラインローラー部がマグシールド化されていますが、カスタムではハンドル軸のベアリングをマグシールド化。

ただでさえ高い防水性能が、ハンドル軸ベアリングのマグシールド化によってさらに向上しています。

対応機種ラインナップとスペック

出典:DAIWA
カスタムボディで発売されるのは全4アイテム。

いずれもエキストラハイギア仕様でスピード感のある巻上げが特徴です。

ここでは各モデルのスペックとおすすめの釣りをまとめました。

2500-XH SLPW

幅広い釣り方で使える2500番サイズ。

バスやロックフィッシュにおけるワームの釣り、シャロースプール&ダブルハンドルでカスタムすればエギングにも最適です。
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転)ギヤ比標準自重(g)最大ドラグ力(kg)ベアリング数BB/ローラー対応スプール対応ハンドル価格(税抜)
876.2:1165109/1LT2500SS LT2500S LT2500 LT2500D45mm 50mm 55mm 90mmダブル34,000
 

2500-XH先行申込書はこちら

3000-XH SLPW

3000番はソルトルアー定番のシーバスやサーフでの釣り、本流・湖におけるビッグトラウトゲームにおすすめ。

近年流行している、SLJにも適したサイズです。
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転)ギヤ比標準自重(g)最大ドラグ力(kg)ベアリング数BB/ローラー対応スプール対応ハンドル価格(税抜)
936.2:1180109/1LT3000S LT3000 LT3000D45mm 50mm 55mm 60mm 90mmダブル34,500
 

3000-XH先行申込書はこちら

4000-CXH SLPW

ライトショアジギングや磯でのシーバスゲーム等で使いやすい4000番。

最大ドラグ力が12キロあるので、太いラインを使った強引なやり取りも行いやすいです。
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転)ギヤ比標準自重(g)最大ドラグ力(kg)ベアリング数BB/ローラー対応スプール対応ハンドル価格(税抜)
996.2:1185129/1LT4000S LT4000 LT4000D45mm 50mm 55mm 60mm 90mmダブル35,500
 

4000-CXH先行申込書はこちら

5000-XH SLPW

5000番はショアジギングやオフショアキャスティングにおすすめです。

青物のように大型で強い引きを見せる魚も、セルテートならではの力強さで圧倒出来ます。
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転)ギヤ比標準自重(g)最大ドラグ力(kg)ベアリング数BB/ローラー対応スプール対応ハンドル価格(税抜)
1056.2:1220129/1LT5000S LT5000D65mm37,500
 

5000-XH先行申込書はこちら


今一度確認したいセルテートの特徴

19セルテートの画像
撮影:TSURI HACK編集部
ソルトアングラーを中心に堅牢性の高いリールとして長年人気のセルテートシリーズ。

ここでは今一度、セルテートの特徴を確認していきましょう。

セルテートのコンセプト

19セルテートのコンセプト
出典:DAIWA
セルテートのコンセプトは、『圧倒せよ。軽々と操れ。』。

その大きさからは想像出来ないほどタフでありながら、自重・巻き心地はとても軽いです。

一度手にすれば、番手を変えて何台も手元に揃えておきたくなるようなリールです。

セルテートの主な仕様

▼モノコックボディ

19セルテートのモノコックボディー
出典:DAIWA
モノコックボディは、ボディ内部を省スペース化することに成功したダイワ独自のボディ構造です。

これまで必要だったビスの固定スペースが不要となり、その分ドライブギアのサイズを大口径化。

コンパクトなボディでも力強い巻上げが可能となりました。

▼タフデジギア

19セルテートのギア
出典:DAIWA
セルテートには従来のデジギヤⅡを進化させたタフデジギアを搭載。
冷間鍛造+マシンカットの独自加工技術により、ノイズが少なく回転性能の良いギアに仕上げられています。
もちろん耐久性もこの上なく高いです。

▼マグシールド

10セルテートのマグシールド
出典:DAIWA
2010年発売のセルテートで初めて搭載されたマグシールドは、マグオイルをピニオン軸に採用することでリール内部への水や埃の侵入を防ぐものでした。

現セルテートではモノコックボディとストッパーレス化によってボディは高い防水性能を発揮するため、ピニオンギアとラインローラー部がマグシールド化されています。

旧セルテートからの変更点

16セルテート
出典:ダイワ
現セルテートは2019年に発売。旧モデルは2016年に発売されました。

旧モデルと現モデルの違いは、モノコックボディとLTコンセプトを全機種に採用したのが大きな違いです。

旧モデルでは3500・4000番のHDモデルにしか採用されていなかったモノコックボディ。これが2500番台から採用されていることに大きな技術進歩が感じられます。

また、LTコンセプトにより軽さと堅牢さをあわせ持つ、素晴らしいリールになりました。

18イグジストとの違い

18イグジストの画像
撮影:TSURI HACK編集部
18イグジストとセルテートでは、ボディに採用されている素材が異なります。

ボディ素材はそれぞれ、18イグジストはエアメタル(マグネシウム)、セルテートはスーパーメタル(アルミ)です。

自重の軽さを求める場合や、比較的リールへの負荷・衝撃の少ない釣りで使うなら18イグジスト、堅牢性の高さやリールに負荷が掛かりやすいPEライン・ソルトウォーターでの使用ならセルテートのように使い分けると良いでしょう。

セルテートラインナップ一覧表

品名ギヤ比最大ドラグ力(kg)自重(g)スプール寸法ナイロン糸巻量(lb-m)最大巻上長(cm/ハンドル1回転)ハンドル長(mm)ベアリング数BB/ローラー本体価格(円)
LT2500S5.25205φ454-150735010/148,500
LT2500S-XH6.25205φ454-150875510/148,500
LT2500-H5.710205φ456-150805510/148,500
LT3000-CXH6.210210φ488-150935510/148,500
LT3000S-CH-DH5.710220φ486-150859012/149,500
LT30005.210225φ488-150776010/149,000
LT3000-XH6.210225φ488-150936010/149,000
LT4000-C5.212235φ5112-150826010/149,500
LT4000-CXH6.212235φ5112-150996010/149,500
LT5000D-CXH6.212250φ5420-1701056010/149,500
LT5000D5.212295φ5420-170876510/151,000
LT5000D-XH6.212295φ5420-1701056510/151,000

先行予約で嬉しい特典も!

19セルテート先行予約
出典:DAIWA
今回のセルテートカスタムボディは、2020年8月31日までの先行予約で、以下の特典が受けられるようです。

もれなく2022年9月末まで有効のオーバーホールカード、さらに抽選で20名に当たる限定オリジナルケースの獲得権、2つの予約特典も手に入ります。

気になった方は公式ページから早めにチェックしてみましょう。

関連記事


\ この記事の感想を教えてください /
GOOD! BAD
SLPセルテートカスタム
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

アウトドアのすべてを、ひとつのアプリで。

150以上のアウトドアメディアの記事や動画、3万枚以上のみんなの写真も見られる!
アウトドアの「知りたい!」「行きたい!」がきっと見つかる!
お気に入りの記事や写真を集めて、スキマ時間に素早くチェック!